ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 演出アイデア
  5. ゲストが絶賛! 個性派どっきりサプライズ集
演出アイテム等
Share on>

ゲストが絶賛! 個性派どっきりサプライズ集

バンケットで席についたら椅子の上にブーブークッション! 犬や馬がゲストをお出迎え!? ゲームの勝利者たちにプレゼントされたのはまさかのかつら!? と、ゲストが大笑いした“個性派どっきり”をラインナップ。みんなの笑顔を引き出す楽しいウエディングを目指している人は、ぜひ参考にしてみて。

「私の席に、ブーブークッション!?」

「私の席に、ブーブークッション!?」

披露宴会場に入り、席次表を見ながら自分の席を見つけると、そこにはまさかのジョークグッズ・ブーブークッション! いたずら好きのふたりをよく知る大人のゲストたちは、「何これ?」と笑って、トンと座り、「ブー!」。テーブルは一瞬にして笑いに包まれ、言うまでもなく和やかな幕開けに。(剛さん・圭沙さん)

ブーブークッションの愉快な音にゲスト卓は大笑い。仕掛けられた新婦姉は、記念撮影も楽しんで

メイク直しをしていたら「ドレッサーがしゃべりだした!?」

メイク直しをしていたら「ドレッサーがしゃ
メイク直しをしていたら「ドレッサーがしゃ

挙式が始まる前。控室で、ゲストからふたりへのメッセージ映像を収録。親切なスタッフは、「撮影前にどうぞご利用ください」とミラーの前へゲストを案内した。ミラーにはカメラのレンズが付いていて、「ここを見て話せばいいんだな」とゲストは理解。でも実は、マジックミラーになっていて、すでにミラーの裏側からゲストの撮影は始まっているという大がかりな仕掛けが! いよいよゲストがカメラレンズに向かってメッセージを言い始めると、いきなりミラーが落ち、サンタクロース姿のムービースタッフが登場! のけぞるゲストに「ハッピークリスマス! 欲しいプレゼントは何?」と! メッセージを言い始める→驚いてのけぞる→唖然とする表情までバッチリ撮影したものはすぐに編集され、なんとパーティ後半に上映も。会場は爆笑に包まれ、最もビックリした表情をしてくれた人にプレゼントを贈った。(剛さん・圭沙さん)

〈1枚目〉ミラーが落ちて目の前にサンタクロースが登場! その名も“クレイジードレッサー” 〈2枚目〉予想だにしていなかった“どっきり”の映像に、ゲストは大笑い

「芸妓姿の男性に、キスを迫られた!? 」

「芸妓姿の男性に、キスを迫られた!? 」
「芸妓姿の男性に、キスを迫られた!? 」
「芸妓姿の男性に、キスを迫られた!? 」

披露宴後半、「開運!」「開運!」と叫びながらいきなり現れた、白塗りに着物を着た芸妓姿の男性。数人の男性ゲストは「ア~!」とのけぞって指さして大笑い。実はのけぞったこのゲストたちこそ、ふたりが厳選した“どっきり”のターゲットだ。
それは挙式が始まる前のこと。ゲストが会場へとつながるエレベーターに乗り込むと、まさに披露宴後半に現れたのと同じ、芸妓姿の男性が同乗してきた。そしていきなり「開運!」「開運!」と叫び出し、男性ゲストに濃厚なキスを迫ってくるという“どっきり”。慌てふためく男性がエレベーターを降りると、大笑いする新郎が出迎えてくれた。
エレベーター内の様子は撮影し、披露宴後半に上映。パーティを仕切る開運男性は、さっきまでタキシード姿でスマートに進行していた司会者と気付き、ゲストは3度ビックリ。(剛さん・圭沙さん)

〈1枚目〉披露宴後半。芸妓に扮(ふん)したした司会者・お福さんは「開運!開運!私のお尻を触ると開運!」と叫びながら登場。ふたりもしっかりお尻を触って、開運成就! 

〈2枚目〉エレベーター内の“どっきり”映像は、披露宴会場で上映 

〈3枚目〉まさかこの司会者が“どっきり”の仕掛け人だったなんて

緊張のスピーチ直前に「上司の俺を映像で紹介!?」

緊張のスピーチ直前に「上司の俺を映像で紹
緊張のスピーチ直前に「上司の俺を映像で紹
緊張のスピーチ直前に「上司の俺を映像で紹

スピーチをお願いした新郎上司は、プライベートでも親交のある方。司会に呼ばれ、上司がマイク前に立ったところで、スライドショースタート! 白シャツ姿の仕事の顔、続いてタンクトップ姿でポーズを決めてるバンドマンの顔を写し出すと、上司は赤面し、ゲストは拍手喝采。「それではお願いします」のメッセージはオチのようになって、再び笑いが。上司も会場も一気に和やかになった。(udouuさん)

〈1枚目〉上司に内緒で製作したスライドショー。まずは“頼れる上司”としてご紹介 

〈2枚目〉ライブ会場での、上司のプライベートの顔をお披露目  

〈3枚目〉モニターのメッセージにスピーチを促され、会場は笑いに包まれた。他にもスピーチをしてくれるゲストのスライドショーを用意し、大好評だった

「柴犬が祝杯の合図を送り、誓約書にサイン!?」

「柴犬が祝杯の合図を送り、誓約書にサイン
「柴犬が祝杯の合図を送り、誓約書にサイン

新婦実家で暮らす“ハチさん”ことハチマキは、ふたりが「共通の友人です」と紹介する黒い柴犬。パーティからガーデンでの人前式へと進行した結婚式でも、“どっきりサプライズ”の立役者として大活躍した。
最初にみんなを驚かせたのは祝杯シーン。「乾杯~!」の高らかな発声と同時に、“ハチさん”がグラスへ“お手”をすると、会場中、拍手喝采。「かわいい~」の歓声も。続いて行った“ハチさん”を自分の元へ呼び寄せたら勝ちという全員参加のゲームも白熱し、パーティ序盤に場をしっかり温めてくれた。さらにお開き後の挙式でも登場し、結婚証明書に肉球スタンプをペタン! まさか犬がこんなに活躍するとは思わなかったゲストたちだったが、数々の愛らしい“どっきりサプライズ”は笑顔の花が咲かせてくれた。

〈1枚目〉パーティ中に行うゲームアイテムを首にぶら下げて、ゲストの元へ運んだ 〈2枚目〉ゴールドのスタンプで、結婚証明書に承認のスタンプをした“ハチさん”

「新婦友人の私が、男前の大酒飲みを披露するなんて!?」

「新婦友人の私が、男前の大酒飲みを披露す
「新婦友人の私が、男前の大酒飲みを披露す

披露宴序盤、前に呼ばれた男性ゲスト3人と、女性ゲスト3人。“どっきりサプライズ”のターゲットだ。大きな盃にお酒を入れて飲み干す、大盃(たいはい)の儀に挑戦してもらうことに。しかも男性チームと女性チームに分かれ、どっちが先に飲み干せるか勝負! いきなり指名された新婦友人の女性は「負けないぞ!と火がついてしまった」と笑い、豪快に飲み干して拍手喝采。見事、女性チームが勝利を収めた。(歩実さん)

〈1枚目〉いずれもお酒に強くノリのいいメンバーだが、あらかじめお酒に水を加えて薄めておいた

〈2枚目〉顔より大きな盃をのけぞって飲み干し、会場は大盛り上がり

「ゲームの勝利品は、まさかのカツラ!?」

「ゲームの勝利品は、まさかのカツラ!?」
「ゲームの勝利品は、まさかのカツラ!?」

披露宴でテーブル対向のゲームを行った。新郎が新婦をお姫さま抱っこし、体重計の上へ。ふたりの体重と衣裳を合わせた総重量を当てるというものだ。そして、120kgの正解に一番近い数字を発表した女性ゲスト陣にプレゼントが配られることに……。袋の中から出てきたのは、カラフルなアフロヘアや金髪のおさがりなど、ユニークなカツラ!カツラ! 「これがご褒美~?」と笑いながらも、予想外のプレゼントにテンションアップ。写真撮影も大はしゃぎだった。(美緒さん)

〈1枚目〉ノリのいいゲストたちは、カツラをかぶってお茶目なポーズ 

〈2枚目〉勝利者チームの集合写真も楽しいショットに

「映像の中で踊っているのは、まさか新郎!?」

「映像の中で踊っているのは、まさか新郎!
「映像の中で踊っているのは、まさか新郎!
「映像の中で踊っているのは、まさか新郎!

友人たちの余興は、ダンスシーンを収録した映像の前で、ダンスを披露するというもの。後半になると映像の中から、センターで踊っていた男性が高砂席の新郎に語りかけてきた。よく見るとモニターの男性は……マイケル・ジャクソンに扮(ふん)する新郎? 新婦さえもなかなか気付かず、ゲストと一緒になって「エェーッ」とビックリ。モニターの新郎と、高砂席の新郎の掛け合いも楽しく、最も会場が沸いた場面になった。(絵里花さん)

〈1枚目〉大画面に映し出した映像と、全く同じように踊る友人たち 

〈2枚目〉映像の中から語りかけてきた男性が、まさか新郎とは! 高砂席の新郎に「新婦を幸せにするか言ってみなさい」と問いかけた 

〈3枚目〉モニターの新郎の問いに、高砂席の新郎が答える。隣の新婦は「本当にビックリして笑いすぎた」と、“どっきりサプライズ”大成功!

「出迎えてくれたのは、おめかししたポニー!?」

「出迎えてくれたのは、おめかししたポニー

乗馬が趣味の新婦は、北海道の馬産地で結婚式を挙げた。そのシラカバ林に設けた挙式会場へと向かうゲストを出迎えたのは、小さな体のウエルカムポニー。新婦のブーケと同じ花材で作った花飾りまで着けて。予想外の愛らしいホストに、ゲストの目尻は下がりっぱなし。そして挙式には新郎新婦が乗馬で入場し、ゲストは「まるで映画のワンシーン!」と感激。夢のような“どっきり”になった。(久美子さん)

たてがみもキレイに編んで、ゲストをお出迎えするウエルカムポニー

現地でビックリ!「挙式直前、30着ものバリの民俗衣裳からセレクト!?」

現地でビックリ!「挙式直前、30着ものバ

バリに、両家家族を招いた海外ウエディング。家族には「民俗衣裳を少し用意しているから服装は気にしないで」と事前に伝えてあったものの、まさか30着以上の中から好きに選べるとは! 式直前に控え室に通されたみんなは、ビックリして大はしゃぎ。「両親が一番喜んでいたようです。バリの民俗衣裳を着ることなんて滅多にないし、海外婚ならではの最高の思い出にしてほしくてゲストの衣裳プランを利用しました」。(おぶんさん)

民俗衣裳の“どっきり”で笑顔を引き出し、バリらしい記念写真も残せた

from編集部『会場が一気に盛り上がる“どっきりサプライズ”』

ゲストが想像もつかないような“どっきりサプライズ”は、特定の人に仕掛けても、会場全体が盛り上がる! 早速、プランを練ってみて。

取材・文/千谷文子 撮影/NAOYA TAKI(クレイジードレッサー、芸妓姿の男性のどっきり)、松本幸子(ブーブークッション)、清水知成(ウエルカムポニー)
取材協力/アンダーズ 東京 TEL03-6830-7722、ノーザンホースパーク TEL0144-58-2116
※掲載されている情報は2015年2月時点のものです

  • アイテム検討期
  • 花嫁実例
  • 遊び心のある
  • 意外性・驚き
  • テンションあげたい
  • 笑いたい
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
Share on>

pagetop