ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 演出・演出アイテム
  4. その他演出・演出アイテム
  5. 主賓『珍』あいさつ・乾杯『珍』スピーチ
演出アイテム等
Share on>

主賓『珍』あいさつ・乾杯『珍』スピーチ

主賓『珍』あいさつ・乾杯『珍』スピーチ

披露宴が始まり、お酒や料理がスタートする前の主賓あいさつ&乾杯スピーチ。ゲストの注目が集まる中、笑いを取ったり、取れなかったり……先輩花嫁たちのアンケートには、クスッと笑えるものから、そんなのあり?なものまでさまざま。編集部が「これ、面白い!」と独断で選んだ『珍』スピーチをご紹介!

【1】新郎新婦の「仕事」になぞらえた、技ありスピーチ

●「彼の上司にスピーチをお願いしましたが、あまり得意ではないようだったので、実は期待していませんでした(笑)。ところが、いざそのときになると、彼の旅行会社で作る旅行プランになぞらえて『本日から、新しい生活という旅行が始まります』『旅行人数は、途中で増えても大丈夫です(笑)』などと話してくれて、最後まで楽しく聞けました」(mikiさん)

編集部eye

彼の仕事での活躍ぶりもチラリとうかがえる、楽しいスピーチ。仕事関係以外のゲストにもわかる内容ならバッチリ!

【2】オチがわかればウケるかも?「ダジャレ」スピーチ

●「乾杯前に『ふたりの未来は満塁ホームラン2回分です! 8点(発展)間違いなし!』とダジャレを交えたあいさつ。ダジャレ自体はウケなかったけど、みんなすごく笑っていた」(なななさん)

編集部eye

ダジャレはそれ自体が受けなくても、「受けなかった」という事実がまた面白かったりしますよね。オチがわかりやすければ、ウケてもウケなくても場が和みそう!

【3】雰囲気によってはあり? 場を和ませる軽めの「脱力」スピーチ

●「堅苦しい主賓あいさつや新郎新婦紹介に静まり返った会場で、私の職場上司であり彼の元職場同期の方が乾杯あいさつ。開口一番、いつものふざけたあだ名で私たちのことを呼び、ゲストも私たちも爆笑。さらに最後の乾杯の音頭では『イタリア式の乾杯でいきます。チン〇ン!』と……。会場全体の緊張した空気が一変、一気に温かくなりました。笑」(T.Mさん)

編集部eye

披露宴の雰囲気やゲストの年齢層などにもよるけど、程度によっては軽めの下ネタもアリかも。絶対ヤダ!という人は、人選に注意が必要。ゲスト側にも、ふだんから「そういうのはちょっと……」と引いちゃう人がいないか、よーく考えてみて。

【番外編】そりゃないぜ!……なハプニング集

●「友人の結婚式。主賓のあいさつ中、新婦が途中からマイクを取り、仕切り始めたのには笑えました」(T.Kさん)
●「花嫁側から乾杯のあいさつの人を選んだのに、まさかの『花嫁の名前を忘れる』というハプニング!」(ありちゃんさん)

編集部eye

孫子の代まで語り継がれそうなハプニング。おめでたい席に免じて許して~!

from編集部『スピーチは人選が命。期待に応えてくれる人を探して』

スピーチは内容を細かくリクエストできないし、事前にチェックさせてもらうのも野暮だから、ある意味『出たとこ勝負』になってしまいがち。だから『誰に頼むか』がとっても大事なんです。お話が上手なことはもちろん、常識やマナーをわきまえているかなども考えて、信頼できる人に頼みたいもの。そして、スピーチ内容まではリクエストできなくても、「こんな雰囲気の披露宴にしたくて○○さんにお願いしたんです」みたいに言えば、期待に応えてくれるかも。しっかりお任せしたら、あとは当日をお楽しみに!

取材・文/前川ミチコ データ出典/2014年8月に行ったゼクシィ花嫁1000人委員会139人のデータ・コメントによるものです

  • ゲストへの依頼
  • 式直前1カ月前
  • 笑いたい
Share on>

pagetop