ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. ふたりの新生活ルールを決めて、毎日を気持ち良く
演出アイテム等
Share on>

ふたりの新生活ルールを決めて、毎日を気持ち良く

ふたりの新生活ルールを決めて、毎日を気持

カップルの数だけ独自の「ふたりルール」があるもの。外から見れば「えっ?」と思うようなルールでも、共同生活を気持ち良く過ごすための生活の知恵が隠れているんです。新生活のお悩み解決に活用できそうなルールを探してみましょう。

相手の家事のやり方に違和感……解決策はある?

「お互いの洗濯物の畳み方がまったく違う。しかし、お互いにそれを気にしていない……他の方はきちんと統一しているものなのでしょうか」(24歳女性)
お互い気にしていなければ問題なしですが、こだわりが強いとストレスを感じることも。

「お互い一人暮らしが長かったので、それぞれ洗濯の仕方や干し方にこだわりがあり、それぞれが自分の分だけを洗濯している」(28歳女性)
ここまで割り切れるとそれはそれでオーケーだけど、やっぱり忙しいときや体調の悪いときはサポートし合えるようになっておきたいものですよね。

「布団を敷くのに、毎回じゃんけん、もしくはマリオカートで対決」(31歳女性)
このように、家事分担をミニゲームにしてしまって、やってもらった方は文句を言わないルールを作ってみてもいいかも。

少し畳み方が違っても、しわしわになるわけじゃないと割り切ってしまえば、「私のやり方と違う!」といら立つ前に「ありがとう」と思えるようになるはずですよ。

仲良しと健康の秘訣(ひけつ)! においにまつわるふたりの習慣

「頭皮のにおいを嗅ぎ合う。健康のバロメーター(笑)」(26歳女性)

体のにおいには、健康状態が反映されることが分かっています。ちょっと変?なこの習慣も意外に侮れません。

「集中力が高まる精油が入ったアロマスプレーを、夫が仕事に行く時に振り掛ける」(29歳女性)
こちらは香りにまつわる習慣。一日の始まりに良い香りを吸い込めば、やる気がむっくり湧いてきそう。

他にも枕カバーにラベンダー、たばこの吸い殻に使用後のコーヒー殻で消臭など、香りをうまく使うとすっきり気持ちいい暮らしができるので調べてみてくださいね。

いつも一緒にいたいけど……息苦しくならない生活のルール

長く一緒に暮らしていたら、たまには自分だけの時間が欲しくなるもの。プライベートな時間を持つルールを作っているカップルもいるようです。

「お風呂はリラックスの場所なので新婚でも別々」(24歳女性)
「基本的に土曜日は別行動。お互い好き勝手に過ごします」(24歳女性)

また、ふたりの時間に関するルールもありました。

「ふたりで過ごす時間はテレビはつけない」(24歳女性)

プライベートな時間を尊重し合えれば、ふたりの時間をより大切にしようと思えるもの。彼には無関係のイライラだったのに、いつも一緒にいるからついぶつけてしまった……なんてことも減らせるのではないでしょうか。お互いが過ごす時間にめりはりをつけるのが共同生活のコツといえそうです。

from編集部『ふたりルールはお悩み解決のヒントがいっぱい!』

「ふたりの間でルールなんて味気ない気がする……」なんて声も聞こえそうですが、夫婦間のルールは「末永く一緒に暮らしたい」を積極的に追求したもの。仲良くしていくための知恵なのです。「ふたりルール」はお互いの性格や生活習慣に根付いたものなので、オリジナル過ぎてそのままでは使えないかもしれないけれど、お悩み解決のヒントがいっぱい詰まっています。困ったときにはみんなの「ふたりルール」を参考にしてみて。きっと新生活のお役に立てるはずですよ。

取材・文/ライトアップ
※記事内のデータおよびコメントは2014年8月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー172人が回答したアンケートによります。

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • スッキリしたい
Share on>

pagetop