ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. “持ち込み料”って何に掛かるの?何で掛かるの?
お金・常識
Share on>

“持ち込み料”って何に掛かるの?何で掛かるの?

“持ち込み料”って何に掛かるの?何で掛か

ドキドキの会場見学がスタートして、夢に見た結婚式が現実のものに……。そんなとき、最初にぶち当たる壁が、お金の問題。初めての経験なのだから、わからないことが多くて当たり前。ただ会場見学のときからお金の仕組みを知っておけば、後悔しない会場選びができるんです。今回は、聞き慣れないけれど、会場の見積表に書かれていることの多い「持ち込み料」についてご説明。しっかり知識を身に付けて会場見学に臨もう♪

“持ち込み料”ってそもそもなぁに?

結婚式会場のプランに含まれるドレスやブーケ、司会などは、基本的にその会場が提携しているさまざまなショップや専門家たちの中から提供される仕組みになっています。それに対し、会場提携のショップや専門家ではなく、自分たちで準備やセレクトをして、会場に持ち込むものに対して掛かる料金が「持ち込み料」。
一般的に、持ち込み料が掛かるものは、「衣裳(ドレス・タキシード)」、「引出物・引菓子」、「ブーケ」、「フォトグラファー(写真・ビデオ)」、「司会者」、「ヘアメイク」など。持ち込み料がそもそも掛かるかどうか、またその金額も会場によって変わってきます。場合によっては、そもそも「持ち込み自体NG」という会場もあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

“持ち込み料”ってどうしてかかるの?

そもそもこの持ち込み料がどうして掛かるのか? それは、例えばドレスの場合、普段扱い慣れていないドレスを保管・管理して、花嫁に着せるため。あるいはフォトグラファーの場合は、会場を知り尽くしている提携のフォトグラファーと違って、事前の撮影場所や注意点などを説明することが必要になる。その会場側に掛かる手間に対して支払うお金だと理解して。
この持ち込み料を理解していないと、せっかくお金を節約しようと思って、友人に司会やヘアメイクなどを依頼しても、持ち込み料が掛かって結局金額は変わらない……なんていうことも。
ただし、持ち込み料が掛かるからと言って、すべて会場から提供されるものを選ぶことがベストとも限りません。提携ショップのドレス点数が少なかったり、人気のデザインは予約で埋まって借りられなかったり、また、引出物に気に入るものがなかったりする場合も考えられます。持ち込み料を払ってでも自分たちがこだわりたい項目をあらかじめ考えておくことが大切です。

“持ち込み”にまつわるCheck Point

会場見学の際に下記のチェック項目を確認できれば安心!

□何に持ち込み料が掛かるのか
…ドレスや写真・ビデオなど、何に対して発生するのか確認

□持ち込み料はいくらなのか
…持ち込んだ場合と提供されるものを選んだ場合の料金の違いをしっかり比較して

□提携ショップ名やドレスの品ぞろえなどを確認

□持ち込む際の制約条件を確認
…持ち込むドレスに点数の制限があったり、写真が撮影できる場所を制限される場合もある。また、持ち込むことでお得な成約特典が適用されないなどの影響がないかも確認を

□提携外ショップのサービスも確認
…提携外のドレスなどのショップが、サービスとして持ち込み料を負担してくれる場合もある。情報収集してみて。

From編集部『こだわりたいポイントを明確に』

“持ち込み料”の仕組みは理解してもらえましたか? すごくお気に入りのドレスを見つけても、会場が「持ち込み不可」ということがわかって泣く泣くあきらめる……なんてことを防ぐためにも、会場見学のときからしっかり確認しておきましょう。また、「ドレスはフルオーダーするつもり」、「ブーケは母の手作り」、「ヘアメイクはいつもお願いしている美容師さんに頼みたい」など、早い段階で自分がこだわりたいポイントを明確にして、会場のプランナーさんに伝えましょう。

取材・文/尾越まり恵

  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
  • お金の疑問
Share on>

pagetop