ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【会場選び・指輪購入編】
お金・常識
Share on>

時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【会場選び・指輪購入編】

時間が上手に使える結婚準備ダンドリ【会場

親への結婚報告が無事終わったら、次はいよいよ会場探し。人気のある会場は1年前から予約が入るし、早めに予約すればその後の準備もゆっくりできるので、結婚が決まったら早速スタート。結婚指輪購入は式1カ月前までに手配しよう。

step1:結婚式の会場を検討する

step1:結婚式の会場を検討する

★会場の絞り込み~契約まで1.5カ月は見ておこう
□ 時期やエリア、予算を検討し、どんな式にしたいか彼と話し合う
□ ゲストをリストアップして大まかな人数を把握する
□ サイトや情報誌を見て見学会場を絞り込む
□ 資料請求を行う
□ ふたりが考えていることを親に伝える

★時間がかかるのはココ!
見学する会場を絞り込むのに約1カ月はかかる

[こうして回避]
⇒ふたりの譲れない条件をじっくり決めてから絞り込もう
条件としては会場のタイプ(ホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウスなど)、雰囲気(クラシック、モダンなど)、立地、予算、料理の質など。絶対やりたいことも挙げておこう。

迷ったら「ゼクシィ相談カウンター」を活用してみよう

結婚式の準備で最も時間がかかるのが式場選び。決まらないと疲れてけんかの原因にもなるので要注意。何から始めればよいか分からない場合は、「ゼクシィ相談カウンター」で、ふたりの条件に合った会場を紹介してもらおう。見学の予約や仮予約、キャンセルなどのサポートをしてくれるので手間いらず。

step2:遅くとも式3カ月前までに、会場を見学し決定する

step2:遅くとも式3カ月前までに、会

□ ブライダルフェアや見学の予約を入れる
□ ブライダルフェアや見学に行く
□ 会場を比較検討する
□ 決めた会場を親にも報告し、正式契約する

★時間がかかるのはココ!
見学をし始めて比較検討するのに時間がかかりがち

[こうして回避]
⇒見学の帰りにふたりで話し合いの場を設けみて
複数見学すると、だんだんどこがどうだったか分からなくなる。毎回、見た印象を話し合い、今まで見た会場と比較しよう。チェックポイントをリストにしておくのがおすすめ。

会場見学は第1希望から。迷ったらゲスト目線で考えてみて

ブライダルフェアや会場見学は、無理をしすぎず、彼のペースも確認しながら第1希望からこなしてみよう。最終決定に迷う場合は、ゲスト目線で考えるとよい。「ゲストとして招かれるならどこ?」「どの会場が便利?」「どこの料理を食べてみたい?」などと考えることで、結果としてゲスト満足度の高い式につながる。

step3:最低2カ月前までに、結婚指輪を購入する

step3:最低2カ月前までに、結婚指輪

★指輪の検討~決定まで2カ月は見ておこう
□ 結婚指輪のデザインやショップを検討する
□ 気になるショップの資料を請求する
□ ショップ巡りをする
□ 結婚指輪を決めて刻印を頼み、後日受け取る

★時間がかかるのはココ!
何を刻印するか悩んで時間がかかりがち

[こうして回避]
⇒刻印する日付や名前の入れ方を考えておこう
店員さんに聞いたり、ネットで調べて、先輩たちの入れ方を調べ、自分たちはどうするか候補を挙げておこう。気に入った指輪があったら、その場で刻印できる文字数も確認して。

じっくり考えてから後日あらためて刻印の依頼をしてもOK

刻印は一生残るものなので、その場で安易に決めてしまうと後悔することも。すぐに決まらなかったら、後日でもいいか店員さんに相談し、考える時間をもらおう。

from編集部『優先順位を明確に』

会場選びは、選択肢が多いだけに、絞り込みにも見学にも時間がかかるものと心得よう。絞込み段階では、ネットを活用したり、相談カウンターを使うのも賢いやり方。ある程度絞り込めたら、順番を決めてダンドリよく回ろう。お日柄の良くない日や平日の夜など、会場が忙しくない日を選んで回るのもあり。
ふたりのこだわりの優先順位を事前に話し合っておくと、検討も比較的スムーズになる。

  • 挙式1年前
  • 挙式半年前
  • 挙式・披露宴
  • 結婚指輪
  • 結婚準備全体
  • 結婚式場検討期
  • ダンドリ
Share on>

pagetop