ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. その他演出・演出アイテム
  5. 手作りウエルカムドールに込められた愛~母と娘の往復書簡~
演出アイテム等
Share on>

手作りウエルカムドールに込められた愛~母と娘の往復書簡~

手作りウエルカムドールに込められた愛~母

母親による世界で一つだけの手作りの品は、親子の絆をよりいっそう深め、そばにあるだけで力が湧いてくる魔法のアイテム!
今回は、愛する娘・紘子さんとその結婚式に向けて、ウエルカムドールなど沢山のウエディングアイテムを手作りしたという母・泰子さんたち親子のあったかーいエピソードをご紹介。まずは式1週間前の様子を、紘子さんに聞いてみました!

ウエルカムドールにリングピロー。式1週間前は母が手作りの総仕上げ!

ウエルカムドールにリングピロー。式1週間

「まるで手芸屋さんのようでした」と、式1週間前の様子を懐かしく振り返ってくれた、娘・紘子さん。クマのウエルカムドールからリングピロー、さらにはウエルカムボードや二次会用の髪飾りまで、母・泰子さんが心を込めて手作りしてくれたそう。
「二次会用のお花の髪飾りは、『披露宴と雰囲気を変えてふわふわした髪にお花を散らしたいな。彼の衣裳と合わせたブルーを取り入れられたら』という何気ない私のつぶやきを覚えていた母が、こっそり準備していてくれたものなんですよ」。
そんなエピソードからも、ふたりの間を結ぶ母子の絆と、泰子さんから紘子さんへ注がれる深い愛情がひしひしと伝わってきます。
「あっぱれとしか言いようがないです。母のおかげで、身に着けるもの、飾ったものの一つ一つが特別でした!」と紘子さんは嬉しそうに話してくれました。

プチギフトは彼の出身地にちなんだ銘菓を、お手製リボンで可愛くラッピング

プチギフトには、紘子さんの彼の出身地である福岡の銘菓「博多通りもん」をチョイス。感謝の気持ちをプラスするため、手作りしたリボンで飾り付けをしてゲストに渡したそう。そんなちょい足しアイデアなら、誰でも気軽に真似できそう!

心からリラックスできる母との時間。準備期間も母娘の大切な思い出に

心からリラックスできる母との時間。準備期

上の写真は、式1週間前、紘子さんがウエルカムドールのクマにポーズをつけて遊んで撮った1枚。「手作りに励む母の横で、遊ぶことしかできない私」と思わずSNSでつぶやいてしまったくらい、母・泰子さんは、紘子さんのためアイテム作りに励んでくれたそう。式まであと1週間という緊張もする時期だからこそ、「そんな母とのひとときに癒されました」と紘子さん。「結婚式当日はもちろんだけれど、準備そのものも親子の特別な時間になるんだなぁ~」と感じたそうです。

【母から娘へ】幸せはふたりで『作るもの』という想いを込めて

【母から娘へ】幸せはふたりで『作るもの』

「世界中でたったひとりの人に巡り逢ったふたり。この不思議を必然と感じ、この縁を大切に、ふたりで生きていけることに感謝して欲しいなと思い、世界でたったひとつのベアを作ってプレゼントすることにしました。新郎ベアは、水泳選手だった彼をイメージして飲料水のおまけの巾着で水泳パンツを、ゴムバンドとボタンでゴーグルを作って身に着けさせました。ひまわりはチョコレートの箱の飾りだったもの。有り合わせのリサイクル品も使っているけど、私らしい作品になりました。手作りしたベアと同じように、幸せは自分たちで作るもの。しあわせになってね」(泰子さん)

【娘から母へ】たくさんの手作りアイテムは、母の愛の込もった宝物に

【娘から母へ】たくさんの手作りアイテムは

「結婚が決まってすぐに、お母さんが買ってきたのがクマのウエルカムドールキット。オリジナルにしたいといって、クマの水泳パンツを作るために飲み物のおまけのストレッチ素材の袋を集めたり、水中メガネに使うゴムを探し回ったり。お嫁さんのクマには、私の一番好きなひまわりの花を持たせてくれました。ドレス選びに毎回付き添ってくれただけでなく、髪飾りも、リングピローも、ウエルカムボードもすべて手作りし、誰よりも式を楽しみに一生懸命準備をしてくれたよね。今私が幸せなのは、こんなにもお母さんに愛されてきたからなんだと改めて感じました。結婚式を通じてお母さんの愛がたくさんつまったクマちゃんという宝物が増えました」(紘子さん)

From編集部『母親の手作りアイテムで、キラキラ輝く幸せ花嫁に♪』

母親の愛がつまった手作りアイテムは、結婚式をより思い出深いものにしてくれるだけでなく、母子の絆を再確認するきっかけに! お手軽なもので構わないので、結婚式で使うアイテムを手作りしてもらえないかぜひお願いしてみよう。一緒に過ごす準備時間もかけがえのない宝物になるはず♪

取材・文/桑田絵理(ミューズ・コミュニティー)

  • 演出・アイテム
  • 打ち合わせ開始期
  • 花嫁実例
  • 家族の絆
Share on>

pagetop