ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. ゲスト選び・依頼
  5. 時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【ゲスト関連】
お金・常識
Share on>

時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【ゲスト関連】

時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【ゲス

手配や連絡も多く、時間がかかるゲスト関連のダンドリ。式6~4カ月前にはゲストのリストアップを始め、3カ月前に招待状を手配して、2カ月前までに発送するのが王道スケジュール。
ゲストのための細かい気配りと丁寧な作業を心掛けたい。

step1:最低3カ月前までにゲストのリストアップ

step1:最低3カ月前までにゲストのリ

★招待客のリストアップ~招待状発送まで2カ月は見ておこう
□ 招待するゲストを決め、親に確認
□ 招待するゲストに連絡を取り、日取りや会場を伝える
□ 主賓や乾杯の発声、受付などを依頼し、遠方ゲストの交通費負担額を伝える
□ ゲストの住所や名前、肩書を確認し、招待客リストを作る

★時間がかかるのはココ!
招待客のリストアップに時間がかかりがち

[こうして回避]
⇒式に招待する人と二次会から参加してもらう人に分けよう
まずはそれぞれが必ず招待したいと思う人に親が招待したい人を加え、余裕があったら、二次会に参加してもらいたい人の中からさらに調整を加えよう。

「いつまでに」「何を」と期日ややることを親や彼に具体的に示そう

準備でありがちなのが、自分の決めたスケジュール通りに彼や親が動いてくれないこと。すでに彼と一緒に住んでいる場合はカレンダーに書き込んで目につくところに。別々だったら、ダンドリなどを互いのパソコンやスマホで見られるようにしておきたい。親にも具体的な期日を示すなど働き掛けて。

step2:ゲストが決まったら、招待状を発送する

step2:ゲストが決まったら、招待状を

★招待状をオーダーするなら式3カ月前までに
□ 招待状のデザインや手配方法を決める
□ 必要な衣裳小物をショップでチェックし、足りなければ用意する
□ 招待状を作成または発注する
□ 招待状の宛名書きや封入をして発送する
□ 席次を決め、席次表を作って親に確認する

★時間がかかるのはココ!
出席ゲストの席次決めに時間がかかりがち

[こうして回避]
⇒招待する人を選ぶときに座る席も考えながら決めよう
最初から招待したい人をテーブルに当てはめながら決めると後で悩まない。親族席は双方の親にお任せ。席次決めにかかる時間を考えて返信はがきの期限を式6週間前に早めるのも◎。

席次の調整ができない場合は、テーブルの大きさや配置を会場に相談

一部を小さいテーブルにする、2つの半円のテーブルの真ん中に四角いテーブルを挟んで楕円(だえん)にする、など大きさを変えられることもあるので、会場に相談してみよう。

step3:ゲストに合わせた、各種手配をする

step3:ゲストに合わせた、各種手配を

★人数確定後、必要な部屋数や着付けの数を会場に知らせる
□ 返信はがきを確認して、人数を確定し、ゲストの美容着付けやホテルを予約する
□ 受付などを頼んだ人や家族などに当日のダンドリを連絡する
□ 当日渡すお礼やお車代を用意する

★時間がかかるのはココ!
遠方ゲストの宿泊手配に時間がかかりがち

[こうして回避]
⇒招待の打診をするときに宿泊に関する希望を聞いておこう
結婚式に招待したいことを連絡する時に宿泊の話もし、前泊、後泊の希望を聞いておくと、必要な部屋数が早々に把握できる。そして返信はがきに宿泊の希望欄を作って最終確認を。

ホテルは早めに多めに仮予約しておく

宿泊のキャンセル料は利用日直前まで掛からないことが多いので、ゲストのリストアップをしたときに、遠方ゲストの人数を数えて多めにキープし、人数確定後、余ったらキャンセルをするとよい。

from編集部『サポートや配慮の必要なゲストはいない?』

ゲスト選びや席次は、細かいルールやマナーも多いので、双方の親ともよく相談しながら慎重に進めよう。実際には、招待客ごとに、車椅子を利用する、子どもがいるなど事情もさまざま。ギリギリになって焦らないように、早めの手配を心掛けて。

  • 挙式半年前
  • 挙式3ヶ月前
  • 挙式2ヶ月前
  • ゲスト選び・席次決め
  • ゲストへの依頼
  • 結婚準備全体
  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
  • ダンドリ
Share on>

pagetop