ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚準備
  4. 結婚準備全般
  5. 結婚する前に見ておきたい映画~気分が上がる編~
演出アイテム等
Share on>

結婚する前に見ておきたい映画~気分が上がる編~

結婚する前に見ておきたい映画~気分が上が

結婚準備中「こんなにやることがいっぱいあったの…」とテンションが下がってしまうことがありますよね。けど、いつもそんな気分でいるのはもったいない!沈んだ気持ちを切り替えられるとっておきの映画を紹介しましょう。選んでくれたのは映画ライターの長谷川町蔵さん。作品は、先日急逝したハリウッド俳優、ロビン・ウィリアムズが熱演するコメディー『バードケージ』です。結婚準備中のブレイクとして、ぜひご覧ください!

『バードケージ』/ストーリー

『バードケージ』/ストーリー

フロリダの夜を彩るゲイのショー・クラブ『バードケージ』。同性愛者であるオーナー兼演出家のアーマンド(ロビン・ウィリアムズ)と、店のトップ・スターのアルバート(ネイサン・レイン)は、仕事上でも私生活でも最高のパートナーとして日常を送っていました。

ふたりの間にはヴァル(ダン・フッターマン)という息子が1人。ヴァルはアーマンドが前妻との間にもうけた子どもで、アーマンドとアルバートが育ててきました。

そんなある日、突然、ヴァルが結婚したいと言い出します。婚約者は超保守派で知られる上院議員キリー(ジーン・ハックマン)の娘。そして、両家の顔合わせが避けられない状況に……。常識も性別も超えた関係を理解してもらえないと考えたアーマンドとアルバートは、自らの立場を隠そうとしますが……。

ネガティブな話題すらユーモアで包み込む主役二人の超絶演技!

ネガティブな話題すらユーモアで包み込む主

先日、急逝したハリウッド俳優、ロビン・ウィリアムズ。彼のコメディアンとしての才能が遺憾なく発揮されているのが、この『バードケージ』です。

本作のキーワードとなるのは「同性愛」。そう、この作品にはメチャクチャたくさんのゲイが登場します! 裸でウロウロしている人物も多く、「鍛えて胸筋が飛び出てるのか、ホルモン注射で胸が膨らんでいるのか、どっち……!?」と好奇心が刺激されることは間違いありません。

さて、現在では社会的な受容が進みつつある同性愛ですが、1996年当時はアメリカでもその存在を公表しづらい状況にありました。主人公アーマンドも、息子が婚約すると聞いて喜び半分、不安が半分……。「自らのセクシャリティーを相手の家族にどう説明するか」という心配事がすぐに脳裏をかすめるのです。

慶事を素直に喜べない彼らには同情を禁じ得ませんが、そんなネガティブな話題を笑いで包み込んでいるのが本作の特徴。映画ライターの長谷川町蔵さんも「ロビン・ウィリアムズとネイサン・レインの夫婦演技は必見です!」と語るように、この二人の演技はとにかくキレまくり! 両家顔合わせに向けて男性らしい振る舞いを特訓するシーンや、顔合わせ本番でうっかりゲイ的なしぐさが出てしまうシーンはユーモアたっぷりに描かれています。

両家の顔合わせの場に、アーマンドの前妻も訪れ、修羅場に・・・

他人の結婚への苦労を知ることで気持ちが楽になる!?

他人の結婚への苦労を知ることで気持ちが楽

物語に引き込まれると、自然と主人公に肩入れしてしまいがちですが、上院議員キリーの立場で考えてみるとどうでしょう。婚約者の親がゲイだったら、普通は焦りますよね。けれども、アーマンドとアルバートのやりとりを見ていると特別な感情が湧いてきます。見た目は普通の家族でなくても、互いに愛し合っているのなら問題ない。そう思えてくるのです。

長谷川町蔵さんも、本作を「気分が上がる編」に選定したポイントについて、次のようにまとめてくれました。

「ふたりの相性はぴったりでも、家族同士は果たして仲良くなれるだろうか? これは結婚に付いて回る悩みですが、フランスの戯曲を原作にした本作を見たら、そんな悩みも間違いなく吹き飛ぶことでしょう。何しろこの映画に出てくる婚約者同士の実家は完全に正反対なのですから。大混乱が起きても、ふたりが愛し合っていれば結果オーライ。細かいことは気にならなくなるはずです」

息子の結婚式を見守るアーマンドとアルバート

from編集部『他人の苦労を知れば、少しは気が楽になるはず!』

結婚準備中は周りが見えなくなり、自分たちだけが苦労しているように感じがち。けれども、本作を通じて他人の「ヘビー級」の苦労を知ることで、少しは気が楽になるかもしれません。そして、本作で描かれている「親たちの苦労」にも要注目。今まで感じることのなかった親への感謝の気持ちが芽生えてくることでしょう。

紹介してくれたのは・・・

長谷川町蔵(はせがわ・まちぞう)
ライター&コラムニスト。米国のコメディー映画の現在を語った新刊『21世紀アメリカの喜劇人』がスペースシャワーブックスより発売中。他の著書に『聴くシネマ×観るロック』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、『文化系のためのヒップホップ入門』(大和田俊之との共著、アルテス・パブリッシング)。『ハイスクールU.S.A.』(山崎まどかとの共著、国書刊行会)。

『バードケージ』
ブルーレイ発売中
5076円(税込)
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
(C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

取材・文/下元 陽(BLOCKBSUETR)
※掲載の価格は2014年11月時点のものです。

  • 結婚準備全体
  • テンションあげたい
Share on>

pagetop