ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. その他演出・演出アイテム
  5. 〈たっぷり派vs集中派〉花嫁のDIYリアル事情
演出アイテム等
Share on>

〈たっぷり派vs集中派〉花嫁のDIYリアル事情

〈たっぷり派vs集中派〉花嫁のDIYリア

すっかり定着してきた感のある、花嫁によるウエディングアイテムのDIY。みなさんもそろそろ何を作ろうか調べはじめていたり、またはすでに作りはじめている人もいるのでは?
今回はそんな、ますます注目の花嫁によるウエディングアイテムのDIY事情を調査。先輩花嫁が実際に手がけたアイテムを、写真や製作時のエピソードなどとともにレポートします。
全花嫁、必見です!

ウエディングアイテムのDIY経験率はほぼ100%!

先輩花嫁へのアンケートによると、ほぼ全員がウエディングアイテムのDIY経験がありと回答。これはもう流行りというより、完全に結婚式準備の一部にDIYが定着したという証拠かも!? またアンケートにより、DIYのトレンドはたっぷり手作り派と1~3点程度の集中派の2つに二極化していることが判明。

「たっぷり手作り派」……式のテーマやカラーに合わせて、またはアットホームで手のぬくもりを感じられる式を目指してなどの理由から、さまざまなアイテムをじっくり手間暇を掛けて作るタイプ。
「1~3点集中派」……手間暇は掛けられないけど、手元に残る主役級のアイテム1~3点を自らの手でというタイプ。

ここではそれぞれのタイプに該当する先輩花嫁をピックアップ! それでは先輩花嫁のリアルなDIY事情、さっそく見てみましょう!

[たっぷり派1]想いのこもったたくさんのアイテムを手作り!

[たっぷり派1]想いのこもったたくさんの
[たっぷり派1]想いのこもったたくさんの
[たっぷり派1]想いのこもったたくさんの

式のために手掛けたアイテムの数はなんと32種類! そんな手作りアイテム満載の温かみのあるウエディングを実現した麻里江さんの趣味はDIY。日頃の趣味で培った腕とセンスを生かして作ったアイテムは、どれもプロ並みの仕上がり&クオリティでさすがのひとこと。会場となった初夏の高原リゾートに似合う考えぬかれた色合い、素材感もとっても素敵です。

[製作アイテム]ハンガー、クッション、親の挙式写真、フォトプロップス、フラワーコーン、リングピロー、髪飾り、ポンポン飾り、装花、案内板、案内ボード、ストロー、ケーキ飾り、プロフィール紹介など
[器用度]☆☆☆☆☆
[アドバイス]会場の雰囲気や時期も意識して色やデザインをセレクトすることで、さらに洗練された世界観に。

[写真1枚目]フラワーコーン。紙に専用パンチで穴を開け、専用工具でハトメを付けリボンを通した
[写真2枚目]ボード。マーメイドという表面がボコボコした紙にデータを出力。スチレンボードに貼って強度を高める
[写真3枚目]ガーランド。パソコンで文字を出力。穴を開けてひもを通す。風でなびかないように、裏には縁起のいい5円玉を貼る

[たっぷり派2]式のイメージカラーに合わせてトータルで準備

[たっぷり派2]式のイメージカラーに合わ
[たっぷり派2]式のイメージカラーに合わ
[たっぷり派2]式のイメージカラーに合わ

「物を作ることが好きなのと、自分のイメージ通りに仕上げたかったから」と、DIYを選んだ理由を教えてくれたなおなおさん。式当日ゲストに「完成度が高く、ハンドメイドだと気付いてもらえなかった(笑)」ほどのできだったアイテムの数々は式のイメージカラー、ラベンダーで統一。

[製作アイテム]ウエルカムリース、フォトガーランド、LOVEオブジェ、文字のガーランド、ウエルカムドール衣裳、リングピロー、席次プロフィールメニューパンフレット、フラワーシャワー用ハート紙、フォトプロップス、席札、ドリンクメニュー、花冠
[器用度]☆☆☆
[アドバイス]絶対作った方が良い! 一生の思い出だし、結婚式への思いが一層強くなりますよ!

[写真1枚目]フォトプロップス。材料はフェルトと竹串、画用紙とアイスの木の棒。インターネットで見つけた好みの素材をフェルトに写してハサミで切り取り、フェルトの間に竹串をはさんでグルーガンで固定
[写真2枚目]LOVEオブジェ。業務用の白いコーヒーフィルターを絵の具で染めて、お花紙のかわりに。発泡スチロール板に、染めたコーヒーフィルターをグルーガンで接着
[写真3枚目]ウエルカムリース。リースの土台も含め手作り。リース裏にはA3サイズの段ボールに色画用紙を貼り、文字はパソコンで印刷。リースは庭の蔓を。造花は茎と葉を取り、グルーガンで隙間ができないようにぎっしりとバランス良く配置

[たっぷり派3]たくさんのDIYアイテムでアットホーム感をプラス!

[たっぷり派3]たくさんのDIYアイテム
[たっぷり派3]たくさんのDIYアイテム
[たっぷり派3]たくさんのDIYアイテム

nicchiさんが作ったアイテムは、どれも手作り感満点、手のぬくもりを感じさせるものばかり。そのおかげか、ゲストからは「手作りの物が多かったのでおもてなし感が高かった」、「こだわりが見えすぎるくらい見えておもしろかった!」なんて声が上がったそう!

[製作アイテム]席次メニュー表、席札、会場装飾(ガーランド、ペーパーポンポン、ウェルカムスペースに置くもの)フォトプロップス、ファーストバイト用のエプロン、ブーケ、ブートニア、ヘッドパーツ、プロフィールムービー、オープニングムービーウェルカムドールの衣裳
[器用度]☆☆☆
[アドバイス]準備期間は長ければ長い方が◎。期間が短いと、自分がやりたいことが中途半端になってしまったり、クオリティを下げなければいけなかったりするので、結果的に後悔することにも。

[写真1枚目]ビリヤードカラーのガーランド。画用紙を切って作った、ビリヤードカラーのガーランド。ビリヤードモチーフは彼の趣味から
[写真2枚目]アクリルフェルトのスイーツ。スイーツ好きをアピール用に作った一品。材料は手芸店と300円均一ショップで揃えて2000円くらい
[写真3枚目]ヘッドパーツ。ブーケとヘッドパーツは結婚式後も記念としてずっと飾っておきたかったので、素材はアーティシャルフラワー(リアルな造花)を選択

[たっぷり派4]節約+時短+オリジナリティ、すべてを叶えたDIY

[たっぷり派4]節約+時短+オリジナリテ
[たっぷり派4]節約+時短+オリジナリテ
[たっぷり派4]節約+時短+オリジナリテ

節約のため、自作したほうが早い、そして既存のもので気に入るものがなかった。そんな理由からDIYに取り組んだ里美さんは、ウエディングアイテムはほとんど手作り。慣れないDIYに苦戦しながらもオリジナリティあふれるアイテムを生み出しました!

[製作アイテム]ペーパーアイテム類、受付装飾、受付をしてくれる友人用リストブーケとミニブートニア、花冠、プチギフト、お色直し後のリストブーケやリングピロー、ウェルカムボードなど
[器用度]☆☆☆
[アドバイス]何事もほどほどにしないと収集がつかないことになりますよ!

[写真1枚目]リングピロー。イメージソースはゼクシィ花嫁カフェから。宝石箱をイメージして、アルミワイヤーとビーズを使って作ったかごは強度問題でボツに。その後、リングガール役の姪っ子が持ちやすい物が良いとなりこちらのバスケット型に
[写真2枚目]花冠。自己流で適当に買ってきた造花を、花の部分だけ切り取りボンドで貼り付けたものの上手く形に出来ず。作り方を調べて最終的にはサンプルを4つほど製作
[写真3枚目]ガーランド。受付から待合スペースに掛けての窓に飾れるものとして製作。文字部分はインターネットから。時間の節約!と思い、印刷しただけのものにしたはずが、厚紙を選んでしまったため切抜きに手間取り、結局かなり時間がかかるハメに……

[たっぷり派5]世界一周新婚旅行をテーマに個性派アイテムをDIY!

[たっぷり派5]世界一周新婚旅行をテーマ
[たっぷり派5]世界一周新婚旅行をテーマ
[たっぷり派5]世界一周新婚旅行をテーマ

「旅が大好き!」。そんなさとさんの新婚旅行はなんと21カ国(!)を巡る世界一周の旅! そして式のテーマはもちろん「世界一周」! この壮大なテーマに沿って作られたのは、新婚旅行の最終目的地・沖縄で撮影した前撮り写真を使ったガイドブック風のプロフィールや、パスポート風の招待状などのペーパーアイテムをはじめ、旅した国々で集めた通貨を一枚の額に収めたものなど、旅そのものを表現した個性的なアイテムばかり!

[製作アイテム]ティピ(テント)、招待状、テーブルフラッグ、リース、ウエルカムオブジェ、ウエディングツリー、ガーランド、お色直しの花冠、とブーケ、ブートニアなど
[器用度]☆☆☆
[感想]今までにない式にしたかったのですべてこだわりました!

[写真1枚目]チケットつきの招待状。まさにパスポートそのままの招待状は、大型雑貨店で購入した材料で3週間ほどで仕上げたもの
[写真2枚目]プロフィール。ガイドブック風のプロフィールには沖縄での前撮り写真を使って。こちらの材料も大型雑貨店で揃えたもの
[写真3枚目]テーブルナンバー。国旗型のテーブルナンバーはふたりが実際に訪れた国のものを使用。ふたりの出会いのきっかけとなった屋久島テーブルには屋久島で出会ったメンバーが。沖縄テーブルには沖縄で出会った友人が

[集中派1]式後のインテリアとしても! 人気の「リングピロー」

[集中派1]式後のインテリアとしても!
[集中派1]式後のインテリアとしても!

集中派の一番人気はやはり「リングピロー」。式後のインテリアとしてもちょうどいいかわいらしい見た目とサイズ、そして手芸経験少なめでもチャレンジしやすい、製作キットの豊富さなどが人気の秘密のよう。
「もともと手芸が好きだったことと、形として残るものを手作りしたいという気持ちがあったので。これなら作ることができそうだと思ったから」とはmilkkyさん(写真1枚目)。みるきさん(写真2枚目)は「ゼクシィなどで手作りしている方のを見て、いいなと思ったから」とそれぞれリングピローを選んだ理由として教えてくれました。

[アイテム詳細]ともに手芸店で購入したキットを利用
[器用度]☆☆
[アドバイス]milkkyさん/晴れ舞台をよりHappyに過ごすためにも手作りはおすすめ。計画的に早めに少しずつ着手しましょう! みるきさん/少しずつ作って飽きないようにしました!

[写真1枚目]milkkyさんのリングピロー。薔薇を何個も作ったりちょっと大変な部分もありましたが、3日くらいで完成
[写真2枚目]みるきさんのリングピロー。リボンで薔薇を作る作業に苦戦。いつも文句を言いながら作っていたので、彼が本当に完成するのか心配していました。それのせいか、彼は以降の手作りはすすめなくなりました……

[集中派2]ウエルカムスペースの顔といえばやはりこれ!

[集中派2]ウエルカムスペースの顔といえ
[集中派2]ウエルカムスペースの顔といえ
[集中派2]ウエルカムスペースの顔といえ

リングピローと1位2位を争う人気といえば、そう「ウエルカムボード」。来場したゲストが真っ先に目にする主役アイテムということもあって、個性あふれる力作が揃いました。

友里恵さん(写真1枚目)は「お付き合いしていた頃からイベントのたびにプレゼントしていた似顔絵」をチョイス。愛さん(写真2枚目)のウエルカムボードはなんとお手製のパン! あきこさん(写真3枚目)のロゼットがモチーフのウエルカムボードはなんと、イチからすべて手作り!

[アイテム詳細]友里恵さんはオーダーした似顔絵を額に入れて装飾を。愛さんは趣味のパン作りを生かして。あきこさんは、ネットショップと手芸店で材料を集めるところからすべて手作り
[器用度]☆☆
[アドバイス]友里恵さん/花をつけるとき、色のバランスを考えながら。 愛さん/事前にしっかりイメージをして製作を! あきこさん/イメージを実現させるのは楽しいですよ!

[写真1枚目]友里恵さんのウエルカムボード。似顔絵は大好きな似顔絵師さんにオーダー。見ているだけでゲストもハッピーな気持ちになるように、結婚式のテーマでもある海と夏のイメージを盛り込んでもらいました
[写真2枚目]愛さんのウエルカムボード。パン生地には砂糖も油分も入っておらず、また表面がニスで仕上げてあるので今でも飾ってあります。参考にしたのはウェブの画像検索。意外とたくさん出て来ました
[写真3枚目]あきこさんのウエルカムボード。自分の好きな色で、ロゼットがたくさんついたウエルカムボードを作りたかったのですが、ロゼットをたくさん作るのが大変そうだったので、このような形に

[集中派3]装飾としても、フォトプロップスとしてもOKな「ガーランド」

[集中派3]装飾としても、フォトプロップ
[集中派3]装飾としても、フォトプロップ

絶対に人とかぶらないウエディングフォトを残したいと考えたおぶんさんが選んだのは、フォトプロップス的な使い方もできる「ガーランド」。豊富なウエディングアイデアが見られる、海外の写真共有サイトのピンタレストやインスタグラムでリサーチを重ね、2点のガーランドを製作したそう。

[アイテム詳細]ブルーベースの方はSomething FourのSomething Blueを意識
[器用度]☆☆
[アドバイス]身近にあるものだけで作れます!

[写真1、2枚目]ガーランド。裏紙はダンボール! 紙だけだとふたりで持った時にフワフラして安定しないし、光で透けてしまうのでダンボールを貼りました。材料はすべて家にあるもので

[集中派4]節約モードの「ベールとお色直し用ブーケ」

[集中派4]節約モードの「ベールとお色直
[集中派4]節約モードの「ベールとお色直

節約のため、ベールとお色直し用のブーケをDIYしたくまさん。出来もさることながら、驚くべきはその予算。なんとベール約600円、ブーケ約1000円と破格の予算で製作されたんです! 
[アイテム詳細]ともに製作の参考にしたのはウエディング雑誌やネットの花嫁さん
[器用度]☆☆
[アドバイス]ベールとの長さには注意! ドレスを着て実際の長さをチェックするといい具合に

[写真1枚目]ベール。大型手芸用品店でチュールを単品買い。ベアトップドレスだったので、肌の露出を抑えるために顔を隠すフロント部分を胸が隠れるくらい長めに。また、ドレスのトレーンのデザインを生かしかったので、透け感の強めのチュールを選択
[写真2枚目]ブーケ。ベースは100円ショップのもので。リボンは友人の結婚式のブーケプルズでいただいたもの

from編集部『DIYで自分たちだけの結婚式を叶えよう!』

「たっぷり手作り派」「1~3点集中派」、それぞれの先輩花嫁のリアルなDIY事情いかがでしたか? これを読んで、ますます制作意欲がわいてきた!という人も多いのではないでしょうか。
ふたりの想いや個性を表現するのに、今や欠かせないものとなっている花嫁によるDIYウエディングアイテム。みなさんもぜひ自分のできる範囲で手作りして、イメージする理想の結婚式を叶えてくださいね!

取材・文/松隈草子(本誌) 撮影/松本朋之(麻里江さん分)
※この記事に掲載のデータ・コメントは2015年1月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー96人が回答したアンケートによるものです ※掲載されている情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式
  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • アイテム検討期
  • ふたりらしい
  • 思い出
  • アットホーム感
  • ハンドメイド
Share on>

pagetop