ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ビューティー・ブライダルエステ
  4. ビューティー全般
  5. 「式までにマスターせよ!」最強スマイル練習帳♪
演出アイテム等
Share on>

「式までにマスターせよ!」最強スマイル練習帳♪

人生の記念すべき日、結婚式。そんな輝かしい日を写真やムービーに残さないなんて選択肢はないですよね? 「そうだけど上手に笑える自信がないし、撮られるのも苦手だから実は当日がちょっとゆううつ……」。なーんてお悩みのそこの花嫁さん! 今からレッスンすれば自信を持って式に臨めますよ! 最強の花嫁スマイルを目指して今日から練習をはじめましょう♪

モデル&美容作家 豊川月乃さんおすすめ! 〈スマイルの事前練習法〉

[練習1]口角が下がっていないかCHECK!!

[練習1]口角が下がっていないかCHEC
[練習1]口角が下がっていないかCHEC

一般的に“いい笑顔”とは左右の口角が同じ高さに上がっていて、上の歯が左右にそれぞれ6本ずつ見えている状態、と言われています。上の歯が根元(歯茎と歯の境界)から見えるくらいまで、上唇から口角にかけてを頬筋でぐっと引き上げます。下の歯が出ると、老けた印象に見えてしまうので出ないように注意しましょう。毎日笑顔の自撮りをして、左右対称に口角が上がっているかCHECKするのも◎。

[NG]上唇が上がりすぎて歯茎が見えすぎてしまっています
[OK]口角が左右均等に引き上がった、“いい笑顔”のお手本はこちら

[練習2]手で口を隠して目だけで笑っているように見えるかCHECK!!

[練習2]手で口を隠して目だけで笑ってい
[練習2]手で口を隠して目だけで笑ってい

口元の笑顔でも緊張で目元が笑っていなければ、表情も不自然なものになってしまいます。顔全体で自然で美しい笑顔にするために、目の演技力をつけることをおすすめ。結婚式だけでなく、普段の生活でもきっと役立つのでぜひマスターしてみて。

[NG]口元は笑っていても目元の表情が硬くなってしまっています
[OK]目元も笑っているので、全体的にやわらかい印象に

[練習3]顔筋体操を習慣づける

[練習3]顔筋体操を習慣づける
[練習3]顔筋体操を習慣づける

口角をキュッと引き上げる頬筋を鍛えるためには、毎日のトレーニングが欠かせません。これから紹介する「顔筋体操」を、朝と晩の1日2回、スキンケアの時などに左右5回ずつ行ないましょう。
最初は顔の筋肉がうまく動かなかったり、左右差があると思いますので手で誘導するようにして行なうとよいでしょう。しばらく続けると頬筋がだんだんと動くようになってきます。顔全体の血行も良くなるので、まぶたのむくみが緩和されたりほうれい線予防にも効果的です。

[1]鏡を見ながら唇をキュッと結び、右側に寄せます。右目の回りにシワができるくらいに右目を強くつぶって、頬筋に力を入れるのがポイント
[2]同様にキュッと結んだ唇を左側に寄せます

[練習4]横顔も美しく見せることにもこだわる

[練習4]横顔も美しく見せることにもこだ
[練習4]横顔も美しく見せることにもこだ

結婚式ではさまざまな角度から写真を撮られるため、横顔を美しく見せることにもこだわりたいですよね。横顔美人の基準は、横から見た時に鼻先とあごを結んだ線の内側か、もしくは線上に上唇と下唇がのっている状態であると言われています。鏡や写真で横顔をチェックして、もし鼻先とあごを結んだ線の外側に唇が出ていたら、内側もしくは線上にのるように意識しましょう!

[NG]唇が鼻先とあごを結ぶ線よりも外側に出てしまっていて、アヒル口の状態になっています
[OK]唇が鼻先とあごを結ぶ線の内側にキレイにおさまっています

from豊川月乃さん『練習したら、当日は忘れて楽しんで!』

きれいな笑顔は、普段から練習しておかないといきなりは作れません。なのでお式当日までいっぱい練習しておきましょう。その上で、当日はあまり考え過ぎることなく、式を心から楽しむことが大切だと思います。がんばってくださいね!

[プロフィール]
豊川月乃
モデル&美容作家&sen-se代表
2002年にsen-seを立ち上げて以来、モデルを目指す女子、輝きたいすべての女性のためのさまざまなサービスを展開。モデル育成のエキスパート、悩める女性達の「駆け込み寺」として、これまでにのべ8000名の女性を指導。現在は「美のエキスパート」として各種メディアにおいて活躍中。著書に「ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人」(大和書房)「こうしてあなたは美人と呼ばれる」(KADOKAWA)などがある。

フォトグラファー 清水知成さんが教える! 〈スマイルの当日心得〉

[心得A]笑顔は似合わないと決めつけない

[心得A]笑顔は似合わないと決めつけない

結婚式で一番撮りにくいのは笑顔のない花嫁さん。機嫌でも悪いのかな?と思うほど笑顔のない花嫁さんの多くは、“自分には笑顔が似合わない”と思い込んでしまっているんですよね……。
しかしそんなかたくなになってしまっている花嫁さんが油断して笑顔になると、本当にすごくかわいいのです。勝手に似合わないと思い込んで、笑顔を封じ込めてしまうなんてもったいない!

[心得B]自分らしい笑顔を見つける

[心得B]自分らしい笑顔を見つける

本人がいいと思う笑顔は、フォトグラファーから見たらだいたいつくり笑いが多く、それではどうしてもいい写真にはなりません。その人らしくない笑顔なんて笑顔ではありません!
いままで2000人以上の花嫁さんを見てきましたが、笑顔がきれいじゃない方はひとりもいませんでしたし、それぞれの方がそれぞれの方らしい笑顔で持っていましたよ!

[心得C]準備中でも楽しみを見つけて

[心得C]準備中でも楽しみを見つけて

おすすめなのが、日常の中のおもしろいこと、楽しいことを見つけるという方法。
おもしろいことや楽しいことに出合えたときに生まれる自然な笑顔。そんな笑顔が生まれる機会が増えれば、きっと次第に笑顔にも自信が生まれてくると思いますよ。
笑顔でいれば、もし落ち込んでいたとしてもいつのまにか気分もいっしょに楽しくなると思います。どんな時でも笑顔で! 毎日を笑顔で楽しんで!

from清水知成さん『自分らしいスマイルが最強!』

花嫁さんの笑顔は波のようにみんなに伝わっていきます。そうやって幸せをみんなもらって元気になるので、ぜひ当日は笑顔を絶やさないすてきな花嫁さんでいてください! それがゲストの方々への一番の感謝のあらわし方だと思いますよ!

[プロフィール]
清水知成
フォトグラファー
ゼクシィ本誌を中心に、30年近くのべ2000組以上の結婚式を撮影してきたフォトグラファー

from編集部『目指せ! 自然な笑顔の最強花嫁!』
今回紹介した「きれいな笑顔のための練習法」も、「その人らしい自然な笑顔を見つける方法」も、どちらも今すぐできる、日常的に取り入れられるものばかり。
あとで結婚式の写真やムービーを見てガッカリ……なんてことにならないよう、「しっかり事前に練習して、自分らしい自然な笑顔」の花嫁を目指して、ちょっとした楽しみを見つけることからスタートしてみて♪

取材・文/松隈草子(本誌) イラスト/柿崎こうこ
※掲載の情報は2015年3月時点のものです

  • 挙式
  • 挙式2ヶ月前
  • 結婚準備全体
  • 悩み解決
  • ナチュラル
  • テンションあげたい
  • 頑張りたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop