ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. アイテム別 みんなの『見積り』UP or DOWN【挙式・衣裳編】
お金・常識
Share on>

アイテム別 みんなの『見積り』UP or DOWN【挙式・衣裳編】

アイテム別 みんなの『見積り』UP or

「せっかくの結婚式なんだから、あれもこれも、全部叶えたい!」だけど、見積りをとってみると「こんなに掛かるの!?」とびっくりすることも。そんな花嫁のために、先輩花嫁の見積りアップダウン体験から、何にお金を掛けたか、満足度を含めて徹底調査! 今回紹介するのは【挙式・衣裳】にまつわるアップダウン。これを参考に、お金の掛けどころ、削りどころを絞り込み、早めに見積りに反映させて。

【挙式】希望のスタイルで料金が変動! こだわった分だけプラス料金が発生

<挙式料>
30万4000円※

【『見積り』よりもどうなった?】
■UP
基本プランの人数から8人分追加したら16万円UP!(晶子さん)
外部の神社での式を希望。神社に払う挙式料4万円が発生。(久美子さん)
■DOWN
教会式から人前式に変更。5万円安くなった上、ふたりらしい式に。(真由美さん)

式に関わる人の人件費や会場利用料などを含む挙式料。挙式スタイルを決めてから見積りを出す人が多いせいか8割以上は変動なしと回答。

<挙式演出>
フラワーシャワー:平均1万5150円
バブルシャワー:平均1万2936円
バルーンリリース:平均4万3101円

【『見積り』よりもどうなった?】
■UP
強い希望で誓い時にフェザー、退場時にシャボン玉を降らせ、8万円UP。(友美さん)
プラン内のオルガンに3万円追加してバイオリンとの二重奏に。(こころさん)
■DOWN
フラワーシャワーの生花を前列で投げてくれる友人分だけに。1万円節約!(あおいさん)

挙式中の生演奏やフラワーシャワーなど、4人に1人がオプションとして追加したり、豪華なものに変更したりしている。最近は演出の種類も多彩。希望の演出ができるか早めに確認し、値段を検討しよう。

【衣裳】憧れが詰まった衣裳。着数などにより費用は大きく変動

<新婦衣裳レンタル料>
ウエディングドレス1着:平均25万6000円※
カラードレス1着:平均23万円※
白無垢1着:平均17万8000円※
色打ち掛け1着:平均26万3000円※

【『見積り』よりもどうなった?】
■UP
珍しい色打ち掛けがプランの上限額を超え、8万円UP。(まみりんさん)
新作ドレスで20万円UP。見積りより大幅UPしたけど満足!(佳子さん)
■DOWN
披露宴では祖母からもらった振り袖に。20万円DOWN。(美恵子さん)

7割の人がアップしたと回答。最初の見積りではプラン内にドレス1着分の料金しか入っていない会場も多く、お色直しで着数が増えたり、プラン外の衣裳や和装を選んだりすると料金アップ。

<新郎衣裳レンタル料>
タキシード1着:平均12万6000円※
フロックコート1着:平均11万9000円※
紋服1着:平均10万円※

【『見積り』よりもどうなった?】
■UP
2着目衣裳の下に着るドレスシャツの買い取りが発生し、1万5000円UP。(かけるさん)
新婦に合わせて新郎もお色直し。10万円プラスして1着追加。(理沙さん)
■DOWN
外部のお店で借りたら12万円浮き、予算内に☆(テラさん)

新郎も見積りプラン内の衣裳で気に入るものがなかったり、お色直しをしたりして費用がアップした人が6割近くいる。一方、お色直しでベストやタイだけを変え、衣裳1着で済ます人も。

※記事内のデータは「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」(※マーク)と「花会調査2014」によります。コメントは2014年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー215人に対して行ったアンケート結果によります。

  • 結婚式場検討期
  • 見積もり
  • 花嫁実例
Share on>

pagetop