ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. ゲスト選び・依頼
  5. 結婚式でお願い事をすると、もっと仲が深まる!?
お金・常識
Share on>

結婚式でお願い事をすると、もっと仲が深まる!?

結婚式でお願い事をすると、もっと仲が深ま

結婚式は、ふたりにとって人生の大切な晴れ舞台。そんな大切な場を、家族や友人たちも実はとっても大切に思ってくれているもの。結婚式で使うさまざまなアイテム作りや司会、スピーチなど、お願い事をすると、想像以上に一生懸命取り組んでくれて、心打たれたという花嫁も少なくないようだ。

相手が自分のことを大切に思ってくれていることを実感

軽い気持ちでお願いできるきょうだいでも、依頼された側はとっても真剣。「妹に司会をお願いしたらとても和やかな式になって本当によかった」、「姉にドレスを見てもらったところ、試着した私を見て泣いていた」と、あらためてその存在の大きさに気付いた花嫁も多いよう。
また相手の得意なことをお願いするケースも多く、「彼のおじいちゃんが書道家なので、招待状の宛名書きをしてもらった」、「ウエルカムボード作りの上手な親友に作成をお願いした。その完成度の高さに、自分のためにここまで時間を割いてくれたのかと感動した」と、得意分野だけに相手が快く引き受けてくれる上に、高い完成度になりそうだ。
ただ、決して上手であることが重要なのではなく、「友人が結婚式用にネイルをしてくれた。お店に行くより何時間も多くかかったが、その分喜びも増えた」と、仕上がり以上に相手の気持ちが嬉しかったりするもの。
「大事なウエディングアイテムを作ってもらうことで、仲がより深まった」、「より絆を深められた」と話す花嫁が多かった。

彼ママにもお願いして親密度アップ!

さらには結婚式準備は、実は彼ママとも仲良くなる絶好のチャンス。思い切ってお願い事をして、貴重な思い出をつくった花嫁たちも多い。
「リングピローを彼ママにお願いした。リングピローの意味などを教えてくれ、私と彼の未来を見据えて作ってくれた」、「彼ママに親類関係の招待客を選んでもらった。結婚準備などで連絡することが多く、徐々に親しくなった」と、お願い事がきっかけで距離が近づいたケースも。
また、結婚の先輩としてさまざまな相談に乗ってもらうのも○。「義母に衣裳合わせなど、一番多く結婚式の相談をした。頼られている感があったのか、とても親身になってくれた。気が付けば仲良しだった」と、彼ママも頼られると嬉しいもの。花嫁だけでなく彼ママにとっても素敵な結婚式の思い出をつくることができそう。

from編集部『思い切ってお願いしてみよう!』

友人や家族、彼ママなどに自分たちの結婚式の準備をお願いするのは「なんとなく申し訳ないな」と思って遠慮してしまうもの。だけど今回寄せられた先輩花嫁の声を見ると、得意分野で力を発揮してくれたり、これがきっかけで仲が深まったりと、みんな「お願いして良かった」と思っている様子。頼まれた人にとっても、忘れられない結婚式になるはずなので、思い切ってお願いしてみましょう!

取材・文/尾越まり恵
※この記事で紹介しているデータやコメントは、2014年8月に実施したマクロミル会員312人へのアンケートによるものです。

  • ゲストへの依頼
  • アイテム検討期
  • 温かい
Share on>

pagetop