ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. いくら結婚式に使っていいの? 予算の立て方ステップ3
お金・常識
Share on>

いくら結婚式に使っていいの? 予算の立て方ステップ3

いくら結婚式に使っていいの? 予算の立て

結婚が決まった後、最初に考えたいのが結婚式の予算。だけど、初めてのことで何から考えていいか分からない……なんてカップルも多いのでは? 結婚式の予算は、「ご祝儀」「親からの援助」「自己負担」の3種類を考えて計画を立てるのが基本。賢く予算が立てられるように、順を追って説明します。

ステップ1)「ご祝儀」について考える

最初にゲストからのご祝儀を計算します。上司や同僚、友人などどんなゲストを何人くらい招待するのかを決めることで計算がしやすくなります。
ゼクシィの「結婚トレンド調査2017」によると、1人当たりのご祝儀額は、友人・同僚は3万円、上司は3.8万円。招待するゲストの顔触れによってご祝儀の総額が変化することも、覚えておきましょう。
だいたいの金額が分かったら、そのご祝儀のうちいくらを結婚式費用に充てるのかを計算して。結婚式費用が前払いの会場ではご祝儀を利用できないので、支払いタイミングについて会場に確認が必要です。

ステップ2)「親援助」の額を相談する

ご祝儀と並んでプラスとなるお金が親からの援助。およそ76.1%のカップルが援助を受けていて、その総額は182万円。
まずは自分たちの貯蓄だけで結婚式が挙げられるのか、援助が必要なのかをふたりで話し合って。どれくらいの援助をお願いできそうか、お互いの親に相談してみましょう。

ステップ3)自己負担の金額を出し全体予算を立てる

ご祝儀と親からの援助額の金額が想定できたところで、自分たちが支払える金額を計算して最終的に結婚式の予算を立てます。必要なお金の総額から、ご祝儀と親からの援助金を差し引いたお金がふたりの自己負担額です。結婚式だけでなく、新婚旅行や新生活に掛かるお金など、これから必要なお金をすべてリストアップしてみてください。結婚式に使えるお金がいくらくらいで、これからいくら貯めればいいのか見えましたか?

from編集部『最初にしっかり計画を立てて』

結婚式に使うお金は衣裳や演出など、こだわればこだわるほど増えていきます。今回紹介したステップに沿って予算を立て、最初に「結婚式にいくら使うのか」をふたりで決めておきましょう。結婚準備を進めながら、もし予算をオーバーした場合は、手作りすることで節約できる項目はないか、新生活や新婚旅行など他の項目を削ることで調整できないかを相談して、計画的にお金を使ってくださいね♪。

取材・文/尾越まり恵
※この記事で紹介しているデータやコメントは、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017(全国推計値)」によるものです。

  • 結婚式場検討期
  • 見積もり
  • ダンドリ
Share on>

pagetop