ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. ドレス全般
  5. ドレス選びの前に考えておくといいこと5
ドレス
Share on>

ドレス選びの前に考えておくといいこと5

ドレス選びの前に考えておくといいこと5

一生に一度の大切な日は最高に美しい自分でいたい! そのためには自分にぴったり合う「運命のドレス」を探さなくちゃ! いきなりドレスショップを訪れるより事前に自分の理想のドレス像を描いておくとドレス選びもスムーズに。ショップに行く前に押さえておければよりよい5つのことをチェックして、後悔しない大満足の一着を見つけよう!

1. 花嫁ドレスは何着着たい?

実際にドレス試着に行って心境が変わる人も多いですが、お色直しをするのか、和装はどうするのかなど当日何着くらいの花嫁衣裳を披露したいかイメージしておくことが大切。ちなみに、花嫁が着用した衣裳合計枚数は2着の人が半数以上、次いで3着、1着。衣裳の組み合わせで一番多いのは、「ウエディングドレス+カラードレス」。ウエディングドレスのみの場合、挙式から披露宴、二次会とドレスをアレンジして着こなす花嫁も。地域によって傾向も違うんです。

2. どんなテイストの花嫁になりたい?

「ロマンチックな花嫁になりたい」、「ゴージャスに着こなしたい」「シックな雰囲気で」など自分の好きなテイストをいくつか見つけられているとドレス選びがスムーズに。思い浮かばなかったら、ドレス姿をゲストにみてもらった瞬間に、なんて言われたいか考えてみて。「かわい?!」「おとなっぽい!」「意外だけどステキ!」など、ゲストの反応を妄想するとイメージもわいてくる。ただし、自分の憧れと似合うドレスがぴったり同じということではないので1テイストに絞りきらず、いくつか幅を持つことも大切です。

3. どんな挙式、披露宴にしたい?

少人数でアットホームな雰囲気にしたいのか、広くゴージャスな会場で多くの人に祝福されたいのか、なんとなくでもいいので会場全体のイメージを思い描いておけるとgood! よくよく考えてみたら会場が大き過ぎるからドレスが映えない、と変更する花嫁もいるので実は大切なポイントです!
チャペルではバージンロードによく映える、ロングトレーンのドレスが好相性。ベルラインやAラインで、適度にボリュームのあるデザインを選ぶといいでしょう。レストランの場合は、ゲストとの距離が近いため、ボリュームのあるドレスよりはAラインやスレンダーラインがおすすめ。
ホテルなど広い会場はベルラインやAライン、ロングトレーンのゴージャスなドレスがピッタリ。会場の雰囲気に合ったドレスを選べば花嫁姿の美しさがさらに際立ちます!

4. ゲストの顔ぶれをイメージする

どんな人にどんな花嫁姿を見てほしいか、も大切なポイントになります。祖母が喜ぶからと和装を選ぶ人がいたり、友人が多いのでとミニドレスをセレクトする人も! 細かくなくていいので、そんなゲストの表情を思い描けるだけでドレス選びももっと楽しいものになるんです。

5. 挑戦してみたいラインは?

ウエディングドレスのラインを知ることは、花嫁のドレス選びで大切なポイント。基本のラインはウエスト部分から裾に向けて直線的にスカートが広がるAライン、腰から下のスカート部分がふんわりと広がったベルライン、上半身から膝のあたりまでぴったりと体にフィットし、膝下から裾が広がっているマーメイドライン、シルエットが細くストレートなスレンダーライン、バスト下の切り返し部分からストンと落ちるようなラインが特徴のエンパイアラインなど。初めから似合わないかも……と決めつけず、気になったらいろいろなラインにトライしてみよう!

from編集部『大切なのはイメージをしっかり持つこと』

どういう花嫁姿になりたいのか? どんな結婚式にしたいのか? 自分が理想とするイメージをしっかり持つことが重要。会場の雰囲気やゲストの顔ぶれも踏まえたうえで、「なりたい花嫁になる」ことが大切!

取材・文/野村理恵子

  • ドレス・衣裳
  • アイテム検討期
  • さくさく読む
Share on>

pagetop