ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新婚旅行
  4. ハネムーンでやっておきたい5つのこと
演出アイテム等
Share on>

ハネムーンでやっておきたい5つのこと

ハネムーンでやっておきたい5つのこと

ハネムーンに行く!と決めたら、ふつうの旅行ではできないような、とびっきりの思い出を作りたい、残したいもの。そこで先輩花嫁たちにアンケートを実施。ハネムーンでぜひやっておきたいことを聞きました。ここでは厳選して5つのアドバイスを紹介します!

1)ハネムーンフォトを撮る

●「ハワイに持参したウエディングドレスで、ハネムーンフォトを撮影」(女性・33歳)
●「ドレスをネットで安く買い、ふたりでお揃いの水着を用意し、浜辺やコテージで撮影。三脚を持っていったのはよかった」(女性・31歳)
●「白いワンピースを着て、ウエディング風の写真を撮った」(女性・25歳)

2)クオリティや撮影シーンにこだわって思い出を美しく残す

●「出発前に一眼レフカメラを購入。きれいな写真をたくさん撮った」(女性・30歳)
●「ふたりの写真以外にも、後で写真を見たときに鮮明にその時を思い出せるように、風景や食事をたくさん撮影した」(女性・33歳)
●「常にお互いがお互いの写真を撮る方法でそれぞれカメラを持っていった。その方が撮り合うロス時間もなく、自然な写真が撮れるのでおすすめ」(女性・39歳)
●「水中写真を撮れるよう防水ケースを持っていった。いつも旅行に持っていく縫いぐるみと、ふたりできれいな景色を撮った」(女性・26歳)

3)新婚だからこそ思いきりラブラブに

●「旅の恥はかき捨て。周りはみんな知らない人なので、思いっきりラブラブした」(女性・31歳)
●「ふたりでのんびり非日常を過ごした。とにかく仲良くラブラブざんまい」(女性・34歳)
●「キス写真を撮りまくった」(女性・30歳)

4)若いときにしかできない旅をする

●「若いからこそ、プランを詰め込んだ。最終日は疲れたけど、あの時だからできたし、楽しかった」(女性・26歳)
●「ふたりとも行きたかったマチュピチュやイグアスの滝に行くため、12日間と思い切った長旅に。若いうちに遠くまで行けてよかった」(女性・39歳)
●「妊娠中だったけど、ふたりで行く旅行は最後になるかもしれないから、めっちゃ楽しもうと思ってはしゃぎました」(女性・29歳)

5)ハネムーンでしかできない贅沢をする

●「もう一生できないんじゃないかってくらいグダグダ過ごしました。何もしない贅沢!」(女性・29歳)
●「ハネムーンでしか泊まれないような高級ホテルに滞在し、オールインクルーシブだったので朝から夜までのんびりリゾートライフを満喫」(女性・32歳)
●「贅沢できることは当分ないので、飛行機はプレミアムエコノミーで行った。通常より20万円近く高かったが、ヨーロッパまでは時間が長いので、本当に楽でよかった」(女性・39歳)
●「とにかく、もうこんな豪華な旅行はしないだろうということで、お金はいっぱい使いました。ホテルもかなりいいところに泊まりました」(女性・30歳)

from編集部『国内挙式→ハネムーンでフォトツアー、もいいね!』

アンケートの回答を見ると、みんな「ハネムーン」という特別なシチュエーションを思い切り満喫していることがわかってきます。そして、ハネムーンフォトを楽しんでいる人の多さにびっくり。ハネムーンでリゾート地に行く人は、結婚式が国内でも、現地のフォトツアーだけ申し込む、なんて楽しみ方人も今後ますます増えてきそうです。他にも「お土産をネットで買っておいた。金額は高いけど、旅行中にお土産のことを気にせず楽しめるからいいよ」などのアドバイスも。先輩たちのコメントを参考に、思い出に残るハネムーンにして!

取材・文/前川ミチコ データ出典/2014年8月にマクロミルにて20代~40代の既婚女性310人を対象に行ったアンケートより

  • ハネムーン
  • 打ち合わせ開始期
  • テンションあげたい
  • フォトウエディング
Share on>

pagetop