ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 料理
  5. 夫婦の食卓はまず、ここから! おいしいご飯の炊き方講座
演出アイテム等
Share on>

夫婦の食卓はまず、ここから! おいしいご飯の炊き方講座

夫婦の食卓はまず、ここから!おいしいご

いよいよ始まるふたりだけの新生活! 忙しくても、おいしいご飯が食べたい!というふたりに、料理のプロがおいしいご飯の炊き方を伝授します。ちょっとしたコツさえつかめば、いつでもおいしいほかほかご飯を食べられますよ。忙しいふたりのために、食べきれなかったご飯のおいしい保存方法もお伝えします。

おいしいご飯への道はお米のとぎ方から始まっています

おいしいご飯への道はお米のとぎ方から始

「炊飯器がやってくれるから大丈夫!」と思っているあなた! お米をとぐのは炊飯器はやってくれません。実は、お米をとぐところから、おいしいご飯へのアプローチは始まっています。まず、最初に水を加えたら、ひとまぜするだけに。始めに入れる水は、お米の吸収が早くぬか臭さがお米に移りやすいので、すぐに捨てるのが鉄則です。その後は、軽く3~4回ほど研いでください。うっすら水に白いものが残るくらいで十分です。

お米が割れないように、優しくとぐのがコツです!

とぎ過ぎは、お米のうま味を
流してしまい、お米も割れやすい!

現在は、精米技術もアップしてお米のまわりについているぬかや汚れも少なくなっています。ごしごしといでしまうと、せっかくのお米の旨味が水に流れてしまいます。やさしく軽くといであげるのが正解!

少ない量のお米はお鍋で炊くとおいしい&時短に!

最近の炊飯器で炊くご飯は、お釜と変わらないおいしさ。でも、少ない分量を炊くならお鍋で炊くのも便利! 時間も短いし簡単です。お鍋で炊く場合、水の目安はお米の1.1~1.2倍とお好みで。新米は、柔らかくなりやすいため、水を少し少なくすると上手に炊けます。お米をといだら水をはり、夏場は30分、冬場は1時間ほど吸水させます。炊飯器の場合は、自動で吸水をしてくれるものが大半です。吸水したら水気を切り、鍋に分量の水を入れ、ふたをしっかりしたら強火にして。沸騰してきたら、弱火で8~10分。その後、火を止めて10分ほど蒸らしてください。分量や火力により調整するといいですね。甘味のあるほっかほかご飯の出来上がり。お鍋なら、お焦げも楽しめます。

どんなお鍋で炊くとおいしいの?

お鍋は、土鍋や厚手のほうろうの鍋など、ふたがぴったり閉まるものを選びましょう。薄いお鍋でもできますが、火の当たりが強いので火加減に注意しないと、お米が焦げてしまうことがあります。新生活のこの機会に、しっかりしたお鍋を買うのもいいかもしれません。

おいしくご飯を保存する方法

炊いたご飯を上手に保存できれば、帰ってきたときにすぐおいしいご飯が食べられます。ご飯をおいしく保存するには、温かいうちに冷凍すること! 冷めたご飯は水分が少なく、パサパサな状態。冷凍してもパサパサ感は変わらないので、加熱してもおいしくなりません。炊き上がったご飯は、温かいうちにラップにくるみます。その際、平らにするのがコツ。冷凍するときは冷めやすく、加熱するときは全体がまんべんなく温まります。ご飯1杯分の小分けで冷凍すれば、必要な分だけそのまま食べたり、チャーハンにしたりと便利です。

冷凍ご飯は一気にレンジ加熱が鉄則!

冷凍庫から出した冷凍ご飯を自然解凍しよう、なんて考えてはダメ! 自然解凍だと、お米の風味が失われてしまいます。解凍はレンジで!電子レンジは加熱にむらが出やすいので、半分ほど加熱できたら、一度軽く混ぜて再びレンジへ。ふっくらとした、炊きたてと同じようなおいしいご飯になります。

from編集部『おいしいご飯がほかほかな新生活を呼び込みます!』

なにもかも初めてづくしのふらり暮らし。忙しい中でも、毎日おいしいご飯が食べられたらうれしいですよね。ご飯が上手に炊けるって、地味なようですが、意外に奥深い。ふたり分のほかほかご飯をササッと用意できれば、食卓を囲む時間がもっと充実するはず! 時には、複数のおかずをふたりで作る、なんていうのも、素敵な過ごし方!ぜひ、新婚生活を楽しく過ごしてください!

取材協力・写真提供/ABCクッキングスタジオ ライター/吉田葉子

  • 新婚生活
  • 新婚生活始めたて
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop