ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. 引出物・引菓子・内祝い
  5. 「引出物」の細か~いお悩みスッキリ解決!
演出アイテム等
Share on>

「引出物」の細か~いお悩みスッキリ解決!

「引出物」の細か~いお悩みスッキリ解決!

結婚式のスタイルの多様化に伴い、引出物にもバリエーションが生まれてきた今日このごろ。何をどう贈るのか、迷ってしまったカップルも多いのでは? マナー講師の岩下先生が教える引出物の基本をここで学び、ふたりらしさを大切にしながらも常識&マナーをきっちり押さえた引出物で、心からの感謝を伝えよう。

お悩み1「引出物は郵送でゲスト宅に直接届けてもいい?」

【押さえどころ】結婚式当日に相手の手元に届いていることを大事にしよう

ゲストが帰宅したとき、引出物が届いているように日時指定をして発送。引出物は出席してくれたことへのお礼なので、宅配サービスを利用する場合は、当日届くように発送を。また、引菓子には「ご家族の皆さまで召し上がってください」という意味もあるので、家に着いたときに届いていると喜ばれる。

お悩み2「プチギフトも引出物の一つに数えてもいいの?」

【押さえどころ】プラスで渡す感謝の形という意味に捉えて

プチギフトと引出物は別物。大半が用意しているがマストではない。プチギフトはテーブルサーブやお見送りのときに渡す気持ちの印なので、必ずしも用意しなくてよいアイテム。一方、引出物は頂いたお祝いへのお返しの意味があるので、必ず用意する品物と考えよう。

お悩み3「カジュアルな結婚式。引出物は縁起を気にした方がいい?」

【押さえどころ】地域や家のしきたりに関わる部分は重んじるべし

親に確認した上で、問題がなければ特に気にする必要はなし。割れ物や切れ物など引出物にふさわしくないものを嫌う親もいるので、まず確認を。地域によってはかつお節を付けるなど、独自のしきたりもあるので親の意向は尊重しよう。

お悩み4「ゲストそれぞれのライフスタイルに合った引出物にすべき?」

【押さえどころ】「あなたのために選びました」という気持ちが伝わることが大事

年齢、性別、ライフスタイルなどを参考に、ゲストの顔を思い浮かべながら品物選びを。引出物は贈られる人が「うれしい」と思うものを渡すのが基本なので、相手によって内容を変える贈り分けをするのはもちろんOK。

お悩み5「引出物袋は、贈り分けで大きさに差が出ても問題ない?」

【押さえどころ】感謝の気持ちが『平等』に伝わるような配慮は必要

贈り分けをする場合は、袋の大きさを揃える。贈り分けそのものは問題ないが、内容が違うということがあからさまにならないように、袋の大きさだけは揃えるようにして。

協力してくれたのはこの方!

マナー講師/岩下宣子先生
現代礼法研究所代表。時代に合うマナーの心を若い人にも分かりやすく伝える。企業や学校などでマナーの指導をする他、執筆活動など幅広く活躍。

  • 内祝い・ギフト
  • 打ち合わせ開始期
  • 悩み解決
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop