ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. 新米花嫁が告白「彼には言えない」手抜きあるある集
演出アイテム等
Share on>

新米花嫁が告白「彼には言えない」手抜きあるある集

「彼の洗濯物は悪いけどテキトー」「見た目はおしゃれだけどホントは洗い物を減らすため」……なんて彼に言ったら怒られるかも? がっかりされるかも? 的な手抜きテクニックをご紹介。新婚のうちは愛ゆえに頑張り過ぎちゃいがちだったり、失敗することも多いけど、先輩たちの告白を読めば、慣れない家事にもなんだか気楽に取り組めそう♪

「ついにあなたの大好きな本当の“おふくろの味”にたどり着いたの」

「ついにあなたの大好きな本当の“おふくろ

【告白/実は料理のココが手抜き♪】
実家に帰ったとき、母の作った総菜をもらってくることも。彼の苦手なニンジンをいかに食べやすくするか試行錯誤。(Y.Yさん)

*編集部OKコメント*
お母さんの作ったお総菜なら、失敗しない上に、ベテラン主婦の味も研究できて、一石二鳥かも~!

「煮魚や焼き魚? いいえ、お魚は一番フレッシュな状態で食べてほしいの」

【告白/実は料理のココが手抜き♪】
お魚が食べたいときは、グリルなどの洗い物が大変な焼き魚ではなく、並べるだけのお刺し身を買ってきてしまう。(えりさん)

*編集部OKコメント*
お肉料理や焼き魚は、調理器具の油汚れが大変。洗い物が少ないメニューにこだわる人も多いんです

「ごめんね、か弱い女で……。あなたがいないと食事さえ喉を通らないわ」

【告白/実は料理のココが手抜き♪】
帰宅してからの料理は思ったより大変。具合が悪くて作れないとうそをつき、彼にお弁当を買ってきてもらうことも。(あきさん)

*編集部OKコメント*
もしかしたら彼も気付いていて、気付かないふりをしてくれているのかも? 優しい彼を大切に!

「一汁三菜、そんなの知ってるわ。でもねワンプレートの時代がきてるのよ」

【告白/実は料理のココが手抜き♪】
例えばパスタ、ロコモコ丼など、ワンプレート料理に。見た目や内容は凝ったイメージだけど、洗い物を減らせる。(ラッキーさん)

*編集部OKコメント*
「丼物」は手抜き感いっぱいだけど「ワンプレート料理」はおしゃれ感が勝って手抜き感ダウンに成功!

「ワタシ、味付けの腕前だけはプロさながらなのよ」

「ワタシ、味付けの腕前だけはプロさながら

【告白/実は料理のココが手抜き♪】
バランスのいいメニューは考えるけど、味付けは市販のものを使うことも。でも自分で味付けしたとうそついちゃう。(美里さん)

*編集部OKコメント*
おいしければ市販のものでも自分流でもどっちでもOK。愛用している市販の味を再現できるよう研究してみては

「あなたの目に映る世界だけでも、きれいであってほしいのよ」

【告白/実は掃除のココが手抜き♪】
一時的な収納ボックスを各部屋に設置。とりあえず何でもそこに入れ、時間のあるときにまとめて片付けることに。(あむさん)

*編集部OKコメント*
物は使ったら元に戻すのが原則だけど、いちいちできないことも。そんな人にオススメのアイデア!

「毎日良い香りの中あなたと暮らせて最高よ。汚れ?……全然見えないわ」

【告白/実は掃除のココが手抜き♪】
とりあえず空間用消臭剤を使えば満足。彼も自分が匂うと思ったのか、玄関でシュッとするようになりました~。(ながさまさん)

*編集部OKコメント*
空間用消臭剤は、布製品の除菌・消臭にも使えるものもあって便利。ただし、洗濯できるものは洗濯してネ

「言ってたじゃない、ナチュラルなスタイルの服を着た君が好きって」

【告白/実は洗濯のココが手抜き♪】
アイロンがけ不要のワイシャツは、洗濯・乾燥後、シワもなくきれいに乾いていたら、そのままクローゼットへ。(さやさん)

*編集部OKコメント*
アイロンがけのいらないシャツは優秀。シワさえ気にならなければOKという彼も多いはず

「ワタシの服なんて手洗いで十分! 洗濯機はあなたのためにあるの」

「ワタシの服なんて手洗いで十分! 洗濯機

【告白/実は洗濯のココが手抜き♪】
自分の服は手洗いするけど、彼の服は普通に洗濯。それも2日置きだったり、3日置きだったりと手抜きしちゃう。(可南恵さん)

*編集部OKコメント*
洗濯機に手洗いモードなどがある場合は、それを活用すれば、ふたり分まとめて洗濯できるかもよ

「あなたのにおいがするシーツにくるまれて眠るのが幸せなの」

【告白/実は洗濯のココが手抜き♪】
シーツや布団カバーの洗濯って思った以上に大変。シーツは新婚当初、週に1回替えていたけど、今は2週に1回……。(ばぁげんさん)

*編集部OKコメント*
大きな布製品は、洗うより干すのが大変。「大きいから無理~」と彼に甘えてしまってもいいかも?

「ウフフ、この絡み合う服たち、あなたにじゃれてる私みたい」

【告白/実は洗濯のココが手抜き♪】
彼のものはネットにも入れず適当に洗ってしまう。洗剤や洗濯コースって、どれを選べばいいのかよくわからない。(ゆうこさん)

*編集部OKコメント*
特に問題なく洗えていればOK、としている人も多い。時間のあるときに説明書を読んでみましょうね

「あなたのバスタオルって、一度使ってもいいにおいがするわ」

【告白/実は洗濯のココが手抜き♪】
タオルや衣類などを分けて洗濯するのは大変。バスタオルは、においをかいで臭くなければ、もう1回使ってもらう。(mihoさん)

*編集部OKコメント*
バスタオルは広げて乾かしておけば雑菌が繁殖しにくいから、毎回は洗わなくていいという花嫁も

from編集部『“言えない手抜き”を成功させる極意はコレ!』

【その1】徹底的にバレないようにすべし
自分を優先して彼を後回しにした手抜きは、その逆よりバレやすい上、彼のショックも大きい。分からないように念には念を。
【その2】行き過ぎた手抜きには注意すべし
バレていないからといってやり過ぎは禁物。エスカレートしないよう気を付けて。手抜きは、愛ある範囲でほどほどに。
【その3】愛ある言い訳を用意すべし
万が一知られてしまっても、愛情ゆえの行動だったと彼に思われれば大丈夫。この記事のせりふを言ってみれば切り抜けられるかも。

*記事内のデータおよびコメントは2014年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー135人が回答したアンケートによります。

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 花嫁実例
  • 悩み解決
  • 安心したい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop