ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. ドレス全般
  5. 購入したウエディングドレス、サイズのお直し、どこでできる?
ドレス
Share on>

購入したウエディングドレス、サイズのお直し、どこでできる?

購入したウエディングドレス、サイズのお直

海外サイトで購入したドレスや、母から受け継いだドレスのお直し。いつも裾丈直しをしてくれるお店でもできるのでしょうか? 価格や期間はどのくらい? 一般的なお直し店からドレス専門店まで、ウエディングドレスのお直しについて調査!

ドレス購入前に知っておきたい! どこまでお直しって可能なの?

ほつれの直しやボタンの交換など、パーツの補修レベルであれば一般的なリフォーム店などで対応してくれることも多いです。それ以上のお直しは基本的にドレス専門でお直ししているお店で対応が可能です。パーツ補修は一般的なリフォーム店、それ以外はドレス専門店へ相談するのがおすすめです。
ちなみに裾上げや身幅のお直しは、あしらわれている装飾までカットせざるを得ない場合も。大ぶりの装飾をカットするとドレスの印象が変わってしまうので、購入する段階でできるだけサイズの合ったものを選ぶことが大切です。

お直しの料金目安は? 見積りに必要な項目って?

簡単には見積もりを出せないのがウエディングドレスのお直し。通常の衣類のように、裾上げいくら、身幅いくらというわけにはいきません。詳しい状態を話してもおおよその見積りしか出ず、実際の費用は実物を見てからとなるケースが多いようです。
ボタンの交換は300円~、ファスナーの交換は5000円~、サイズのお直しは1万円~のように最低料金はあるものの、あくまでも目安とのこと。また裾丈のお直しでパニエがある場合はさらに加算されるなど、一概には言えません。まずは相談してみましょう。遠方なら全体・直してもらいたい部分のアップなど、数点画像を送っておくとイメージを伝えやすいですよ。

お直しに必要な期間は部位によってさまざま。余裕を持ってお願いして

サイズやデザインの修正の場合は、お直し方法の検討から始まります。ドレス専門店であれば、ドレスの良さが損なわれないよういくつか提案してもらえることもあるので、各提案のメリット・デメリットの説明を受け、納得してから見積りを出してもらい、その後に実作業が開始されます。
この検討期間に長短がありますが、最低1ヵ月、大きなお直しなら3カ月は見ておきましょう。丈詰めや袖詰めなど、一度お直しすると再修正できないこともあるので、検討期間を十分に取っておくに越したことはありません。

from編集部『専門店ならお直し以上のお願いができる!』

一般的な衣料のお直しチェーン店は気軽に持ち込める半面、細かいオーダーには対応しきれないことがあります。専門店は、お直しの範囲を超えたオーダーも叶えてくれるのが最大のメリットといえます。
例えば、母から受け継いだ袖付きのドレスをショルダーデザインにして、余った布をバックリボンにアレンジなんていうアイデアも、ドレスお直しの経験がある専門店ならではですね。

取材・文/ライトアップ

  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • 悩み解決
Share on>

pagetop