ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 兼ねるアイデアでお得にお気に入りを堪能!
お金・常識
Share on>

兼ねるアイデアでお得にお気に入りを堪能!

アイテムを作ったり購入したりするなら、一度きりではなく、シーンに合わせてまた使える「一粒で二度おいしい」ものをセレクトするのがGOOD! ここで紹介する「兼ねるアイデア」でお気に入りアイテムを2倍楽しむとともに、お金の掛け方もマスターしちゃおう★

【1】コーディネートで変化を出そう

【1】コーディネートで変化を出そう

着こなし方で雰囲気が変わる2WAYドレスでアレンジしたり、ドレスはそのままで雰囲気の異なる小物をアクセントにしたりするのも、コストカットの素敵なアイデア。花嫁のセンスで使いこなそう♪

「色とりどりの造花を使った8つのクリップコサージュをオーダー。披露宴では髪型の左サイドに着け、二次会ではツタに付けて花冠にしました」(綾香さん)

●その他の先輩花嫁体験談

「新郎が12名からバラを集めて新婦に渡すダーズンローズの儀式をした後、バラを足してブーケにしてもらい、お色直し後に再登場させました」(美紀さん)

「色打ち掛けがピンク、カラードレスが赤だったので、両方のカラーを使ったボールブーケを作ってもらいました。これでブーケ1つ分を節約◎」(麻衣さん)

「ふわふわのトレーンを取るとレース模様になる2WAYドレスをチョイス。2着借りるより20万円もお得なのに、違うドレスに見えるほど雰囲気が変わったんです!」(志織さん)

【2】使い方で変化を出そう

【2】使い方で変化を出そう

送賓時に渡すプチギフトは、実は装飾にもなる万能アイテム☆ また、挙式の衣裳やブーケを宴会場に飾るなどなど、アイデアを生かせるアイテムを探すのも楽しい。

「装花を縁起物としてゲストに持ち帰ってほしくて、卓上装花をミニブーケタイプに。テーブルに飾った後、そのままプチギフトとしてゲストへ渡せるので、花を包む手間も省けました」(ゆみ子さん)

●その他の先輩花嫁体験談

「ゲストに手渡しするプチギフトは、ハートのクッキー。ウエルカムスペースに積み重ねて装飾アイテムにもなるキュートなパッケージで、見た目も華やかに」(麻美子さん)

「段ボールとフェルトで飾ったフォトプロップスはウエルカムアイテムに。HAPPYの文字&ハート形を控室の装飾と各卓撮影の小道具にし、大活躍☆ 写真映えするよう、大きめに作ったのがポイント」(あやなさん)

「ウエルカムスペースに飾ったイニシャルのウッドオブジェを、そのまま高砂席にデコレーション。装花のボリュームを抑えても華があり、お得でした」(真優さん)

※記事内のコメントは2014年3月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー113人が回答したアンケートによるものです。

  • アイテム検討期
  • 節約・貯蓄
  • 花嫁実例
Share on>

pagetop