ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪・結婚指輪
  5. ダイヤモンドって、カットによってイメージが変わる!
ジュエリー
Share on>

ダイヤモンドって、カットによってイメージが変わる!

ダイヤモンドって、カットによってイメージ

婚約指輪に使われる宝石といえば、ダイヤモンド。ジュエリーショップに足を運ぶと、同じダイヤモンドでも、カットの仕方がいろいろあるのに気が付くはず。やはり「ラウンド・ブリリアント・カット」のダイヤが王道だけど、「ハート形」や「だ円形」のものなどカットが異なるものもちょっと気になるところ……。そこで、ダイヤモンドのカットにはどのようなものがあるかを調べてみました!

「完成された輝き」の美しさ ラウンド・ブリリアント・カット

「完成された輝き」の美しさ ラウンド・ブ

ラウンド・ブリリアント・カットは、上から見ると円形(round)で、キラキラ輝く(brilliant)カットのこと。1919年に考案されて以来、今でもダイヤモンドを最も美しく輝かせるカットとして世界のスタンダードとなっています。
面の数は1粒につき、なんと58面! この多面体が石の中に入る光をあらゆる角度に反射させ、まばゆい輝きを生み出します。
そしてカッティングは、ダイヤモンドの品質を決める重要項目のひとつ。研磨する職人さんが原石ひとつひとつに相応しいカットを施して、最大限の輝きを引き出していくそう。

世界のスタンダード「ラウンド・ブリリアント・カット」

原石の個性と職人の技が光る ファンシーカット

洋梨形やだ円形など、ラウンド・ブリリアント・カット以外のカットを総称して「ファンシーカット」といいます。
ファンシーカットにはラウンド・ブリリアント・カットほどの厳密な基準がなく、同じカットでも縦横の長さの比や、面の数が一つひとつ異なるのが特徴。原石の形を活かしながら最大限の輝きを引き出すべく、研磨職人がベストなカットを導き出します。

気品漂うペア&マーキーズ

気品漂うペア&マーキーズ
気品漂うペア&マーキーズ

ここからは代表的なファンシーカットをご紹介。ペアやマーキーズは大人の気品が薫り立つ印象に。
■ペアシェイプ・カット(1枚目)
洋梨の形に似ていることからこの名前が。指輪で使う場合は、とがった方を下に向けて使うのが一般的。
■マーキーズ・カット(2枚目)
石の両端がシェイプされた舟のような形。フランス国王のルイ15世が、ポンパドール夫人にマーキーズ(公爵)の称号を与えたことが名前の由来。

写真1枚目/ペアシェイプ・カット、写真2枚目/マーキーズ・カット

やわらかさのあるオーバル&ハート

やわらかさのあるオーバル&ハート
やわらかさのあるオーバル&ハート

丸みを帯びた形やわらかい印象をもたらすのが次の2つ。
■オーバルカット(1枚目)
いわゆるだ円形のカット。優しくクラシカルな印象に。
■ハートシェイプ・ブリリアント・カット(2枚目)
ハート型のカットで、「かわいらしさNo.1」といえばコレ。

写真1枚目/オーバルカット、写真2枚目/ハートシェイプ・ブリリアント・カット

シャープでクールな印象 エメラルド&プリンセス

シャープでクールな印象 エメラルド&プリ
シャープでクールな印象 エメラルド&プリ

四角形のカットは、都会的でマニッシュなスタイルにもしっくりきます。
■エメラルド・カット(1枚目)
宝石のエメラルドにもよく使われる、長方形のカット。アウトラインに沿って面が階段状になっているのが特徴。
■プリンセス・カット(2枚目)
近年人気があるのがこのカット。正方形なので、カットした面や辺がきれいなシンメトリーを描き、きれいな輝きを放ちます。

写真1枚目/エメラルド・カット、写真2枚目/プリンセス・カット

from編集部『こんな印象!という視点でカットから選ぶのもアリ!』

スタンダードなブリリアンカット以外にも、ダイヤの魅力をひきだす様々なファンシーカットがあるって、知ってましたか? 興味はつきないですよね! カットによって受ける印象はがらりと変わるので、「自分はこんな印象になりたい」からダイヤを選ぶのもあり。また、指輪選びではぜひたくさん身に着けてみて、似合うものを探してみて!

取材・文/アプレコミュニケーションズ 取材協力・写真提供/中央宝石研究所(CGL)

  • 挙式1年前
  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • 常識・マナー
婚約・結婚指輪を探してみる
Share on>

pagetop