ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 結婚式費用の上手な支払い方
お金・常識
Share on>

結婚式費用の上手な支払い方

結婚式費用の上手な支払い方

結婚に関連するお金で一番大きいのが会場へ支払う結婚式のお金。どんなタイミングで、どんな支払い方法があるのか知ってる? 会場によっても違いがあるので、事前に確認して上手に支払って。

1)「自己負担金」で前払いで支払う

多くの会場の場合、支払いは前払い。式直前の1カ月~1週間前に指定口座へ振り込む形が一般的です。まずは成約時に支払いのタイミングを会場へ確認して。前払いの場合は、招待ゲストからのご祝儀は使えないのでふたりの貯蓄で支払うか、難しい場合は親に援助を頼む、一時的に親から借りるなど方法を考えておいて。

2)「ご祝儀」を利用して後払いで支払う

会場によっては、当日払いや後払いが可能なことも。ご祝儀を利用して支払いたい場合は、早めに会場に相談してみよう。初めからご祝儀を利用することを決めているカップルは、後払いが可能な会場を選ぶのも一つの方法です。

3)「クレジットカード」を利用して支払う

前払いだけど、実質支払いを後にできるのがクレジットカードでの支払い。ただしカード払いができる会場は限られているので、まずは可能かどうか確認を。普段から使っているカードがある人は特に、ポイントが貯まってお得。例えばマイルが貯まるカードの場合、結婚式の支払いで貯まったマイルで新婚旅行の費用の足しにできちゃうことも。ただし、支払えるめどが立っていないのにカードを利用するのはNG。また、結婚式費用は高額なので、カードの限度額の確認をして、必要に応じて事前に引き上げの対応をしておきましょう。

from編集部『自分たちに合った支払い方をチョイスして♪』

今回は結婚式のお金の代表的な3つの支払い方法をご紹介しました。「ご祝儀を利用するつもりだったのに前払いしかできなかった!」なんて慌てなくていいように、早い段階から会場に確認して、自分たちに合った上手な支払い方法を選んでくださいね。

取材・文/尾越まり恵

  • 打ち合わせ開始期
  • 支払タイミング
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop