ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. これでスムーズ&ムダなし! ブライダルフェア活用術
結婚式スタイル
Share on>

これでスムーズ&ムダなし! ブライダルフェア活用術

会場選びをする際に絶対に外せないのがブライダルフェア。でも、何も準備をせずにやみくもに出掛けても、ムダ足になってしまうことも……。ここでは、ブライダルフェアを効率的に回って、スムーズに希望通りの会場を見つけるコツを、参加前、当日、参加後のタイミング別にご紹介!

【参加前】やっておきたいこと

具体的な検討ができるよう、しっかり準備を!

リスト

1)まずは「招待客数」、「予算」、「日取り」を決める

参加前に絶対に決めておきたいのは、「招待客数」、「予算」、「日取り」の3点。この3点が決まっていないと、具体的にどのバンケットがいいかなど検討ができず、下見があいまいになる可能性が……。まずはおおよそでいいので招待客数と予算、日取りをふたりで決めて、フェアに臨むのが大切。

2)フェアに行く会場を決め、回るスケジュールを立てる

次は、フェア巡りのスケジュールを立てよう。1日に回る軒数は同一エリアで2~3会場がおすすめ。会場によりフェアの内容が異なるので、試食会やドレスショーなど、お目当てのイベントに参加できるように、スケジュールを組むといい。予約が必要な会場には予約を入れて。各会場間の交通アクセスや所要時間なども調べておこう。

3)「チェックリスト」を作って当日の確認漏れを防ぐ

事前にできるとベストなのが、「下見チェックリスト」。会場までの交通アクセス、挙式会場の規模や雰囲気、会場施設(駐車場やトイレ、待合室など)の充実度、披露宴会場のコーディネート、料理、演出、費用など、自分たちが気になる項目をリストアップして。

さらに、こだわりたいことを明確にしておくと、迷ったときの判断基準になる。結婚式のイメージややりたい演出などを固めておくと、より具体的な視点を持ってフェアを見ることができる。

こうしてスムーズ&ムダなし!

花嫁1

人数によって使用できる会場・バンケットが異なるので、おおまかでもいいので招待客数を決めて会場に行った方がいいと思います(実咲さん)

花嫁2

ゲストにおいしい料理を提供したかったので、最初から試食があるフェアに行きました。会場ごとに料理の味が比較でき、会場選びの目安になりました(優佳さん)

花嫁3

気になるところや見たいところなどを事前にリストアップしておくと、たくさんの情報の中から何が自分たちにとって重要なのか見極めやすくなりますよ(Miyuさん)

花嫁4

見積りに入れてもらう項目をリストにして、どの会場の見積りも同じ条件で出してもらえるようにしておくと、比較しやすいと思います(eveさん)

「いろいろ考えるのが面倒くさい」という人はとりあえず行ってみるのもあり

ブライダルフェアについていろいろ調べてみても、いまひとつ実感が湧かないという人は、“とりあえず一度足を運んでみる”というのもあり。実際に行ってみると、フェアの雰囲気も分かるし、どんなことを決めていった方がいいのかも体感できる。夕方から夜にかけて行われるミニフェアなどは、仕事帰りなどに気軽に行けるのでおすすめ。また、参加は一人でも彼以外とでもOK! 気の置けない友人や姉妹、母などを誘って行ってみては?

【当日】気を付けたいこと

リストを使ってのチェックで再確認の手間を省く!

ウエルカムボード

1)効率のよい回り方を考える

フェアに訪れたら、まずは会場の見取り図やプログラムをチェック。どうやって回ったら効率的かを最初に確認する。ふたりだけで気楽に回りたいという人もいるだろうが、スタッフに案内してもらった方が効率的に回れるはず。

2)チェックリストで確認しながら会場を回る

見学をする際は、事前に作っておいたチェックリストを確認しながら回るのがおすすめ。新郎新婦目線はもちろん、親やゲストの立場に立って、考えてみることも忘れないで。回りながら、質問や疑問に思ったことなどを、遠慮せずにどしどし聞いていく。聞いたことはメモを取っておくと、あとで記憶があいまいになったときに役立つ。また、エントランス、ロビー、挙式場、会場、控室、ガーデンなど、会場の写真を撮っておくと、比較検討する際に便利だ。

3)見積りを作ってもらう

ひと通り見て回ったら、リストで確認漏れがないかどうかチェックする。すべてしっかり見終わったら、見積書を作ってもらおう。見積書作成の時は、できるだけ具体的に依頼をするのがポイント。衣裳点数ややりたい演出などを伝えて、できるだけ見積りに盛り込んでもらうといい。

また、気に入った会場があったら、仮予約ができるか確認しよう。仮予約の期間は会場によって異なるが5日~1週間が一般的で内金が必要。仮予約中に他のフェアも周り、比較検討することもできる

こうしてスムーズ&ムダなし!

花嫁6

場の雰囲気に流されず、本当に自分が気になっていることは遠慮せずに聞きましょう(cocoさん)

花嫁7

トイレや喫煙所の場所、会場の状態など、ホームページやパンフレットではわからないところをチェック。また、駅から会場まで、ゲストが歩く道も確認しました(緑さん)

花嫁8

最寄り駅を降りた瞬間からゲストの気持ちになって会場へ。カメラとノートを持参し、思ったことや気づいたことをすべてメモしたのが役立ちました(かにこさん)

【参加後】すること

印象が薄れないうちに比較検討して会場を決定、予約!

カップル

1)見学直後にふたりで会場の評価をする

ブライダルフェアに参加した後は、印象が薄れないうちに、ふたりで会場の評価を行っておこう。時間が経つと忘れてしまい、「もう一度行かなくちゃ!?」なんてことにならないとも限らない。会場ごとに点数をつけるなどすると、あとで比較しやすい。

2)すべての会場を回ったら比較・検討して本命会場を絞り込む

目当ての会場をすべて回り終わったら、比較・検討をして本命会場を絞り込む。この段階で一度親の意見を聞いておくといい。親の賛同も得られて、会場が決まったらいよいよ予約を。いきなり本予約を入れてしまうのが不安という人は、仮予約をして様子をみてもいい。

3)契約をする

本契約は会場に実際に出向いて行う。予約金(会場によって異なるが10万円程度)を支払い、申し込み用紙に記入する。本契約が済んだら、あらためて両家の親に報告。結婚式に向かって、本格的に準備を進めていこう!

こうしてスムーズ&ムダなし!

花嫁9

その日のうちにお互いが思ったことを話し合い、ノートにまとめました。費用や交通アクセス、料理など項目ごとに分けたので、あとで比較しやすかったです(笹の葉さん)

花嫁10

見学当日に契約をすると特典が付くと言われても、決めかねているようなら仮予約にとどめるのがおすすめ。親へ報告相談してから本契約をした方が、結局はムダが省けると思います(咲羅さん)

花嫁11

その日を振り返りながら次の予定を確認。さらに、この日までには決めたいという日時をふたりで確認し合い、会場選びが間延びしないように心がけました(ちーほさん)

花嫁12

お互いにいいと思ったところ、嫌だと思ったところを具体的に話し合っておくと、ふたりの意見を合わせやすいと思います(RKさん)

From 編集部

ムダを省くにはタイミング別にやることをしっかり把握して!

ムダを省いて効率良くフェアを回り、スムーズに会場を決定するには、フェアに参加する前、フェア当日、フェアに参加した後、それぞれのタイミングで何をするべきなのかをしっかり把握し、漏れなく行うことが大切。

とくに大切なのは事前の準備。下調べをしっかりして、チェックするポイントを事前に考え、ふたりのこだわりを明確にしておけば、回る時間も短縮できるし、後で比較する際もスムーズ! きっと理想の会場が見つかるはずですよ!

文/粂 美奈子 構成/松隈草子(編集部)
※この記事に掲載のコメントは2016年6月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー111人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2016年8月時点のものです

  • 結婚準備全体
  • 結婚式場検討期
  • きちんとしている
  • ふたりらしい
  • 定番
  • 安心したい
  • さくさく読む
Share on>

pagetop