ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. 手紙・あいさつ・謝辞
  5. スピーチ・謝辞で言ってはいけないNGワード& 気を付けたい表現
お金・常識
Share on>

スピーチ・謝辞で言ってはいけないNGワード& 気を付けたい表現

スピーチ・謝辞で言ってはいけないNGワー

おめでたい結婚式で、縁起の悪い言葉は禁物! ここでは、そんな「言ってはいけない」についてマナー講師・岩下先生のアドバイスとともに簡単にまとめているので、スピーチや謝辞の前にぜひ一度目を通しておいて。事前に原稿を作り、NGワードや表現がないかチェックしておくとより安心。

言ってはいけない「忌み言葉」って、何のこと?

「死ぬ」「苦しい」といった不幸を表す言葉はもちろん、「切る」「別れる」などの破綻や離婚を連想させる言葉、「帰る」など出戻りを暗示する言葉、再婚や不幸の再来を連想させる「重ね言葉」も好まれない。最近は気にしないという人も増えてはきたものの、年配ゲストなどはやはり嫌がる人も多いので、配慮して使用は避けるのがベター。

【忌み言葉の例】
切れる、別れる、壊れる、割れる、つぶれる、離れる、途絶える、破れる、流れる、終わる、滅びる、冷える、消える、逃げる、欠ける、絶える、重ねる、飽きる、帰る、返す、苦しい、薄い、再び、何度も、さらに、再度、ますます、いよいよ、かねがね、重ね重ね、ともども、たびたび、またまた、どんどん、たまたま、もともと、しばしば、くれぐれ、いろいろ、再三、繰り返す

「忌み言葉」、結婚式ではこう言い換えて!

破綻や不幸を連想させる忌み言葉は、ポジティブな響きを持つ他の表現に変える、または、熟語にして意味を消すなどの方法で言い換えが可能。以下のような上手な言い換え方もあるので、参考にして。

【言い換えの例】
ケーキを切る→入刀する
スタートを切る→スタートラインに立つ
終了→お開き
ますますの→末永い

相手の家族の呼び方は? 他に気を付けたい表現ってある?

【相手の家族の呼び方】
スピーチの際には、新しく家族・親族になる相手の呼び方についても迷う人は多いはず。すでに親しい間柄になっている場合もあるけれど、相手側の親族の気持ちを考えると、丁寧に「さん」付けで呼ぶ方が失礼がなく、いい印象を与えられる。

●新郎父が新婦を呼ぶとき
→「○○さん」とさん付けで呼ぶ

●相手の親を呼ぶとき
→「○○さん」とさん付けで呼ぶ


【その他気を付けたい表現】
おめでた婚や再婚の場合は、相手側がゲストに内緒にしているケースも。公表してもいいかどうか、必ず事前に相談しておくのがマナー。スピーチに入れるときは、下記のようなソフトな表現に言い換えると◎

●おめでた婚の場合
→「○○さんのおなかには愛の結晶が宿っております」

●再婚の場合
→「新郎新婦両人とも再婚でございまして、新たな道を歩んできた者同士でございます」

アドバイスをくれたのはこの方

現代礼法研究所/岩下宣子先生
「カタチより真心」をモットーにしたわかりやすく実践的なマナー指導が大人気。『親が読む、子どもの結婚の本』(土屋書店)など、著書・監修書多数。

  • 式直前1カ月前
  • 常識・マナー
  • きちんとしている
Share on>

pagetop