ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 貯まる秘訣は「貯蓄の先取り」にあり!
お金・常識
Share on>

貯まる秘訣は「貯蓄の先取り」にあり!

貯まる秘訣は「貯蓄の先取り」にあり!

いよいよ新生活がスタート。ふたりの未来のためにお金を貯めたいと思うものの、「なかなか貯められない」と悩んでいるあなた。もしかしたら、月々余ったお金を貯蓄しようとしていませんか? 日々出費が重なる中、お金が残るのを待っていては、いつまでたっても貯蓄は増えません。ここでは貯蓄分を先取りして、しっかり貯めるテクを学びましょう。

「余ったお金貯蓄」が駄目な理由とは?

とかく物入りな新生活の準備。日々の出費だけで収入が飛んでしまうという人も多いと思います。結婚後しばらくは家計も楽ではないため、余ったお金で貯蓄をしようと思っていると、いつまでたってもお金は余らず、なかなか貯蓄も増えません。収入が増えたらお金が余るかというと、実はそうでもないのが現実。結局は支出が増えてしまい、いつまでたってもお金はなかなか余らないのです。

頑張って手取り収入の10~20%を目標に先取りを

確実にお金を貯めるための最良の方法は、収入から貯蓄分を先取りしてしまうことです。どちらかが専業主婦(夫)の家庭で手取り収入の10%、共働きの家庭で20%程度を目標にし、収入から先に引いてしまいます。しかし、自分で先取りしようとしても、なかなかできないもの。そんなときは、次に紹介する方法で、自動的に貯蓄が先取りされる仕組みを作ってしまいましょう。
1.メインバンクの自動振替サービスを利用する
大手都市銀行には、指定日に指定額を自動的に普通口座から貯蓄口座に振り替えてくれる自動振替サービスがあります。これを利用すれば、毎月一定額が自動的に貯まっていくので便利です。
2.勤め先の社内預金や財形貯蓄を利用する
勤め先で社内預金や財形貯蓄などを利用できるなら、これを活用するのも手。毎月一定額が給与から自動引き落としされるので、確実に貯まります。
3.給与振込先をメイン口座と貯蓄口座の2つに分ける
勤め先の給与振込口座を2つに分けられるなら、一定額を貯蓄口座に、残りをメイン口座に振り分けるようにすることもできます。

from 編集部『収入-貯蓄=生活費を心がけて』

先取り貯蓄は「あればあるだけ使ってしまう」という人には特にオススメ。収入-貯蓄=生活費という先取り貯蓄に切り替えたことで、「残ったお金で何とか生活しよう」という意識が働き、毎月コンスタントにお金を貯めることができます。この方法のおかげで憧れのマイホーム資金が計画より早く貯められた、という先輩カップルもいますよ。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 結婚準備全体
  • 節約・貯蓄
  • 頑張りたい
Share on>

pagetop