ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. みんなの結婚初夜♪ エピソード集
演出アイテム等
Share on>

みんなの結婚初夜♪ エピソード集

みんなの結婚初夜♪ エピソード集

何カ月も前から準備を重ね、無事にこの日を迎えることができた感動の結婚式。大切な家族、友人たちにあふれるほどお祝いしてもらい幸せいっぱい! その日の夜は結婚初夜だから、ラブラブムードでいっぱい♪ と思いきや、疲れ過ぎて、それどころじゃないというのが現実のようですが……。

幸せが一日中続く♪ 友人とワイワイ24時間楽しい

実際、新婚初夜ってみんなどうでした?を先輩花嫁さんたちに聞いてみました。
多かったのは、二次会、三次会と盛り上がり、エンドレスに宴会が続くというパターン。せっかくホテルのスイートルームなのに、戻ってきたら疲れ過ぎとお酒の飲み過ぎでバタンキューなんて人も。
「私は三次会まで出席して実家に帰宅したのが深夜1時。彼は四次会まで出席して新居への帰宅が3時。翌朝、朝10時の飛行機で新婚旅行へ飛び立つことになっていたので、起きられるかが心配でした」(ゆっこさん)という、かなりハードな一日を過ごした新郎新婦も。

家族や親族と式後の幸せをかみしめる

一方、リゾートウエディング組は、挙式後の夜の過ごし方もひと味違います。
「ハワイ挙式だったので、夜は彼とふたりで記念のディナーをゆっくりいただきました。その後、家族も交えてお酒を飲みにバーに行きました」(真由美さん)
「挙式は親族のみで沖縄で挙げ、皆で会食として挙式&滞在ホテル内のビュッフェを楽しみました。夕食後は部屋に戻り、ふたりでサービスでホテルから頂いたお祝いのシャンパンで乾杯。甘い夜を過ごしました!」(千紘さん)
リゾートウエディングは宿泊を前提としたスタイルが一般的。初めから彼や親族と夜を過ごすつもりで選んだ花嫁さんが多いようですね。

ほのぼのとした夜を過ごした新郎新婦も!

二次会を行わなかった新郎新婦は、甘い夜を過ごしたのかというと実はそうでもないようで……。
「披露宴で全然食べられなかったので、彼の両親と4人でファミレスに。帰ったら即寝」(友美さん)
「テーマパークが一望できるお部屋に泊まったので、家族や親戚、親しい友人を部屋に招いて、夜のハーバーショーや花火を一緒に見て楽しみました」(真央さん)
「緊張が解けてほっとしたのか、急におなかがすきルームサービスを頼み、食べたらすぐに寝てしまいました」(cajuriさん)
「当日は式場があるホテルのスイートルームでの宿泊でしたが、へっとへとに疲れていたので、すぐに寝ちゃいました。彼はまさかのソファ寝(笑)」(どりいも。さん)
「それぞれお互いの家族と過ごしました」(necoさん)というほのぼのとした実例も!

from編集部『想像していた結婚初夜と実際の違いって?』

彼とふたり、スイートルームにてシャンパンで乾杯! 感動の結婚式を思い出しながら語らいのひとときを過ごす……。結婚初夜の過ごし方を、そんなふうに思っていた花嫁もいたのでは。でも実際、先輩花嫁の話を聞いてみると、かなりお疲れだったよう。甘い夜は過ごせなかったけれど、皆さん、幸せいっぱいの夜だったことは間違いないようですね!

取材・文/ライトアップ
※記事内のデータおよびコメントは2014年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー172名が回答したアンケートによります。

  • 挙式後
  • 式直前1カ月前
  • 甘め
Share on>

pagetop