ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. 新婚カップルにはどんな保険が必要?
お金・常識
Share on>

新婚カップルにはどんな保険が必要?

新婚カップルにはどんな保険が必要?

婚姻届を提出したら、ふたりは正式な家族。これからは、お互いの生活を守っていくことになります。そのためにも考えておきたいのが、もしものときに備える保険のこと。ここで、新婚夫婦に必要な保険について考えてみましょう。

結婚したらパートナーのための死亡保障を準備しよう

保険を考える上では、もしものときを具体的にイメージしてみることが大切です。もし自分に万が一のことがあったとき、パートナーが生活費などのお金でどれくらい困るかをイメージしてみると、万が一のときの死亡保障がどの程度必要なのかが見えてきます。新婚カップルは、子どもができるまで共働きするケースが多いので、夫婦のどちらかに万が一のことがあっても、大きく生活に困ることはないと思われます。でも、お葬式代やお墓代などのためには、ある程度まとまった金額が必要に。パートナーに迷惑を掛けないためにも、夫婦共に、お葬式代・お墓代程度の死亡保障を準備しておくと安心ですね。また、働いていた妻(夫)が結婚を機に専業主婦(夫)やパート勤務になるケースもあります。妻(夫)の収入が安定するまでの間の生活費分を、夫(妻)のお葬式代・お墓代にプラスして死亡保障を準備しておくのがオススメです。

夫婦共に医療保障は一生必要になる!?

次に考えたいのが、病気やけがに対する備えです。もしも夫婦のどちらかが、病気やけがで入院してしまったら、医療費が家計を圧迫してしまいます。新婚で、まだ貯蓄が十分に貯まっていない状態では、家計が受けるダメージはより深刻でしょう。そんな事態に備えて、夫婦共に医療保障を確保しておきたいもの。医療保障には、保障が一定期間に限られる定期タイプと一生涯続く終身タイプがありますが、医療保障は高齢になるほど必要性が高まるので、終身タイプで一生涯をカバーしておいた方が安心です。結婚したら保険のことを真剣に考えて、まだ加入していない人は必要な保障をきちんとカバーしましょう。

シングル時代に加入した人は保障を見直して

シングルのときに保険に加入した人も多いと思いますが、結婚前後には、本当に必要な保障と保険の内容が合っているかをチェックする必要があります。シングルのときの保険は、あくまで自分のための保険。夫や妻のための保障は考慮されていないのです。もし、保障が多過ぎたら、多い分は無駄な保険料を払っていることになりますし、逆に保障が少な過ぎると、万が一の死亡や突然の入院のときに十分な保障が受けられなくて困ることに。また、死亡保険金の受取人の名義を親のままにしておくと、万が一のとき、パートナーが死亡保険金を受け取れません。まだ、見直していない人は、保険の名義変更を含めて、なるべく早い時期に見直しをしましょう。

from 編集部『新婚カップルは保険料を抑えた保険を選ぼう』

出費がかさむ新生活だけに、毎月の保険料出費は痛手だと思います。でもそんなときこそ、もしものときのための保険が必要なんですよね。あくまで無理なく払える保険料の範囲で必要な保障を確保できるよう、保険料が比較的割安な掛け捨ての保険を利用するなど工夫をして、保険に加入しておくと安心ですよ。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>
※保険や税制、各種制度に関しては将来改正される場合もあります。手続き・届け出の方法も随時変わる可能性や、自治体・契約会社によって異なる場合があります

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • さくさく読む
Share on>

pagetop