ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新居・インテリア
  5. いくらの家が買えるか考えてみよう
演出アイテム等
Share on>

いくらの家が買えるか考えてみよう

いくらの家が買えるか考えてみよう

「いつかは憧れのマイホームを」と考えている人も多いですよね。でもそこで問題になるのが、いくらの家が買えるのかということ。値段が高い物件ほど素敵に見えてしまいがちですが、無理な住宅ローンを組んで、支払えなくなってしまっては困りますよね。今の収入で無理なく買える物件の価格はいくらくらいなのか、その目安を考えていきましょう。

無理のない支払額は年収の20~25%以内が目安に

一般的に、無理のない住宅ローンの返済額は、年収の25%以内といわれます。しかし、この数字をうのみにすると、痛い目に合うことも。この数式に当てはめると年収が300万円の人であれば、年75万円が無理のないローン返済額ということになります。しかし、同じ年収でも手取りは人によって変わるもの。また、月々の支出の内訳や金額も家庭ごとに違いますよね。このため、年75万円のローン返済が適正な人もいれば、多過ぎる人もいるというのが実際のところなのです。家計に余裕がある子どもがいない共働き夫婦であれば良いのですが、どちらかが専業主婦・夫だったり、子どもがいる家庭であれば、20%以内に抑えておいた方が無難といえそうです。

「家賃並みで買える」とい不動産チラシをうのみにしては駄目

最近よくマンションのチラシなどで「家賃並みで買える」という言葉を目にします。でもチラシに掲載されている毎月返済額が今の家賃と同じくらいの金額だからといって、その物件が買えるかどうかは別問題なのです。まずこのようなチラシのローン試算は、変動金利型という金利タイプの住宅ローンを組むことが前提となっています。この変動金利型住宅ローンは金利動向次第で適用金利が変わるタイプのため、市場の金利が上がれば、先々の毎月返済額もアップしてしまうことに。また、マンションを買ったときには、この毎月返済額に加えて管理費や修繕積立費などの維持費が掛かります。毎月返済額が今の家賃と同じだとした場合、明らかに月々の負担が大きくなってしまうのです。

年収の5倍+頭金が無理なく買える物件価格の1つの目安

無理なく買える物件の目安として、年収の5倍+頭金という考え方があります。年収が500万円の人で、頭金を300万円用意できるなら、2800万円が買える物件の目安となります。しかし、これもあくまで目安ということをお忘れなく。前でも触れた通り、住宅に掛けられるお金は家庭によって異なりますので、まずは自分がどの程度家にお金を掛けられるのかをふたりで話し合った上で、冷静に判断してくださいね。

from 編集部『購入した後のライフスタイルも考えよう』

住宅を購入するときは、そのときの働き方や収入で考えてしまいがちです。でも将来は変わるもの。例えば今は共働きでも、子どもが生まれたら妻が仕事を辞めるという可能性もゼロではないですよね。このため、家を買うときにはある程度先のライフプランも見越した上で、買える家の金額を考えておきましょう。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 新居・家具
  • 新婚生活始めたて
  • さくさく読む
Share on>

pagetop