ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 挙式・披露宴会場探し全般
  5. 「やりたい結婚式」がみるみるイメージできてくる3ステップ
結婚式スタイル
Share on>

「やりたい結婚式」がみるみるイメージできてくる3ステップ

「やりたい結婚式」がみるみるイメージでき

「どんな結婚式がしたい?」という質問に戸惑ってしまうカップルは、実は少なくない。そんなふたりには“結婚式そのもの”をいきなり考えるのではなく、想像しやすいものから考えることをオススメします。ここでは、結婚式を作る基本要素である“ゲスト”“会場”“結婚式の内容”を考えるためのアドバイスを紹介。それらを一つ一つ繋いでいくことで、目指すべき「やりたい結婚式」が徐々に見えてくるはず。

Step1/お祝いしてほしい人をイメージしよう

結婚式は、ふたりが主体となって行うものだけれど、その場を一緒に作り上げてくれるゲストの存在なくしてはできない。どういう人を呼びたいか=どういう人にお祝いしてほしいか、を明確にすることはとても大切なこと。ゲストの顔触れは、会場選びや料理選びにも大きく影響してくるので、ふたりの意見を擦り合わせながらしっかり考えよう。ここが明確だと、その後の会場選びなどもぶれにくくなり結果的に楽になります。

Step2/やりたいことが分からないなら、やりたくないことを書き出そう

「したい結婚式」がイメージできなくても、「やりたくないこと」といったネガティブなことなら思い浮かべやすいことも。だけど、大事なのは「やりたくないこと」を見つけるのではなく、なぜそう思うのかの理由をきちんと整理すること。例えば「キャンドルサービスをやりたくない」と思うのはなぜか。キャンドルの点灯がいやなのか、雰囲気が何となく自分たちらしくないのか、それともその時間を別のことに使いたいのか……etc.やりたくない理由からも、ふたりが大事にしたいことが見えてくるはず。

Step3/自分たちが楽しめる場所は? その場所はゲストにも合う?

会場選びは、結婚式のベースとなる重要ポイント。どんなところを選べばいいか迷ったら、ふたりが心地よく感じる場所をイメージして。スタイリッシュなホテル、おいしい食事が楽しめるレストラン、自宅にいるかのように寛げるアットホームなカフェ、気持ちいい風が吹くガーデン……etc. 大好きな場所とイメージが重なる、あるいはその要素を満たす会場を探してみよう。加えてその会場が、Step1で思い浮かべたゲストたちになじむかどうかも考えてみて。なじむのであれば問題なし。もしそうでなければ、会場探しを少し軌道修正するのもありだし、おもてなしの工夫によって解決できる場合も。候補会場のスタッフにどんなおもてなしをすればいいか聞いてみて。

from編集部『大切に思うことを一つ一つ書き出そう』

あまり難しく考えず、自分たちにとって大切な人、大事なことを書き出してみよう。頭の中が整理できて「やりたい結婚式」のイメージが湧くだけでなく、自分では気付かなかった思いを自覚し、結婚相手への理解を深める機会にもなる。結婚式準備によってふたりの絆は一層強くなるはず。

取材・文/弘中栄美

  • 挙式1年前
  • 挙式・披露宴
  • 式イメージ収集期
  • ダンドリ
挙式・披露宴会場を探す
Share on>

pagetop