ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. 結婚式のお金 後悔しない使い方!
お金・常識
Share on>

結婚式のお金 後悔しない使い方!

結婚式のお金 後悔しない使い方!

結婚式では大きなお金が必要なので、できるだけ後悔のない使い方をしたいもの。上手なお金の掛け方、削り方のポイントを3つご紹介します!

ポイント1)お金を「掛ける」項目と「削る」項目のめりはりをつける

まずは自分たちが「こだわりたいポイント」をふたりで話し合って、優先順位をつけてください。「着たいドレスのブランドがある」、「どうしてもやりたい演出がある」など、結婚式で叶えたいものがある場合、その項目を削ってしまうと、後悔につながります。
一方で「もともと華やかな会場なので装花は控えめでもいいかな?」など、重要視しない項目では思い切って削ることも大切。すべてに「なんとなく」お金を掛けるのではなく、満足いくまでお金を掛ける項目と、削っても問題ない項目を見極めてめりはりをつけて。

ポイント2)ゲストの満足度に直結する「料理」「飲物」は削らない

予算を削るとき、ゲストの料理や飲物については慎重に。ふたりを祝福してくれる大切なゲストに喜んでもらえるかどうか? 今一度考えて決断を。ゲストが「出席して良かった」と感じる満足度は、料理や飲物と直結しています。最上級にする必要はないけれど、自分たちで試食をしてみて、おいしさや量に問題がないかを確かめてから決定して。

アルコールを飲むゲストが少ない場合はソフトドリンクを増やしてアルコールの種類を減らしたり、年配ゲストが多い場合はデザートビュッフェをやめるなど、項目ごとで削ることもできます。招待するゲストの顔触れを思い浮かべながら考えてみてください。

ポイント3)手作りするもの、購入・依頼するものを検討する

招待状や席札などのペーパーアイテムや、ウエルカムボード、プロフィールビデオなど、自分たちで手作りできるものがないか検討を。ただし、手作りには時間と手間が掛かるため、結婚式までの時間が短いカップルは要注意。クオリティーが低くなって後悔する、なんてことも! また、手作りに必要な材料費を含めて費用を比較することを忘れずに。

自分たちで手作りせずにプロに依頼すれば、その分、他の準備に時間を割けるというメリットもあります。何を手作りして、何を購入・依頼するのか項目をリストアップしながら考えてみて。

from編集部『使える予算の中で納得できる優先順位をつけて』

できれば人生の一大イベントだから、お金は惜しまず使いたいけれど、残念ながら予算には限りがあります。結婚式も大事だけど、その後のふたりの新生活の方が長いので、やみくもに結婚式にお金を掛けてしまうのはNG。まずは結婚式に使う予算をふたりでしっかり決めることから。その予算の中で「絶対譲れないもの」「できればやりたいもの」「削ってもいいもの」を項目ごとに考えていくことが、結婚式のお金で後悔しない秘訣(ひけつ)です。

取材・文/尾越まり恵

  • 結婚式場検討期
  • お金
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop