ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ウエルカムボード
  5. かんたん♪ かわいい♪ 手作りウエルカムボード カタログ
演出アイテム等
Share on>

かんたん♪ かわいい♪ 手作りウエルカムボード カタログ

心温まる手作りのウエルカムボードで、大切なゲストをお迎えしてみませんか? レースやリボン、フレームなど、自分好みの素材を使えば、オリジナリティーあふれるステキな空間を演出できるはず♪ 誰でも簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみて!

アンティークな雰囲気にマッチする、フリルレースのエレガントボード

アンティークな雰囲気にマッチする、フリル

用意するもの

【材料】枠と文字を印刷した紙(A5)/厚紙(27cm×21cm)/幅違いのフリルレースリボン(幅50mm、24mm、20mm)各110cm/パール(6mm)120個/パール(5mm)140個/テグス
【道具】接着剤/両面テープ/はさみ/ビーズ通し

【作り方】
1. A5サイズの中紙に Welcomeやふたりの名前、日付などの文字を印刷してから、厚紙の中央に両面テープで貼り付ける。

2. 厚紙の一番外側は、3種類の中で最も幅の広いフリル状のレースリボンを厚紙の端に沿わせながら、両面テープで貼っていく。貼ったレースの縁に沿うように、両面テープで2番目の太さのレース、さらに最も細い3番目のレースを2番目に沿わせて貼っていく。

3. パールはビーズ通しを使って、必要なおおよその長さを測っておいたテグスに通す。テグスの端は固結びを2回して留める。

4. 貼ったレースの縁が隠れるように、6mm玉のパールを通したテグスを接着剤でぐるりと貼る。そのパールの内側にぴったり沿うように、5mm玉のパールを通したテグスも貼っていく。

費用:3000円
製作時間:90分
製作:プティラブーシュカ(判治ミホ)

スイングする天使が目をひく、壁を彩るシアター風デザイン

スイングする天使が目をひく、壁を彩るシア

用意するもの

【材料】フレーム(27.5cm×36.5cm)/ジョーゼットの布(35cm×90cm)/モチーフを印刷した紙/アルファベットチャーム7個/竹串7本/糸(白、黒)/ビジューチャーム2個/マスキングテープ/画びょう5個
【道具】はさみ/接着剤/針

【作り方】
1. ジョーゼットの布のセンターに、ぐし縫いを施す。ぐし縫いした糸をキューッと引っ張ってギャザーを寄せてから、糸の端を玉留めする。

2. フレームの裏側の上部センターに、画びょうで布を取り付ける。布の上部左右も留め、カーテン風に折り返して下部も留める。

3. 各アルファベットチャームの裏に、竹串を接着剤で付ける。竹串は凹凸の先端をカットした、つまようじでも可。フレーム裏側の下部に、文字のバランスを見ながら竹串を貼っていく。貼り直しが利くようマスキングテープを使うのがお勧め。

4. 印刷したエンジェルなどのモチーフを切り取る。絵よりも一回り大きく、背景を残しながら緩くカットするのがポイント。モチーフの裏側に、つるすために使う黒い糸をマスキングテープで取り付ける。

5. 表から糸が見えるように布とフレームの間に糸をくぐらせてから、フレーム裏側でマスキングテープでとめていく。表から全体のバランスを見て、モチーフの合間に飾り用のビジューチャームを、ちぐはぐな長さでぶら下げていく。

費用:4000円
製作時間:60分
製作:プティラブーシュカ(判治ミホ)

クラシカルな会場に映える、ビンテージLOOKなウエルカムボード

クラシカルな会場に映える、ビンテージLO

用意するもの

【材料】額(A4)/アーティフィシャルフラワー2種類/文字と飾りを印刷した厚紙/凹凸のある画用紙
【道具】はさみ/ワイヤー用ペンチ/接着剤/両面テープ

【作り方】
1. 厚紙にお好みの文字と飾りを印刷。枠に沿って、はさみでカットする。アーティフィシャルフラワーは、長さのバランスを見ながら、ペンチでカット。

2. 印刷した紙と、上下1cmほど大きめに切った凹凸のある画用紙を、両面テープで貼り合わせる。画用紙の左右にはV字の切り込みを入れる。

3. カットした花を花束に見えるように適度にまとめ、額の左下の角に内側から接着剤で貼る。額の左上の内縁に、カットしたV字のくぼみを合わせてやや斜めに傾けた紙を接着剤で貼る。

費用:1万円
製作時間:30分
製作:花嫁アトリエ by AYANO TACHIHARA Wedding Design

ヌードカラーのリボンフリンジで、大人スイートな仕上がりに

ヌードカラーのリボンフリンジで、大人スイ

用意するもの

【材料】額(25 .4cm×34.7cm)/リボン(幅36mm)60cm 3色 10本/リボン(幅24mm)60cm 3色10本/リボン(幅12mm)60cm 3色10本/印刷した紙(A4)/ワイヤー(25番)7本
【道具】裁ちばさみ/ワイヤー用ペンチ

【作り方】
1. 数本のリボンはランダムな長さでまとめて半分に折り、中心をワイヤーで3~4回ねじって留める。額の裏ぶたを外し、7セット作ったリボンのワイヤー部分を額の下縁に渡し、3~4回ねじってくくり付けていく。

2. リボンの先を裁ちばさみで斜めにカット。切る際の向きは右下がりと左下がりをランダムに。

3. ねじって留めたワイヤーは、額の縁の幅くらいの長さを残して切り揃え、先端を額の縁に沿うように内側に折り込んでおく。

4. Welcomeなどの文字(今回の印字はオリーブ色)を印刷した紙を入れ、額の裏ぶたを閉じる。

費用:8000円
製作時間:60分
製作:花嫁アトリエ by AYANO TACHIHARA Wedding Design

流木風のボードが、ナチュラルなパーティの幕開けを予感させる!

流木風のボードが、ナチュラルなパーティの

用意するもの

【材料】木の板(縦35cm×横100cm)/白のプリザーブドフラワーと木の板の縁を飾るようのプリザーブドフラワー/文字を印刷した紙
【道具】はさみ/カッター/カッティングマット/グルーガン/スプレーのり

【作り方】
1. 板のサイズに合うように印刷したWelcomeの文字を、1文字ずつカッターで切る。

2. 白のプリザーブドフラワーは、花の部分だけを使用。Welcomeと切り抜いた画用紙の上に並べるために使用するので、細かく切っておく。

3. バランスを見ながら板に文字を並べ、位置が決まればスプレーのりで貼っていく。

4. 紙の文字の上とボード上下に、グルーガンで花を付ける。

費用:9000円
製作時間:120分
製作:川島ゆき

リボンとレースのコラージュが、優しく清楚な雰囲気を演出

リボンとレースのコラージュが、優しく清楚

用意するもの

【材料】レースペーパー(直径20cm)2種類、(直径10cm)1種類、(直径15cm)3種類、(直径12cm)1種類/木製パネル(B3)/マスキングテープ/リボン(幅10mm)500cm/文字を印刷した紙(A4)/画びょう12個/飾りびょう12個/水彩紙(B3)
【道具】カッター/カッティングマット/定規/両面テープ/スプレーのり

1. レースペーパーの裏にスプレーのりを吹き掛け、レース模様が見えるように大小を重ねて水彩紙に貼っていく。

2. 木製パネルの四隅と中央に両面テープを付け、レースペーパーを貼り付けた水彩紙を貼り付ける。はみ出したレースペーパーの縁にボードの厚みより幅の広いマスキングテープを貼っていき、裏側へ折り込みながら留める。

3. レースペーパーの上にV字にリボンを渡していく。折り返す地点では、裏側を画びょうで留めておくとずれずに進められる。リボンが端まで行ったら、格子になるように逆V字で折り返す。両面サテンなど、表裏の生地が同じリボンを使うときれい。

4. リボンが交差するポイントにアンティークピンなどの飾りびょうを刺す。板が堅い場合は、あらかじめ目打ちで穴を開けておく。

5. WELCOMEやイニシャルなどを印刷した紙を、カッターで切り取る。少し斜めになるようアシンメトリーなバランスで、紙をリボンの間に差し込む。強く固定したい場合は、両面テープで貼る。

費用:2000円
製作時間:60分
製作:m&m&m’s

お皿を使ったニュースタイルのボードは、料理好きなふたりにぴったり!

お皿を使ったニュースタイルのボードは、料

用意するもの

【材料】穴の開いたお皿(直径20cm)/リボン(幅15mm)130cm/ゴールドの水性顔料インクのペン/ラインストーン3個
【道具】接着剤/ネイルリムーバー/ピンセット/はさみ

【作り方】
1. 穴を縫うようにドットのリボンをお皿に通していく。リボンの幅は穴のサイズと同等だとなじむ。リボンが一周したら、長さを均等にしながら、端と端をちょう結びにする。

2. お皿に直接、文字を書く。ネイルリムーバーで消せる、水性顔料インクのペンがオススメ。

3. ネイルアート用などの小粒のラインストーンを、文字の上など好みの場所に接着剤で付けていく。リボンの長さは文字に掛かるギリギリくらいが好バランス。端は斜めにカットして。

費用:2000円
製作時間:15分
製作:akiko(Lafu)

温かい気持ちが伝わる、毛糸で描いたもこもこのメッセージ♪

温かい気持ちが伝わる、毛糸で描いたもこも

用意するもの

【材料】のり付きスチレンボード(B4)/英字新聞1枚/毛糸3m/マスキングテープ
【道具】はさみ/グルーガン

【作り方】
1. 英字新聞がボードのベースになるので、柄のバランスを見ながらのり付きのボードに貼る。ボードからはみ出した部分は裏に折り返し、マスキングテープでぐるりと留める。

2. Welcomeなどの文字を鉛筆で下書きする。毛糸の滑らかな動きを考えた筆記体がグッド。

3. 毛糸の始点をグルーガンで留め、下書きした文字をなぞりながら、一筆書きのイメージで留めていく。毛糸は太めの方が、接着しやすく字も読みやすい。

費用:1000円
製作時間:30分
製作:川島ゆき

イニシャルとユニーク写真で、ふたりの個性をアピール☆

イニシャルとユニーク写真で、ふたりの個性

用意するもの

【材料】黒板(42cm×30cm)/ふたりの写真/アーティフィシャルフラワー1本/水性顔料インクのペン3色/チョーク1色
【道具】はさみ/グルーガン/スティックのり/両面テープ

【作り方】
1. 飾りたい写真を選び、黒板に映えるように背景や縁を少し残したままはさみで切り抜く。

2. 写真のポージングや動きに合わせて、チョークでイニシャルなどを下書きする。写真の裏に両面テープを付けて、黒板の好きな場所に貼っていく。細部はスティックのりを使うと仕上がりがきれいに。

3. 下書きしたイニシャルを水性顔料インクのペンで色付けし、花の部分だけをカットしたアーティフィシャルフラワーを、グルーガンで縁の右下に接着する。最後にWelcomeなどの文字を書けば完成。

費用:2200円
製作時間:30分
製作:akiko(Lafu)

from編集部『本番終了後はぜひ、お部屋に飾って♪』

お手製のウエルカムボードからは、手作りならではのぬくもりが伝わってきます。式の後もお部屋に飾れば、インテリアとしてだけでなく、大切な思い出の品として、いつまでも幸せな気分にさせてくれそうですね☆

撮影/酒井貴生(aozora)

  • 演出・アイテム
  • 結婚準備全体
  • ナチュラル
  • もてなし
Share on>

pagetop