ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 先輩カップル6組の“胸キュン”リングStory
ジュエリー
Share on>

先輩カップル6組の“胸キュン”リングStory

みんなどんなふうにもらった? どんな想いを込めた? やっぱり気になる、他のみんなの「運命のリングの見つけ方」。ここではひと足お先に胸キュンな指輪と出合った、先輩カップルのとっておきのリングStoryをご紹介。あやかりたくなること必至です♪

2つのリングの輝きに秘められた幸せサプライズ

2つのリングの輝きに秘められた幸せサプラ
2つのリングの輝きに秘められた幸せサプラ
2つのリングの輝きに秘められた幸せサプラ

婚約、結婚式の日取りも決定済みのふたり。「でも、彼女にきちんとした形でプロポーズできてなかったんですよ」と広和さん。そこで、さりげなく裕子さんを誘いテーマパークにデートへ。パーク内のお城の前で、おもむろにひざまずき、彼女の手をしっかりと握りながらプロポーズ。はじめは驚いていた裕子さんも、徐々に広和さんの言葉を噛みしめ、涙と笑顔のサプライズが成功! 彼女の指輪のサイズを聞くために、彼の母親から事前に譲られた大粒パールの指輪と、エンゲージが並んで宝石箱に。「どちらも素敵でサイズまでぴったり、嬉しかったです」(裕子さん)。通行人からも盛大な拍手で祝福を受けた感動の瞬間は、一生輝き続けるふたりの宝物!

〈写真1枚目〉〉
友人スタッフ8名とたくさんの観衆に見守られながら渾身のプロポーズ。「事前にロケハンまでした甲斐がありました!」(広和さん)

〈写真2枚目〉
[上]裕子さんの理想にぴったりのシンプルな婚約指輪。[下]もともと贈るつもりでサイズも確認していた、広和さんママ譲りのパールリング

〈写真3枚目〉
井出裕子さん、金子広和さん
出会いは広和さん主催のパーティ。「彼女を見た瞬間ビビッときた」という彼の猛プッシュで交際がはじまり、半年後に婚約へ

リングが完成した日、一枚のチケットが導いた感涙の思い出

リングが完成した日、一枚のチケットが導い
リングが完成した日、一枚のチケットが導い
リングが完成した日、一枚のチケットが導い

麻耶さんこだわりのショップでフルオーダーした結婚指輪が、ついに完成したその日。待ち合わせしたはずの婚約者、和弘さんはなぜかお店に姿を見せず……。「不安になっていたら、スタッフの方が大好きなテーマパークのチケットを手渡してくれたんです。もちろん彼の計らいでした」(麻耶さん)。慌てて現地に到着すると、そこにはリングを持った彼が! 「一生の記念なので、思い出に残る渡し方をしたかったんです」。そんな和弘さんの思惑通り、「びっくりしたけど思わず感極まり、ふたりで泣いちゃいました(笑)」と麻耶さんは大感激!

〈写真1枚目〉
プロポーズとともに婚約指輪が贈られた、サプライズで用意していたテーマパーク近くのホテルの部屋。「一緒に選んだからこそ、贈り方には凝って彼女を喜ばせたかった」と和弘さん

〈写真2枚目〉
[上]セミオーダーでつくった婚約指輪も、和弘さんが内緒でリザーブしていたホテルの部屋であらためて贈られたもの。[中・下]ふたりの結婚指輪の内側には、一石のダイヤモンドを2つに分けたシークレットストーンが埋め込まれ、永遠の絆を象徴

〈写真3枚目〉
小林麻耶さん、和弘さん
高校時代のバイト先が同じで、当時から麻耶さんに片思いをしていた和弘さん。数年後に再会し、友だち関係を経てめでたく恋人同士に

「誕生日ダイヤ」とふたりの記念の数字が絆の証しにきらめいて

「誕生日ダイヤ」とふたりの記念の数字が絆
「誕生日ダイヤ」とふたりの記念の数字が絆
「誕生日ダイヤ」とふたりの記念の数字が絆

せっかくだから、より愛着の持てる婚約指輪が欲しい。そんな枝里子さんの希望に応え、彼女の誕生日である4月21日にちなんだ「0.421ct」のダイヤモンドを探し求めたふたり。数カ月に及ぶリサーチの結果、ようやく取り扱いのあるショップを発見! 「こうなったら結婚指輪も、と思いまして」(博司さん)と、結婚指輪にもひと工夫することに。博司さんの誕生日も12月21日、交際記念日が3月21日と、ふたりに何かと縁のある「21」個のメレダイヤが並んだフルエタニティリングを彼女にチョイスしたそう。「ふたりのリングの内側にも同じ数字を刻印しました。私たちのラッキーナンバー、これからも大事にしたいな」(枝里子さん)。

〈写真1枚目〉
ふたりが何カ月も探し回り、ようやく見つけた愛着たっぷりの「誕生日ダイヤモンド」。鑑定書にも0.421の数字が誇らしく輝いて

〈写真2枚目〉
[左]0.421ctの存在感あるきらめきに彼の想いがぎゅっと詰まった婚約指輪。[中・右]ふたりの特別な思い出の数字「21」にちなんだ結婚指輪。どちらのリングにも、内側には数字と共に「共に歩もう」という意味のイタリア語が刻印されている

〈写真3枚目〉
井上枝里子さん、博司さん
自ら主催した合コンで枝里子さんに一目惚れした博司さん。その熱意と人柄に「この人なら」と彼女も心を開き、現在結婚2年目

NY仕込みのセンスと愛社精神(?)がキラリ、自慢のリング

NY仕込みのセンスと愛社精神(?)がキラ
NY仕込みのセンスと愛社精神(?)がキラ
NY仕込みのセンスと愛社精神(?)がキラ

プロポーズはニューヨークのタイムズスクエアで、見事サプライズに成功! そんな洋介さんの結婚指輪は表面のカッティングがおしゃれなゴールド、彼女はプラチナの素材違いと、その卓越したセンスは周囲からの評判も上々。そして内側の刻印はなんと「会社のメールアドレスです(笑)。同じ会社にいたからこそ出会えた幸せを忘れないように」(智紗さん)とのこと。仲の良さが伝わってきます!

〈写真1枚目〉
NYタイムズスクエアの電光掲示板に映し出された「Will you marry me?」の言葉とふたりの写真。彼女は大喜びで「Yes」!

〈写真2枚目〉
光線によって表情を変えるスタイリッシュな結婚指輪。「彼のゴールドがあまりに褒められるのでうらやましいです」と智紗さん

〈写真3枚目〉
霜鳥洋介さん、智紗さん
会社の同期として5年ほどは同僚同士の付き合いだったふたり。引っ越しでご近所さんになったのがきっかけで、晴れて恋人同士に

思いがけない贈り物。そのまばゆい輝きに彼の大きな愛を感じて

思いがけない贈り物。そのまばゆい輝きに彼
思いがけない贈り物。そのまばゆい輝きに彼

「結婚が決まったとき、婚約指輪はいらないって言ったんです」と杏里さん。けれど康平さんは「彼女にもあの『指輪パカッ!』のシーンを経験してほしくて」と彼女に秘密で指輪を用意し、あらためてプロポーズを。そして贈られたのはなんと1ctを余裕で超える大粒ダイヤの婚約指輪! 「いつも私のことを一番に考え、態度で示してくれる彼の気持ちが本当に嬉しいです」と大感激の杏里さんだ。

〈写真1枚目〉
目を見張るほど大粒の美しいダイヤモンド。内側にはふたりの好きなボブ・マーリーの名曲『One Love』の刻印が。

〈写真2枚目〉
森田康平さん、杏里さん
ラッパーの彼とシンガーの彼女。音楽を愛するふたりはいつも一緒。現在は都内に構えたタイ料理屋を夫婦で仲良く切り盛りしています。

from編集部『リングにつまった、100カップル、100個のストーリー』

人生最大級の一大イベント、結婚。そんな結婚のスタートを飾る大切なリングとの出合いには、どの先輩カップルにもそれぞれふたりだけの素敵なストーリーがありました。あなたにはどんなリングストーリーが理想? どんなリングストーリーがありますか? これからの人はぜひ紹介したストーリーを参考にふたりだけの胸キュンリングを手に入れて!

撮影/藤田忠士
※掲載情報は2015年1月時点のものです

  • プロポーズ
  • 結婚指輪
  • 婚約指輪
  • アイテム検討期
  • ふたりらしい
  • ほっこりしたい
婚約・結婚指輪を探してみる
Share on>

pagetop