ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. ドレス・衣装
  4. 和装
  5. 知ってる? 着物の柄の意味
ドレス
Share on>

知ってる? 着物の柄の意味

知ってる? 着物の柄の意味

和装の大きな魅力の一つが、美しくほどこされた絵柄ですね。桜の柄の着物は春に、紅葉の柄は秋に……と柄に合った季節感も大切にしたいもの。結婚式の着物には吉祥文様というおめでたい柄がよく使われています。柄に隠された意味を理解することで和装が好きになった!着てみたくなった!という花嫁さんも少なくありません。和装ならではの絵柄について基本的なものをご紹介します。

婚礼衣裳の柄に込められた意味、知ってる?

婚礼衣裳に用いられる着物の柄は吉祥文様といい、良い兆し、縁起がいいという意味を表現したもの。その中でも代表的なものが「鶴」。鶴には相手と一生添い遂げる習性があり、婚礼衣裳には、必ず2羽以上の鶴が描かれることが決まりになっています。また、「両家を束ねる」という意味から熨斗(のし)を束ねたデザインの「束ね熨斗」、夫婦の仲の良さを象徴する貝合わせの容器の「貝桶(かいおけ)」などもよく用いられます。「花車」の柄にはたくさんの幸を招くようにとの願いが、「桜」には人生のスタート、実りの意味があるんです。また女性の衣裳の柄は左側に多く入っていて、これは男性が右側に立つので男性を立てるためといわれています。

柄を選ぶ際のポイント、知ってる?

自分の背丈に合った柄を選ぶことも大切な要素の一つ。体が大きめな人には大ぶりな柄、体の小さい人には小ぶりな柄 の方がバランスがよいでしょう。柄が一番目立つ部分は、色打ち掛けは背中の帯山に乗って膨らんでいる部分、引き振り袖は袖の外側部分。この部分は試着の際見落としがちだけど、全身立ち姿で写真に納まるときやお色直しで歩いているときなどは特に目に入るところ。この部分の柄をしっかりチェックしておきましょう。

from編集部『柄の意味も一緒に大切に身にまとう』

絵柄に込められた深い意味。それを理解して、一生に一度の晴れ舞台に着る衣裳にどんなストーリーを込めるのかはあなた次第! ウエディングドレスとはまた違った特別な気持ちで、花嫁になることができるでしょう。

取材・文/野村理恵子

  • アイテム検討期
  • 白無垢
  • 色打ち掛け
白無垢のドレスを探してみる
Share on>

pagetop