ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. ゲストに聞いた! 「料理・ドリンク」でできれば気にしてほしいこと
結婚式スタイル
Share on>

ゲストに聞いた! 「料理・ドリンク」でできれば気にしてほしいこと

ゲストに聞いた! 「料理・ドリンク」でで

結婚式でゲストへのおもてなしの要となる料理。ゲストからの期待度も高い分、配慮不足だとがっかりさせてしまうことも。そんな花嫁の不安を解消してもらうべく「できれば気にしておきたいこと」をアドバイス♪ ポイントを押さえて、よりゲストが喜ぶおもてなしに挑戦しよう!

お酒好きが多いならフリードリンクの種類を増やすのもあり!

ドリンクのバリエーションはあまり気にしていないゲストが多いものの、ゲストの好みや顔ぶれ、料理、予算を考慮して種類をプラスすると満足度がUP! 60代の男性には日本酒、女性にはカクテルを用意すると喜ばれる可能性が高い。さらに、お酒が飲めなかったり、妊娠中のゲストがいるならノンアルコールカクテルの用意を。「気が利いている!」と思ってもらえるポイントに。

[これがゲストの本音!]
●ノンアルコールのカクテルは準備しなくてOK……83%
「あれば気が利いていると思うけどジュースで十分」と一段上のサービスの印象。

●焼酎や日本酒はなくてもいい……80%
「別に飲み会じゃないから」「食事に合わせて用意してくれるとうれしいが、なくてもいい」などの意見。

●カクテルはなくてもいい……77%
「なくても気にしない」という意見が多いが、「甘いお酒はあるとうれしい」と20~30代の女性ゲストは歓迎。

質か量ならやっぱり質。味や見た目にこだわるとゲストの気持ちも盛り上がる

料理は量が多すぎると、年配ゲストや女性ゲストは「残すのが申し訳ない」と感じることも。特に妊娠中のゲストは、控えている食材があったり、体重を気にしていることもあるので、量より内容を気にした方がベター。味や食材、盛り付けの特別感を大切にした料理を考えてみて。

[これがゲストの本音!]
●質がいいけど量が少ない料理でもOK……82%
「おいしければ問題ない」「見た目が美しくて普段食べない料理の方がいい」と量より味重視。

from編集部『料理は質! ドリンクは種類を意識して満足度UP!』

ちょっとした特別感のあるおいしい料理とそれに合うドリンクがあれば、ゲストも喜ぶ大満足な結婚式に。ゲストの嗜好(しこう)や年齢を考えて選ぶことも、ゲストへのおもてなしにつながりますよ。

※この記事の内容は、2014年5月に実施したネオマーケティング会員400人へのアンケート調査によるものです。

  • 挙式・披露宴
  • 打ち合わせ開始期
  • もてなし
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop