ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. “テーマウエディング”が難しくないってホントですか?
結婚式スタイル
Share on>

“テーマウエディング”が難しくないってホントですか?

“テーマウエディング”が難しくないってホ

“テーマウエディング”という言葉を聞き、「何だか難しそう」と尻込みしてしまうカップルはいませんか? 確かに簡単ではないかもしれないけれど、テーマウエディングの内容を考えることや実現させることは、新郎新婦にとってとても楽しい経験になるはず! その理由と、テーマウエディングの基礎知識を、ここでちょっぴり紹介します。

“テーマウエディング”って、どんなもの?

あるテーマを決め、それに従って結婚式のディテールを決めて作り上げていくのが“テーマウエディング”。ディテールとは、料理、衣裳、装飾、ペーパーアイテム、ギフト、BGM、プログラムなどのこと。理想をいえば、会場もテーマに沿って選べるとベスト! 一見、面倒くさく思えるけれど、テーマがあるとアイテム選びでの迷いも少なくなり、全体に統一感も生まれてくるもの。それによって、コーディネートされたおしゃれ感を出せるだけでなく、ふたりらしさもしっかり表現できる結婚式が完成します。印象深いウエディングとして、ゲストの記憶にもしっかり残るはず。

何を“テーマ”にすればいい?

ズバリ言ってしまうと、テーマにできないものはほとんどなし! “ありがとう”という感謝の気持ちも、ふたり共通の趣味も仕事も、好きな色も季節も映画も雰囲気も、たいていのものはテーマに設定することが可能。ふたりがゲストへ伝えたい気持ちや大好きなことを思いつくままに挙げて、それらの中からピンとくるものをピックアップしよう。テーマとは決めるというよりも、探すもの。ふたりの好きなものや大切にしたいことを思い浮かべるひとときは、かなり楽しいものになるはず。難しく考えず気楽に書き出してみよう。

“テーマ感”を出す方法は?

“テーマ感”の表現方法は無限にあるけれど、イメージしやすい例をいくつかここでご紹介!

『感謝をテーマに』
●ふたりの気持ちを表現するモチーフとして《ハート》を、ペーパーアイテムにあしらう
●感謝を伝えたいと思うゲスト数名をクローズアップ。ふたりからメッセージを読み上げる……etc.

『ふたりが大好きな映画をテーマに』
●席札を、映画のタイトルにする
●映画のサウンドトラックをメインにBGMを決める
●余興のゲームなどの景品を映画観賞チケットにする……etc.

from編集部『プロのアドバイスをもらいながら実現させよう!』

ほかにも、好きな色や季節だったら、装花やペーパーアイテム、テーブルクロスなどの色で表現しやすく、特別に凝った仕込みをしなくてもOK。会場によって可能なことも違うので、プランナーと楽しくディスカッションしながら、ふたりらしい世界を作ってみて。

取材・文/弘中栄美

  • 挙式1年前
  • 挙式・披露宴
  • 式イメージ収集期
  • スタイル提案
  • ふたりらしい
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop