ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 予算オーバーでどうしよう……とみんなが悩むタイミングは?
お金・常識
Share on>

予算オーバーでどうしよう……とみんなが悩むタイミングは?

予算オーバーでどうしよう……とみんなが悩

結婚式のお金のやりくりはとっても大変。どれだけ計画的に進めていても、つい予算をオーバーしてしまうことも。先輩カップルに聞いてみたところ、「予算オーバーで困ったことがある」と答えた花嫁は55.7%と、半数以上もいました。みんな、実際にどんなタイミングで困ったのか、またどのように対応したのか、ご紹介します。

こだわりが具体的になる過程で予算オーバーが発生

予算オーバーで悩んだタイミングで一番多かったのは、「2回目の見積りから最終の見積りをもらう前まで」(43.9%)と圧倒的多数。2位が「最終見積りをもらったとき」(29.1%)、そして3位が「最初に見積りをもらったとき」(18.7%)という結果に。
その理由は、「最初の見積り内容は必要最低限だったため、何かを増やすたびに料金が上がっていった」と、ふたりがやりたいことを増やしていく過程で予算オーバーが起きる様子。打ち合わせが進んで、アイテムや演出・プログラムが具体的に決まっていくタイミングと言えます。どんなことを増やしたかというと、「アクセサリーなど細かなものにお金が掛かった」、「和装でかつらをかぶることにした」と衣裳にこだわったり、「招待人数が多かったので、料理のランクを少し上げただけで料金が跳ね上がった」と料理をグレードアップしたりと、その内容はカップルによってそれぞれ。結婚式の具体的なイメージが固まるにつれ、ある程度、最初の見積りからは金額が増えると考えておいた方が良さそう。

一方で、最初の見積りの時点から予算オーバーだったカップルからは、「結婚式にそんなにお金が掛かると思っていなかった」、「相場を把握していなかった」という声が。この場合は、ある程度、結婚式の相場を理解してから準備を始めれば予算オーバーは防げるかも。

予算を削っても、オーバーのまま進めても、8割が最終的に納得している

予算をオーバーした場合、先輩カップルたちはどのように対処したのでしょうか? 半数以上が「項目一つ一つを細かく見直し、削れるところは削った」(51.3%)と回答。しかし、ほぼ同数くらいのカップル(40.0%)は「予算オーバーもやむを得ないと考え、そのまま進めた」といいます。どちらを選んだにしろ、その結論には81.7%(188人)が満足しているという結果に。
項目を細かく見直して削ったカップルは、悩みながらも「予算とやりたいことの折り合いをつけた」そうで、結果「極力手作りして予算削減したし、会場に頼まず自分で手配したものも多い。衣裳もリーズナブルに抑えたし、これ以上の節約はきっとできないと思う」と納得できている様子。

予算オーバーだけどそのまま進めたカップルは、「自分たちのために足を運んでくれるのであれば、負担になってもいいと思いゲストの宿泊代をプラスした」などゲストのためなら多少は負担できると回答。また、「妻が喜んでくれた」、「ゲストからの評判がとても良かった」と、周りの人たちの喜ぶ顔を見られるなら、多少の予算オーバーは納得できることがうかがえます。

検討不足や予算優先は後悔の元

満足しているカップルが大多数いる一方で、後悔しているカップルにも、その理由を聞いてみました。「最初の見積りの段階で細かく決めていたらよかった」、「結婚式を行うまでの期間が短く、見極めることができないままやってしまった」と、しっかり取捨選択できなかったことに心残りがあるよう。
「オーバーしてもやりたいことはやれば良かったと思う」、「事前に結婚式についてもっと詳しく自分たちなりに調べておくべきだった。会場も比較検討するべきだった」と、納得ができるまで考えられなかった場合、後悔が残るみたい。

from編集部『こだわりたい思いを無視せず、納得できる結論を』

予算をオーバーした場合、何かを削って調整するのも、予算が許す限りそのまま進めるのもふたり次第。問題なのは、やりくりのために「これにこだわりたい」という気持ちを無視してしまうこと。そのためにも、項目一つ一つをしっかり見直して、節約できるポイントはないか、削って後悔しそうなものはないかを見極めて。どうしてもやりたかったことを我慢すると心残りになります。譲れないポイントは何なのか、ふたりでしっかり話し合って優先順位を決めることが大切。ふたりが納得できる着地点なら、きっと後悔はしないはず。

取材・文/尾越まり恵
※この記事で紹介しているデータやコメントは、2014年9月に実施したマクロミル会員へのアンケートによるものです。

  • 結婚準備全体
  • 見積もり
  • 安心したい
Share on>

pagetop