ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. ペーパーアイテム(招待状・席次表)
  5. 長すぎるゲストの肩書、省略してもいい?
お金・常識
Share on>

長すぎるゲストの肩書、省略してもいい?

長すぎるゲストの肩書、省略してもいい?

席次表を作成するときに、ゲストの名前と肩書を確認しながらふと気になった礼儀作法。長い部署名や肩書は、どのように表記したらいいのだろう? 省略するのは失礼ではないかな? 
席次表と来賓あいさつの際のゲストの肩書紹介の正しい作法について、現代礼法研究所の岩下宣子先生に聞いてみました。

「株式会社」「有限会社」は書き切れない場合は省略しても可

まずは席次表で表記する会社名から。社内結婚の場合は、新郎新婦が同じ会社のため、会社名を表記せずに「新婦上司」「新郎同僚」という書き方をすることも多い。ただし、主賓には会社名、役職名をきちんと表記しよう。
ふたりの所属する会社が違う場合、あるいは転職して複数の会社からゲストを招待する場合は、それぞれに会社名を表記して。その際に、どうしても長くて書き切れない場合は、「株式会社」や「有限会社」は省略してもオーケー。ただし、(株)と省略して表記することは失礼に当たるためNG。このように省略するくらいなら、むしろすべてを書かない方が良い。また、人によって表記に違いが出るのは良くないので、席次表の中で必ず統一を。
そして、本来であれば省略しないことが望ましいため、省略する場合には、「大変失礼ですが、株式会社を省かせていただきました」と事前にひと言伝えておくと、ゲストが嫌な思いをすることを防ぐことができる。特に目上のゲストには配慮を忘れずに。

部署名が長い場合は、本人に直接相談を

続いて部署名・役職名は、基本的にはすべて表記するのがマナーだが、組織の階層がたくさんある場合は、すべては書き切れない。複数の組織のうち、どれを表記すればいいのだろうか? このような場合、先輩花嫁たちは「どこまで省略していいか直接相談した」(30代・女性)、「上司に省略しても良い部分を確認した」(20代・女性)と、あらかじめ本人に聞いた人が多かった。岩下先生によると、この行為は大正解。「公のものなので、直接本人に確認をするのが一番間違いのない方法。勝手な判断をしないことが大切です」とのこと。
また、複数の部署の兼務がある場合は、その中で最も高い役職を表記しよう。

来賓あいさつなど、口頭の紹介では省略しない

席次表では省略しても、来賓あいさつなど口頭での紹介では「株式会社」を含め、正しい肩書をすべて読み上げよう。
「席次表では友人として、口頭の紹介では肩書きをつけた」(30代・女性)、「会社名が長いので席次表では世間で言われている名前に省略した。ただし、紹介時は正式名称で」(20代・女性)と、先輩花嫁たちもルールを守っているよう。

<ゲストの肩書で気を付けるべきポイント>

1.株式会社は省略可でも(株)の省略表記はNG
2.省略する場合は事前に断りを入れる
3.迷ったら直接本人に聞き、勝手な判断をしない
4.席次表では省略しても、口頭での紹介時は正式名称を
5.表記に間違いがないよう何度もチェック

from編集部『漢字のcheckも忘れずに!』

ゲストの肩書について、最も気を付けるべきことを聞いてみたところ、「氏名の漢字を含め、間違えることが一番失礼なので、二重三重にチェックしてください」と岩下先生。例えば会社の代表でも「代表取締役」と「代表取締役社長」などと、それぞれ肩書は違う。細かいところまでしっかり確認しよう。
ゲストの肩書の表記について、不安や疑問は解消できた? 気を付けるべきポイントをしっかり押さえておけば大丈夫。安心して準備を進めてくださいね。

マナーについて、教えてくれた先生

岩下宣子 先生
共立女子短期大学卒業。キッコーマン入社。
全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏のもとでマナーを学び、1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体などでマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。

取材・文/尾越まり恵
※この記事で紹介しているデータやコメントは、2014年8月に実施したマクロミル会員312人へのアンケートによるものです。
※この記事の情報は2014年11月現在のものです。

  • ゲスト選び・席次決め
  • 打ち合わせ開始期
  • 常識・マナー
  • 悩み解決
Share on>

pagetop