ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結納・婚約食事会(顔合わせ)
  5. ゼクシィ編集者の行った「婚約食事会」お見せします!
お金・常識
Share on>

ゼクシィ編集者の行った「婚約食事会」お見せします!

プロポーズされ、親あいさつも済み……、次に気になるのは、そう!結納・婚約食事会。最近では結納は行わず婚約食事会だけを行うカップルも多いですが、家族同士が仲良くなるために何をしていいか悩みますよね。
そこで今回はゼクシィ編集部尾花の婚約食事会の様子をお届けします。「アットホームで」「気楽に」両家の交流が生まれるヒントになりますように。

アイデア1:両家出席者のプロフィールパンフレットで話が弾む♪

アイデア1:両家出席者のプロフィールパン

食事会は両家の家族が初めて顔を合わせる場。せっかくだから会話が弾んで、お互いの理解が深まる場にしたいもの。そこで活躍するのが、家族みんなの「プロフィールパンフレット」だ。家族の名前や生年月日、趣味などのプロフィールをまとめた、いわば現代版の家族書! 「結納で使うしっかりしたものよりも、もうちょっとフランクなものを」と尾花は料理のメニューと、家族のプロフィールを厚紙の台紙に貼り付けてパンフレットを手作りした。

「席に着いてから最初の料理が出る前のビミョーな間が一番難しいんです。そこで話のネタになってとっても役立ちました。中でも盛り上がったのが、ふたりの第一印象。私は『好きな顔』だったのに、彼は『印象にない』って! それを見てみんな笑ってましたね」(尾花)。

アイデア2:婚約の記念になるセレモニーを一つでも取り入れて

アイデア2:婚約の記念になるセレモニーを

結納というセレモニーがカジュアルになった婚約食事会は、ともするとただの飲み会になってしまう危険も! そこでおすすめなのは、何か一つでもセレモニー的な要素を取り入れること。尾花の場合は、会の終盤に「記念品交換」を実施。彼からは婚約指輪を贈り、尾花から彼へは腕時計をプレゼント。お互いの贈り物をその場で初めて身に着けたことで、家族からは盛大な拍手が。
さらにはプレゼント交換の後、予定外に新婦父が喜びのスピーチに立ち上がり、「娘をよろしく」と頭を下げた。娘への深い愛情が伝わり、みんながじーんと温かい気持ちに包まれる場面も。せっかくの婚約というイベント、ぜひプログラムにセレモニーの要素をあらかじめ入れておこう。

アイデア3:記念写真はフォーマル用とカジュアル用を撮っておこう♪

アイデア3:記念写真はフォーマル用とカジ

ふたりの思いが形になり、とっても和やかな場となった食事会。最後にみんなで撮った集合写真にもその様子が表れています。この記念写真、尾花は2パターン撮影したそう。「1枚目は真面目に、2枚目はみんなでピースをするだけでも楽しい雰囲気を残すことができるんです」。
ピースなどみんなでポーズを取っているカジュアルな写真は、そのときの楽しさがにじみ出るけれど、婚約食事会というけじめの場として、きちんとした写真も撮っておくとベスト。1枚だけだとどうしても堅くなり、ポーズを取ると緩くなってしまうので、いろいろなパターンの写真を残しておこう。

[おまけ]手料理から温かな交流が生まれる

[おまけ]手料理から温かな交流が生まれる

当初はあらゆるお店を検討していたものの、招待するお互いの親ときょうだいやその子どもたち12人がアットホームに和める時間を……と考え、ホームパーティ風のスタイルを選択。彼が料理長を務める鎌倉料理店のお休みの日に貸し切りで食事会を行うことにした。「お祝いの席なので、タイは入れた方がいいかなとか、お互いの家族の好き嫌いもチェックしながらふたりで当日のメニューを話し合いました」(尾花)。
彼が働いているお店で手料理を振る舞うのはレアなケースではあるけれど、やはり自分たちで食事を作ってもてなすことで、温かな一体感が生まれるもの。招待する側の負担感は多少あるものの、どちらかの家でのホームパーティ的な食事会をするという手も!

from編集部『婚約食事会からスタートする両家の交流を大切に』

「私の場合は彼が料理人だったから、このような食事会を実現できたというのはありますが、自分たちで食事を作ってもてなすってやっぱり良いなぁと思いました。この食事会を機に、その後もお互いの家で集まったり、先日は息子の初節句のお祝いを一緒にしたりと、和やかな両家の交流が続いているのは嬉しいですね。皆さんもぜひ、一回きりの食事会と思わず、その先につながるような、ふたりらしいイベントを企画してみてください」(尾花)

取材・文/尾越まり恵

  • 結納・食事会
  • 式イメージ収集期
  • 花嫁実例
Share on>

pagetop