ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 婚約指輪
  5. エンゲージリングの選び方
ジュエリー
Share on>

エンゲージリングの選び方

エンゲージリングの選び方

ゼクシィの調査では花嫁の約7割が贈られているエンゲージリングは言うまでもなく一生の宝物。指輪選びは絶対失敗したくない。ここでは理想のエンゲージリングと出合うための基礎をチェック!

お気に入りのデザインを見つけて

挙式を待つ間だけでなく、結婚後も折に触れて身に着けるものだから、まずはデザインからこだわって選びたい。大きく分けて次の4つのデザインがあることを知っておこう。

□ソリティア
婚約指輪では定番の、石を一粒だけセットしたデザイン。中でも1粒ダイヤを立て爪で留めたタイプが人気。アームのデザインが豊富で、石の美しさを最大限に引き出すのも特徴。

□メレ
メインの石の脇にメレダイヤ(0.03カラット以下の小粒ダイヤ)を添えた華やかな印象のデザイン。メレダイヤの種類や数によってイメージが変わるのでデザインのバリエーションは幅広い。

□パヴェ
メレダイヤをアームにびっしりと敷き詰めたゴージャスな印象のデザイン。真ん中に大きなダイヤをセットしたタイプが多い。「パヴェ」とはフランス語で「敷石」の意味。

□エタニティー
同サイズで同じカットのダイヤをアームに並べることで「永遠の愛」を象徴するデザイン。ダイヤが指を一周するものはフルエタニティー、半周するものはハーフエタニティーと呼ばれる。

「ダイヤモンドの4C」を選ぶ基準に

リングの主役である石選びも重要。婚約指輪にあしらう宝石には特に決まりはないので、例えば誕生石などを使ってもいい。とはいえ、やはり人気が高いのはデザイン、サイズともに豊富なダイヤモンド。その品質を表す指標が「4C」と呼ばれる次の4つの要素だ。リング選びの基準にするといい。

□カット(cut)
ダイヤモンドの美しさを左右する、表面の研磨や形を評価する基準。仕上げの状態などによってダイヤの輝きが違い、ExcellentからPoorまで5段階のグレードがある。婚約指輪選びではこのグレードにこだわる人が多い。

□カラット(carat)
ダイヤモンドの重さの単位。1カラット=1ctと表記され、0.2グラムに相当する。大きさの単位ではないが、カラット数が大きいほど大粒になるし、価格も高くなる。先輩の購入額のボリュームゾーンは0.3カラット前後のもの。

□カラー(color)
無色透明から薄い黄色まで23段階のランクで評価。無色のものほど評価が高いが、F~Hランクぐらいなら問題ない。このほかピンクダイヤやブルーダイヤはファンシーカラーとして珍重される。

□クラリティー(clarity)
ダイヤモンドの透明度。原石に含まれる不純物や傷などが少ないほど、透明度が高くグレードも高い。自然からできたものなので完全なものはかなり希少。婚約指輪では VS1~2レベルのものを選ぶのが標準的。

既製品か、セミオーダーか、オーダーか。購入方法を決めて

婚約指輪を買う時期に決まりはないけれど、結婚式の半年から1年前ぐらいに購入するという人が多い。結納に間に合わせたい場合は、遅くとも1年前ぐらいには準備をスタートして。まずは雑誌やインターネットで情報収集し、ショップを何軒か下見しよう。婚約指輪の購入方法には次の3パターンがある。

□既製品の購入
石・デザインともに、すでに完成されたものを購入する。実際に試着して、サイズだけでなく着け心地なども吟味しておけば安心。既製品といっても、その場で現物を持ち帰れるケースはまれで、サイズ調整や取り寄せが必要な場合もあるので、準備の時間には余裕を持って。

□セミオーダー
石とアームの材質やデザインをそれぞれ別々に選んでオーダーする。予算に合わせて、個性を表現できるベストな指輪を作れるので人気が高い。注文してから完成まで約1~2カ月くらい見ておくといい。

□フルオーダー
石、材質だけでなく、デザインからすべてオーダーし、世界に一つだけのオリジナルエンゲージリングを作る。希望を伝えるとプロがデザイン画に描き起こしてから作成してくれる。注文してから2~3カ月かかるが、オーダー過程も含めて最高の思い出になる。

こんなところにもこだわりたい

理想のエンゲージリングとはなんだろう? デザインや素材、価格だけでなく、例えば仕事中にも着けていられるデザインがいい、結婚後はマリッジリングと重ね着けしたい、とにかく着け心地が最優先、普段着のときも着けていられるものがいい、年を重ねてもいつまでも着けていたい、などなど。こだわりポイントは人それぞれにあると言うこと。
また、見えない部分にこだわりを持つのもいい。指輪裏側の刻印はふたりのイニシャルや名前と相場が決まっているけれど、プラスアルファでお気に入りのキャラクターのイラストを入れたり、文字に凝ったり、メッセージを入れたり。そんなバリエーションを考える時間も、結婚前のいい思い出の一つになりそう。

from編集部『ブライダルフェアを実施するショップも』

デート気分で楽しめるショップ巡り。お店によってはさまざまな体験や特典が用意されたブライダルフェアを実施しているところもあるので、ゼクシィなどで事前にチェックを!

  • 婚約指輪
  • 結婚決まりたて
  • ダンドリ
  • 4C
婚約指輪を探してみる
Share on>

pagetop