ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 個性派ウエディング(キャンプ場ウエディング、ナイトウエディング、ヲタ婚etc.)
  5. 理想のバチェロレッテパーティを叶える方法
演出アイテム等
Share on>

理想のバチェロレッテパーティを叶える方法

見てるだけで乙女心をくすぐる、バチェロレッテパーティのシーン!
「私もあんなことやってみたい!」と思うものの、何から準備したらいいのか分からないという方がほとんど。今回は、そんな疑問を解決しつつ、理想のバチェロレッテパーティを叶えるための小さなチップスをご紹介します。

カスタマイズできる個室がおすすめ!

カスタマイズできる個室がおすすめ!

バチェロレッテパーティは、これまでの独身生活の中で、たくさん恋バナをして、失恋で辛い時も全部話してきた女友達とだからこそ、最後の夜を騒ぎながら楽しめる、とっても楽しい機会です。
そのため、普段の女子会に“結婚式前夜”という非日常のシーンが加わっただけなので、特に身構える必要はありません。
とはいえ、独身でいられるのもこの日まで!と思うと、学生の時のようにはしゃげる場所がお勧めです。
私の場合は、彼と泊まっていたホテルを、前夜だけ女友達と貸し切りにして小物やフードの演出をしました。(その間彼には、男友達とバチェラーパーティへ繰り出してもらいました……!)
非日常のアイテムを揃えたくなるバチェロッテパーティだからこそ、演出ができるよう個室のあるレストランや、誰かのおうち、ホテルのスイートルームなど、お店の人が協力してくれたり、カスタマイズしやすい場所がお勧めです。

お勧めは、お揃いのウエア

お勧めは、お揃いのウエア

お揃いの物を身に着けた瞬間にテンションが上がるのが女子というもの。
この時ばかりは、みんなにお揃いのウエアをプレゼントしましょう。
ホテルや家などで行う場合は、バスローブやルームウエアが可愛くてお勧めですが、レストランの場合はドレスや、それが難しければカチューシャなどの飾り物でもいいかもしれません。
私の場合は、ハワイでの海外ウエディングだったので現地にあるVICTORIA SECRETでピンクのキャミソールとネイビーのショートパンツを購入。
ピンクのリボンが付いたヘアバンドは、アクセサリー屋さんで数百円で購入しました!
また、当然花嫁さんだけは別の衣裳を用意するようにしましょう。
私は、本番とは別にカジュアルなウエディングドレスをレンタルしていきました。アクセサリー屋さんで買ったおもちゃのティアラとベールは役に立ちましたがウエディングドレスである必要は全くないので、全体の色を考えながら、皆とは違う、別のドレスを考えていくといいでしょう。

ギフトは演出が大切……!

ギフトは演出が大切……!

バチェロッテパーティに招待する友達は、ブライズメイドもお願いしている友達だと、仲も深まり規模的にもちょうどよくてお勧めです。
私は、お揃いのウエアをプレゼントするなら他にも加えたかったので、大きめのボックスをそれぞれに用意して、その中にブライズメイドのみんなに翌日も使ってもらえる全員お揃いのネックレスとピアス、それから一人一人の顔色に合わせたチークを用意しました。
後でお礼を包むつもりでも、この日にちゃんと用意しておくと、前日からみんなのテンションも上がっていくのでお勧めの演出です。

テーマのあるケータリングを

テーマのあるケータリングを

結婚式前夜は何も食べたくないかもしれませんが、せっかくなので思いっ切りフォトジェニックなスイーツコーナーを作ってみましょう。
マリーアントワネットの映画に出てきそうな、カラフルなマカロンにピンクのマシュマロ、それからキャンディ-ポップにロゼワイン。
紙皿などではなく、ケーキスタンドや少しデコラティブな器があるとぐっと本格的になります。ただ、翌日が本番の花嫁さんは、乾杯しても一口程度にしておくことをお勧めします。

その他、あると楽しいアイテムは?

その他、あると楽しいアイテムは?

バルーンに、ガーランド、手で持てるペーパーアイテムなどの小道具は必須。
女子会は、フォトアイテムがあるだけで盛り上がります。

実際何するの?

実際何するの?

みんなで写真を撮って、結婚について話して、祝福してもらって……と、楽しい時間を過ごすものの、実際はある程度すると「おなかすかない?」「最近彼氏が~」など “いつも通り”の恋バナになっていきます。
ティアラが頭からズレてきたら、そろそろお開き。
元気があればそのまま街へ繰り出してみるのもいいですが、本当に結婚式前夜の場合、花嫁さんは美しい睡眠につくのがお勧めです。

街へ繰り出すなら、非日常アイテムを忘れずに

街へ繰り出すなら、非日常アイテムを忘れず

かくいう私は、結婚式前夜にもかかわらずそのままさらに街へと繰り出しました。
とはいえ、そのままいつも通りのディナーになってしまってはもったいないので、許される限り用意したアイテムを持っていくのがお勧めです。
私はバルーンと一緒に、花嫁ということが分かるタスキを掛けて出掛けましたが、擦れ違う全ての人が祝福の言葉をくれて幸せでした。海外だから、ということもあるかもしれないので、場所と状況に合わせて選んでみてくださいね。

from編集部『いつもの女子会に非日常のスパイスを詰め込んで』

「これまでやりたかったけど、できなかった」ことや「映画の世界だと思っていた」そんな憧れをしっかり現実で叶えて、飛びっ切りの結婚式前夜を過ごしてくださいね。

文/ライフスタイルプロデューサー 村上 萌(“次の週末に取り入れたい”をコンセプトに今より少し先の理想のライフスタイルを提案。メディア型プロデュースチーム「NEXTWEEKEND」を主宰し空間、商品、イベントのプロデュースを手掛ける。)

  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
  • スタイル提案
  • トレンド
  • おしゃれ
  • ワイワイ
  • 海外ウエディング
Share on>

pagetop