ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. ゲスト選び・依頼
  5. ゲスト選びで実感! 私の大事な人たち
お金・常識
Share on>

ゲスト選びで実感! 私の大事な人たち

ゲスト選び&招待で実感! 私の大事な人た

結婚式のゲスト選びは「誰を呼ぶ?」「どこまで声をかける?」と考え始めると、意外と迷ってしまうもの。でも、結婚式に来てもらう人を選ぶことは、ふたりにとっての大切な人をあらためて実感できる貴重であったかい時間となります。

自分年表を振り返り、大切な人を思い起こしてジーン!

まずは生まれた時からこれまでの出来事を振り返りながら、学生時代やバイト、サークルや社会人になってからなど、各年代でお世話になった人を思いつく限りピックアップしてみましょう。
「あのとき、あの人にこんなことを言ってもらったな」などのエピソードも一緒に思い起こしていくと、今まで出会った人たちの大切さを再確認して思わずジーンとなるはず。
リストアップできたら今度は彼と共有して、お互いの大切な人について伝えあってみると、ふたりが知り合う前にどんな人間関係の中で生きてきたのかを知ることができ、理解が深まります。

ドキドキしながら招待したら、想像以上に喜んでくれて感激!

どんな反応するかな?とドキドキしながら結婚報告をしたところ、想像以上に喜んでくれた!という先輩花嫁たち。
身近な家族も、「父が本当に嬉しそうに、『もうおまえの花嫁姿は見られないのかと思っていた』と感激していた」、「『おばあちゃんは母親代わりだったし、絶対来てほしい』と伝えた。足も悪く車椅子が必要で迷惑が掛かるからと最初は気が進んでいなかったようでしたが、『可愛い孫のためや!』と来てくれた」と、温かい家族の反応に花嫁もあらためて愛情を感じたよう。
大切な友人には、ほとんどの先輩花嫁が「来てほしい」という思いをストレートに伝えています。「友達に電話で伝えたら、『やっと行ける日が来たかー!』と言われた」、「大学時代の友人に伝えたら『言われなくても押し掛けて行くつもりだった』と言われて、とても嬉しかった」と、一緒に喜んでいる友達に、その存在の大切さをかみしめている様子。
遠方のゲストでも「遠いけど来てくれるか聞いてみたら、『喜んで参加する』と言ってくれてすごく嬉しかった!」と、実は本人が思っている以上に喜んでくれることもあるのです。

「ふたりにはこんなに大切な人がいるんだ」と実感する招待状発送

報告が終わったら、待っているのが招待状の発送。この封入作業は地道で結構大変。それでも、宛名を見ながら、ひとり一人の顔を思い浮かべて丁寧に作業をしてみて。もし余裕があれば、短くてもいいので招待状に一言メッセージを添えるとより思いが伝わります。
作業が全部終わって、封筒の山を目にすると、それを受け取ったゲストはどんな顔で喜んでくれるかな?なんて想像したりして、「自分たちにはこんなに大切な人たちがいるんだ」と実感することができます。

from編集部『ゲストへの感謝の気持ちがモチベーションになる』

結婚報告から招待状の発送までは、単純な作業のようだけど、思いを込めて行えば、心がとっても温かくなれる時間。このときに顔を思い浮かべたゲストへの感謝の気持ちや、喜んでもらいたいな、という思いが、この後大変になる結婚準備を乗り切る原動力になるかもしれません。

取材・文/尾越まり恵
※この記事で紹介しているデータやコメントは、2014年8月に実施したマクロミル会員312人へのアンケートによるものです。

  • ゲスト選び・席次決め
  • アイテム検討期
  • 感動
Share on>

pagetop