ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 【ふたりの心遣いを感じる】結婚式の作り方
結婚式スタイル
Share on>

【ふたりの心遣いを感じる】結婚式の作り方

【ふたりの心遣いを感じる】結婚式の作り方

居心地のよさ・感謝の言葉・配慮が必要な人へのフォロー……どれもみんなが楽しい一日を過ごすための大事なポイントです。かゆいところに手が届くような気遣いに、ゲストはグッとくるもの。そんな思いやりあふれる結婚式の作り方を考えてみよう。子ども連れも高齢者も、全員が心地よく過ごせる一日はとびきりHAPPY!

<作り方1>~ゲストとの会話を大切に~

ゲストはみんな、新郎新婦と言葉を交わしたいと思っている。実はお出迎えからお見送りまでふれあうチャンスはたくさん。こちらから積極的に機会をつくり、感謝を伝えよう。

[*実例1*]新郎新婦自らゲストをお出迎え

[*実例1*]新郎新婦自らゲストをお出迎

お支度終了後はロビーへ出て、受け付けをするゲストをお出迎え。会話や写真撮影を一緒に楽しみました。(こざくらさん)

★point★
時間があれば控室にこもらず、ゲストの集まる場所へ顔を出してみよう。親族あいさつの場に出向いても好印象

[*実例2*]花嫁の中座中は、新郎の出番!

[*実例2*]花嫁の中座中は、新郎の出番

私がお色直しで中座している間、彼が各卓を回ってごあいさつ。私の友人たちも喜んでいたようです。(カヲルさん)

★point★
お色直しはふたり一緒に中座しなくても大丈夫。新郎の退場を少し後ろへずらし、ゲストと過ごす時間にあてて

[*実例3*]感謝の言葉と共にプチギフトを手渡し

[*実例3*]感謝の言葉と共にプチギフト

お見送りシーンはゲストと会話できる最後のチャンス。プチギフトを手渡しながら、全員にお礼の言葉を掛けました。(翔子さん)

★point★
余裕があればお開き直後の時間も利用して。ロビーやガーデンに場所を変え、ゲストとの撮影などを楽しもう

【Q:どうしてこれがグッとくるの?】

~A:「やりとりができる披露宴」これをゲストは求めている~

新郎新婦とやりとりできることで、ゲストは参加した気持ちになれて、グッとくるもの。テーブルを回る際、「今日はありがとう」と短い言葉を掛けるだけでも大丈夫。「見てもらう」ではなく「話す」を心掛けよう。

【Q:どんなふうに伝えたらいいの?】

~A:会話が楽しめるようにおもてなし演出をアレンジしよう~

例えばウエルカムシーンだと、新郎新婦が会場の入り口でお出迎えするだけでも気持ちは伝わります。デザートはビュッフェにしてふたりがサーブしながら言葉を交わしても。会話中心のおもてなし演出を考えてみて。

~A:空き時間を有意義に活用! 会話の場つくりが大切~

たとえば、花嫁のお支度中やお色直し中は新郎の出番。ひとりでもしっかりあいさつ回りができると好印象。挙式~披露宴の間には、撮影タイムやウエルカムパーティを設け、ゲストとふれあう時間をつくってみては。

<例えばこんなシーンで、心遣いあるふれあいを……>

●ウエルカムタイム 
●ラウンド演出 
●おもてなし演出

<作り方2>~ゲストの「困った」をなくす、おもてなしをしよう~

ゲストの中には体調に不安のある人や、小さな子どもがいる人も。どんな立場のゲストもお招きした以上は心から楽しんでほしいから、安心して過ごせる環境を整えておこう。

[*実例1*]アレルギーに対応した料理やギフトを用意

[*実例1*]アレルギーに対応した料理や

ナッツアレルギーの友人には引菓子の代わりに紅茶を。かなり細かく聞き込み、料理だけでなくギフトにも注意を払いました。(沙季さん)

★point★
アレルギーは命に関わることもあり、確認するのは今や常識。お酒が駄目な人にはノンアルコールのおしゃれなドリンクも用意して

[*実例2*]会場内のベビーベッドでママも赤ちゃんもご機嫌♪

[*実例2*]会場内のベビーベッドでママ

バンケットにベビーベッドを置いてもらえるよう会場に相談。「おかげでゆっくり楽しめた」と赤ちゃん連れのママに喜ばれました。(ようこさん)

★point★
ベッドやベビーカーの持ち込みの他、赤ちゃんや子どもがぐずったらすぐ連れ出せるよう、出入り口近くに席を用意する配慮もおこたりなく

[*実例3*]遠方ゲストのためにシャトルバスのご案内を

[*実例3*]遠方ゲストのためにシャトル

遠方客が多かったので最寄り駅からのシャトルバスを手配。時刻表と乗り場を記した案内状を制作し、招待状に同封しました。(まゆりさん)

★point★
駅から会場が離れているときは、送迎手段の確保が必須。バスの手配やタクシーチケットなど、ゲストがスムーズに来られる配慮を

[*実例4*]「子どもフォトグラファー」にインスタントカメラを贈呈

[*実例4*]「子どもフォトグラファー」

キッズゲストを「子どもフォトグラファー」に任命し、カメラ・腕章・任命書をプレゼント。退屈しないよう頑張ってもらいました。(祐紀子さん)

★point★
子どもが退屈しないよう、活躍の場を用意してあげよう。フラワーガールやリングボーイも子どもや親が喜んでくれる人気のお仕事

【Q:どうしてこれがグッとくるの?】

~A:「来てくださったゲストのために」その思いが届くから~

ゲストの中には妊婦や子ども連れ、持病をお持ちの方も。新郎新婦が前もって会場側にフォローを頼んでおくことで、誰にでも心地よく過ごしてもらえるはず。

【Q:どんなふうに伝えたらいいの?】

~A:子ども連れや妊娠中など気疲れしやすいゲストに配慮を~

小さな子どもがいる人は、周囲に迷惑掛けないかとハラハラ。妊婦さんも急な体調の変化や、料理・飲物にナーバスになっていることも。声を掛ける際に要望を細かく聞いて、安心して来てもらおう。

~A:食べ物や飲物は全ゲストが楽しめるように~

食物アレルギーがある人、アルコールやカフェインが駄目な人、糖分やカロリー制限のある人などには特別な配慮が必要。返信はがきに要望を書き込んでもらい、念のために電話でも確認を。

<例えばこんなシーンやアイテムで心遣いあふれるおもてなしを……>

●招待状で状況の確認や案内の差し込み 
●別室の用意 
●プレゼントの用意

<作り方3>~自分たちらしく、感謝の言葉を伝えよう~

ウエルカムスピーチから謝辞まで、ふたりがゲストに感謝を伝える場面はいくつかある。ふたりの思いを「自分たちの言葉」で語ることが、ゲストの心にグッとくる最大のひけつ。

[*実例1*]短いから伝わった! 彼らしい締めのあいさつ

短い謝辞だけど「よかったよ」とみんなが口々に言ってくれました。この潔さこそが彼。だからゲストの心にも届いたのかも。(久美子さん)

★point★
どんなに素晴らしい謝辞でも借りてきた言葉は届かない。「彼ならこう言うだろうな」と、言葉も内容もその人らしければグッと響く

[*実例2*]ウエルカムスピーチをふたりで行いました

[*実例2*]ウエルカムスピーチをふたり

新郎だけでなく、私もマイクを握ってごあいさつ。「リラックスして楽しいひとときを過ごしてください」という気持ちを伝えました。(あむさん)

★point★
和やかなウエルカムスピーチだと、披露宴も温かい雰囲気に。「おいしい料理を用意しました」などでもOK。ふたりらしい言葉を考えてみて

【Q:どうしてこれがグッとくるの?】

~A:その人でしか表現できない、その言葉がゲストに響く~

何を書いていいか分からず、お決まりの文例通りのスピーチや謝辞になってしまうなんてもったいない。凝った文章でなくても、紙にメモを書いて読んでもOK。かざらないふたりの言葉だからこそ、「感謝」もゲストの心に響く。

【Q:どんなふうに伝えたらいいの?】

~A:形式的なあいさつに“らしさ”を組み入れる~

スピーチは冒頭と締めの言葉さえきちんとしておけば、後はふたりらしく自由にアレンジしても大丈夫。結婚式のテーマや料理に込めた思いなど、伝えたいことを素直なふたりの言葉で話してみて。

~A:言葉だけで表現できないなら音楽や余興などでもOK~

親が好きな曲、友人たちとの思い出の曲などをBGMに取り入れてさりげなく感謝を伝える方法もある。母親にお願いするラストバイトやお世話になった人へのサプライズなど、演出で表現しても。

<例えばこんなシーンで、自分たちらしい言葉で心遣いを伝えて……>

●ウエルカムスピーチ 
●新郎謝辞

from編集部『想いを上手に行動で表してみて!』

ちょっとしたことでいいんです。ゲスト一人一人にふたりからの心遣いを感じてもらえるかが、カギ。ふたりが自分の参加を楽しみにしていたことを伝えることで、ゲストは幸せな気分になって、グッとくるんです。
結婚式を通して「人となり」「つながり」「心遣い」をどのように伝えるか。難しいことは考え過ぎず、素直な気持ちを表現しましょう♪

※この記事のデータやコメントは、2014年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー227人が回答したアンケート、および「マクロミル」の調査に1000人が回答したアンケートによります。

  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 温かい
  • きちんとしている
  • もてなし
  • 細やかな気遣い
  • テンションあげたい
  • 楽しく読む
  • ウエルカム演出
  • 宴中の余興・盛り上げ演出
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop