ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家電
  5. ふたりのライフスタイルを見極めて! 失敗しない冷蔵庫の選び方
演出アイテム等
Share on>

ふたりのライフスタイルを見極めて! 失敗しない冷蔵庫の選び方

結婚前はひとり暮らしの人も、実家住まいの人も、新生活への思いはワクワクと不安が入り乱れているはず。インテリアを決めたり、家電を見に行くのは楽しいけれど、何を買ったらいいか正直迷いますよね。趣味やデザインに加え、ふたりがどんな生活スタイルなのかも重要です。金額も張るし、場所も取るから失敗できない大物家電のひとつ「冷蔵庫」。失敗しない選び方を家電量販店の専門スタッフに教えてもらいました。

冷蔵庫を選ぶ基本の「き」!4つポイントをチェックして

4つポイント

大物家電の中でも一番お世話になる冷蔵庫。ふたりの胃袋を満たすには、大きなサイズの冷蔵庫が必要だから、安い買い物ではありません。だからこそ、絶対、失敗はしたくない! まずは、抑えておきたいポイントをビックカメラ有楽町店の家電専門スタッフの方にお聞きしました。チェックポイントは4つ。 
1・【スペース】=家に置けるサイズかどうかは当然ですが、最も重要。 
2・【電気代】=冷蔵庫の年間の電気代は4500円~1万円以上。毎日使うものだからこそ、ばかになりません。 
3・【機能】=急速冷凍、除菌、温度調整など最近の冷蔵庫は料理する人もそうでない人にも便利な機能がいっぱい! 
4・【デザイン】=色や扉のデザインなどキッチンにあうものを。最近の色のトレンドはシルバーだそう。フラットなガラスタイプは、高級家具のような雰囲気(価格は2014年9月現在のもの)。

教えてくれるのは、ビックカメラ有楽町店の家電専門、冷蔵庫を主に担当している林さん。
冷蔵庫の機能やデザイン、おすすめの内容など豊富な知識と的を射たわかりやすい解説は、頼もしい限り。冷蔵庫だけでなく、洗濯機やエアコンなどの家電全般に詳しいのでトータルに相談できます。

冷蔵庫の扉の開きをチェック!
キッチン動線をイメージして

片開きも両開きも、デザインの違いでしかない! いいえ、ここにも選ぶポイントがあります。流行のオープンキッチンは、後ろを振りかえって冷蔵庫を開けることが多いので、両開きの方が便利。片開きだと、どちらかに寄って開けなければならず、ひと手間です。最近は、片開きでも置く位置によって扉の開く方向を変えることのできるタイプが登場。引っ越し先でも、キッチンの使いやすい動線を確保できます。

大きなものには福がある★スペース同じで電気代もお得!

そんなに料理もしないし、食材管理にも限界があるから大きな冷蔵庫はいらない、と思いがち。でも、中をすっきりとシンプルなつくりにした最近の冷蔵庫は、300リットルも400リットルも置くスペースがそんなに変わらないのが現状。しかも、電気代も同じであれば、大は小を兼ねる! 冷蔵庫の寿命は約7~10年といわれています。近い将来、家族が増えることを考えるなら、400リットル冷蔵庫がおすすめです。

共働きのふたりなら、ぱっと中が
見られる170センチがおすすめ

新しい冷蔵庫を買うと、いろんな食材をいっぱい入れたくなりますよね。あまり冷蔵庫をのぞかない忙しいふたりには、少し低めの冷蔵庫がおすすめ。目線が低く、一番上の棚に載った奥の食材までしっかり見渡せるから、うっかり腐らせることが減ります。奥のほうまで、手が届くのでお掃除も簡単です。

機能満載だからこそ、どんな使い方をするかがカギ

さまざまな冷蔵庫が並ぶフロアで、気に入った冷蔵庫を見つけるのは骨の折れる仕事。各社、使いやすい機能を搭載しているので、悩みは尽きません。そんなときは、どんな使い方をするかちょっと考えて。毎日料理をする家庭は、野菜室が冷蔵庫の真ん中に付いているものが便利。昼間にお買い物をした食材を瞬間冷凍、その後、切れる程度に凍らせておく機能は、冷凍でもすぐに調理にかかれます。真空チルド機能は食材の酸化を防ぎ、生ものなどを新鮮なままで保存します。週末まとめて食材を買う人は、急速冷凍で新鮮な食材を一気に冷凍する機能がおすすめ。風味を損なわず冷凍できるので、作り置きした料理もいつでもおいしい!

今どきの冷蔵庫の相場はどのくらい?

毎日使う冷蔵庫の寿命は約7~10年ほど。よくよく考えると価格も機能も、優秀な家電製品です。冷蔵庫の価格は、400リットルで5万円から20万円とさまざま。ただ、前にも説明しましたが、電気代のことを考えて! 安く買っても電気代が年間1万円以上では逆に高くついてしまうかも。ビックカメラ有楽町店の人気冷蔵庫の相場は、約13万円だそうです(価格は2014年9月現在のもの)。

from編集部『専門店は強い味方!
いろいろ教えてもらいましょう♪』

比較的長く使う大型家電は、専門店で説明してもらうと安心。いろいろな機能の冷蔵庫がそろっているから、ふたりの生活習慣や食生活も説明すると話が早い! お金がかかる新生活準備はかしこく情報収集して、楽しく準備していきましょう!

取材協力/ビックカメラ有楽町店(TEL03-5221-1111) ライター/吉田葉子 この記事に掲載の情報は2014年9月取材時のものです

  • 新居・家具
  • 新婚生活始めたて
  • 安心したい
  • 照明・雑貨・その他
インテリア 照明・雑貨・その他
Share on>

pagetop