ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. [女医さんが回答]結婚式の生理モンダイについて
お金・常識
Share on>

[女医さんが回答]結婚式の生理モンダイについて

生理のことや体調管理など、結婚式を前にいろんな体の悩みを抱えている人は結構多いもの。今回は、産婦人科医の清水なほみ先生にアドバイスしてもらいながら、そんな皆さんの悩みをスッキリ解決。準備疲れに負けず、万全の体調ですてきな結婚式を迎えてくださいね。

Q1.生理痛がひどくてつらい。結婚前に何とかしたい!

眠る女性

A.「月経痛がひどい場合は、子宮内膜症などがないかどうかチェックしておいた方が安心です。また子宮内膜症などの病気がないのに痛みがひどいという人は、体を温めて血行をよくしておくことを心掛けて。体を冷やす食べ物(ジャンクフードや加工食品、白い砂糖など)をなるべく避け、体を温めてくれる食べ物(発酵食品、根菜類、寒い季節にとれる野菜など)を積極的に取ることをお勧めします。ほかには30分以上湯船に浸かったり、ウオーキング程度の軽い運動習慣を身に付けたり、ストレッチなども効果的。適切な体重をキープすることも大事ですね」

Q2.結婚式が生理と重なりそう。今から避ける手立てはある?

A.「日程をずらすことは難しいので、どうしても避けたい人は、薬を使うことも検討してみてください。式当日の月経だけを移動させるなら中用量のピルを服用します。この場合、月経を早める方法と遅らせる方法がありますが、早める場合は、式の前の月の月経5日目から14日間ピルを服用します。式の当日は薬を飲まなくてよいので、万が一副作用が出た場合も安心です。また月経直後の一番調子が良いときに式を迎えられるメリットも。逆に遅らせる場合は、月経予定日の1週間前から式当日まで中用量のピルを服用。これなら直前の処方でも間に合うので、ギリギリに思い立った場合にも有効です。
もう一つの方法は、美肌や避妊を兼ねて、式が終わるまで低用量のピルを継続的に服用するというもの。こちらは式の3~4カ月前から始め、あらかじめ月経の周期をコントロールして、式の前に月経が終わるよう調整します。月経周期に伴ってニキビができたりする人にもお勧めです」

まずは産婦人科医に相談を

ピルを服用する前には、信頼できる産婦人科医にきちんとカウンセリングを受けることが必要。メリットだけでなく副作用などのデメリットも確認した上で、処方してもらいましょう。

Q3.生理前になるとニキビや肌荒れが。軽減させる方法は?

ニキビを気にする女性

A.「ピルを使ってホルモンバランスを整えることで、肌荒れを軽減させることも可能ですが、薬に頼りたくない人は腸内環境を整えましょう。便秘がちな人はその改善から。まずは食物繊維を含む食材を積極的に取ること。消化酵素を補ったり、腸内細菌を整えるサプリメントなどを服用してみるのも一つの方法です」

食物繊維だけでなく、水分も必須!

繊維を多く含む野菜は、便のかさを増やすことで便秘を予防してくれます。ただしそれだけでは不十分。ちゃんと水分もたっぷり取らなくては、コロコロの便になって便秘を悪化させる恐れがあるのです。適度な運動も必須。あまりに症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

Q2.生理中はついイライラ。彼に当たってしまう自分が嫌!

A.「月経前~月経中にかけてはホルモンの波が大きく変化するため、そのせいで情緒不安定気味になる人も。実はイライラには血糖コントロールが非常に重要だと知っていますか? いわゆる甘い物を避けるということです。空腹時には血糖値を上げる甘い物や炭水化物をなるべく取らないように心掛けましょう。食事は、野菜類→肉魚類→ご飯などの主食(いつもの半分くらいに減らした方がベター)の順に取ることをお勧めします。間食も、砂糖類が含まれているものを避けて、ナッツや野菜にするといいでしょう。ビタミンやミネラルを補給することも重要なので、野菜やフルーツのほか、サプリメントで補うのも有効です」

この方にお話を伺いました

清水なほみさん
All About「女性の病気」ガイド。http://allabout.co.jp/gm/gp/76/

日本産婦人科学会専門医。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。現在は「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」で院長を務める。今回は結婚式を控えた女性たちのさまざまな体の悩みに、現役医師の知識を生かして分かりやすく回答。

from編集部『体の調子を整えるなら早めにスタート!』

冷えにくい体を作ったり、腸内環境を整えたりと、体の調子を上げるにはある程度の時間が必要です。結婚式のためだけでなく、今後のことも考えて、結婚が決まったらなるべく早く取り掛かりましょう。

取材・文/南 慈子
回答・監修/清水なほみ(産婦人科医。「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」院長)
※掲載されている情報は2015年3月時点のものです。

  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • 挙式3ヶ月前
  • 結婚準備全体
  • 式直前1カ月前
  • 定番
  • 安心したい
Share on>

pagetop