ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. 保険はどこで検討・加入するのが正解?
お金・常識
Share on>

保険はどこで検討・加入するのが正解?

保険はどこで検討・加入するのが正解?

かつては保険会社の営業職員に勧められて保険に加入する人が大半でした。でも、今は保険会社だけでなく、銀行や郵便局など、いろいろな所で保険に入ることができます。自分はどこで加入するのがいいのかを知るためにも、どんな窓口があって、それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるかをチェックしておきましょう。

保険の販売窓口は大きく分けて4つある

現在、保険の販売窓口は、大きく分けて(1)「保険会社の営業職員」、(2)「金融機関の窓口」、(3)「保険ショップ」、(4)「通販・ネット販売」以上の4つです。大手保険会社に多いのが、営業職員による販売。また、最近では銀行や証券会社の窓口でも保険に加入することができる他、駅中やショッピングセンターの中に店舗を構える保険ショップも増えてきており、より気軽に保険の相談ができるようになってきました。

4つのタイプから、自分に合った販売窓口を見つけよう

4つのタイプの窓口から自分に合ったタイプを探すことが、いい保険に出会うための第一歩といえます。基本的に保険の知識があまりなく、一から相談したいという人なら、実際に会って担当者と話をすることができる(1)「保険会社の営業職員」、(2)「金融機関の窓口」、(3)「保険ショップ」などがオススメ。後は担当者との相性もありますので、複数の窓口に出掛けてみて、自分に合う所を見つけてくださいね。一方である程度自分で勉強をしており、できるだけ保険料を安く上げたいという人なら、(4)「通販・ネット販売」を選ぶのも良いでしょう。

from編集部『困ったら保険のプロの手を借りるのもあり!』

保険は普段接する機会が少ないこともあり、商品の違いや保障の違いなどもなかなか判断できないという人も多いと思います。困ったときは、保険のプロに相談してみるのが早道。営業マインド優先ではなく、夫婦ふたりの立場でアドバイスしてくれる窓口や担当者を探すのが、窓口選びのコツです。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>
※保険や税制、各種制度に関しては将来改正される場合もあります。手続き・届け出の方法も随時変わる可能性や、自治体・契約会社によって異なる場合があります

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • さくさく読む
Share on>

pagetop