ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪・結婚指輪
  5. 教えて先輩! エンゲージ&マリッジリングの紛・失・対・策!
ジュエリー
Share on>

教えて先輩! エンゲージ&マリッジリングの紛・失・対・策!

教えて先輩! エンゲージ&マリッジリング

ふたりの絆の証し・結婚指輪&婚約指輪。あなたはずっと着けている派? それともしまっておく派? どのタイプであっても、“大事な指輪を末永く大切にしていきたい”という気持ちはみんな共通ですよね? ここでは、そんな大事な指輪を万が一の紛失から守るための方法を伝授。先輩夫婦の実体験もまじえて、紛失対策までアドバイスします!

予想通り? それとも意外? 指輪の紛失経験率

先輩夫婦を対象に実施したアンケートによると、全体の約1割が紛失経験ありと回答。さすが生涯をともにする大切な指輪。一般的に約2割程度といわれている、携帯電話の紛失経験率よりさらに低い結果になっています。でも10人に1人が経験ありということは、紛失の可能性は万が一じゃなくて10分の1の確率!? これはちょっと人ごとじゃ済まない確率かも?

紛失原因の1位は「不明」。水関連のシーンにも注意したい

紛失原因については「気付かないうちに」「いつの間にか」など、具体的な場所や時間が分からず、探そうにも探せなかったという先輩夫婦が実はもっとも多いことが判明! これはもう残念ながら諦めるしかないパターン……。
ずっと着けている派の場合は「給油後の手洗いの際、腕を振り上げたら飛んでいった」(男性・39歳・福岡県)、「妊娠中きつくなって外したらそのまま……」(女性・62歳・奈良県)などふとした瞬間に外れてしまったり、外してしまったりしてなくしてしまった模様。しまっておく派は「どこにしまったか忘れた」(女性・63歳・東京都)としまい場所を思い出せないパターンが最多でした。
地味に目立ったのが「海水浴中」(女性・42歳・大阪府)、「子どもをお風呂に入れていて」(男性・58歳・福島県)など水にまつわるシーンでの紛失。長時間水と接することが分かっているときは、事前に外して安全な場所に保管した方がベターといえますね。

なくしちゃったら素直に相手に報告が吉!

紛失の報告を配偶者にしたのは全体の8割で、ほぼ全員が口頭で直接伝えたそう。気になる相手の反応は……。
「驚いていたが仕方ないねと言ってくれた」(女性・37歳・神奈川県)、「少し残念がったがしょうがないと諦めてくれた」(男性・54歳・大阪府)など多くは冷静に受け止めてもらえたよう。反対に、「あきれていた」(女性・58歳・石川県)、「残念がっていた」(男性・63歳・三重県)など胸が痛い反応もチラホラ。
ユニークなところでは「また買えばいいやん! と言ってくれた」(男性・39歳・福岡県)、「今回は仕方ないとその後もう一度プレゼントしてくれた」(女性・42歳・滋賀県)と前向きに話が進んだ例も!
相手の反応は紛失の状況や理由によるところが大きいとはいえ、間違いなく共通して言えるのは“紛失したら素直に口頭で報告する”ということ。もしものときは勇気を出して早めに報告して!

サイズ選びと置き場所に配慮することが対策に

紛失を防ぐ方法は「サイズ選び」と「置き場所の固定」の2点に集中!
サイズについては「自分の指のサイズに合ったものを選ぶこと」(女性・36歳・千葉県)、「仕事等で指輪を着けていてもいい環境ならきつめの物にした方がいい」(女性・35歳・愛知県)とジャスト、もしくは少しきつめをというアドバイスが大多数。きちんとサイズの合った指輪なら外さない、外れにくい=なくさないという図式みたい。
置き場所の固定はなくし物の対処法としても大定番。置き場所を決めることで物をしまう定位置を作る“固定ロケーション”は今すぐ取り入れたい。「外では外さない。家ではいつも同じ場所に置く」(女性・32歳・東京都)、「外した場合は目につく決まった場所に」(女性・44歳・愛媛県)と、固定ロケーションに加えてできるだけ外さなかったり、常に目に入る所を置き場所とするなど二重で対策する方法をおすすめしてくれた人も。
意見をまとめると、紛失の可能性をできるだけ減らしたいなら、「サイズはぴったり、もしくはきつめ。置き場所はいつも目に留まる〇〇に」がベスト。これさえ守れば、なくしちゃったらどうしよう? なんてモヤモヤからさよならできますね♪

紛失対策、先輩からの実践アドバイスをまとめました!

●仕事の時外さなければならないが、外したら必ず財布に入れていた(女性・25歳・福岡県)
●変形予防に外した場合はそのままポケットに入れたりせず財布等にしまう(男性・65歳・三重県)
●食器洗いなどで指輪が当たるのが嫌で外していた(ちゃんと置く場所も決めて)のですが、なくして再購入後は外していません。食器に当たる感覚もすぐ慣れるので、できるだけ外さない方が良いと思います(女性・37歳・神奈川県)
●大事な指輪なので特別なとき以外はしまってある。普段は別の指輪をおそろいで着けています(女性・43歳・千葉県)
●値段が張っても気に入った良いものを買うこと。そうすればきっと大切にしてなくさないのでは(女性・62歳・奈良県)

from編集部『衛生などの観点からは……』

汗をかきやすい夏や口に入れるものを扱う調理など、衛生などの観点から見て細菌が心配なシーンでは外すという考え方も。そのようなシーンで外した場合でも、置き場所は紛失予防のためにいつもの場所に! ぜひ実践してくださいね!

取材・文/松隈草子(本誌)
※この記事に掲載のデータ・コメントは2014年10月に既婚男女413人を対象に行ったマクロミルのインターネット調査によります

  • 結婚指輪
  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • 安心したい
Share on>

pagetop