ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. そこが知りたい! 新婚カップルの貯蓄事情
お金・常識
Share on>

そこが知りたい! 新婚カップルの貯蓄事情

そこが知りたい! 新婚カップルの貯蓄事情

ふたりの新生活がスタートしたら、ぜひふたりの夢を叶えるための貯蓄も始めたいもの。そこで気になるのが、他の新婚さんの貯蓄ですよね。「月々どのくらい貯蓄してるの?」「どんな目的で貯めてるの?」など、気になる貯蓄事情をチェックしてみましょう。

結婚を機に貯蓄を始める人が約6割!

結婚した、もしくはこれからするカップルへの調査(※1)によると、「結婚を機に貯蓄を始めた」と答えた人は55%。約6割の人が、しっかり貯蓄をスタートしていることがわかります。ついで最も多いのが「挙式の1カ月後」で全体の28%。次に多いのが、「挙式の7カ月以上前」で21%となっています。多くの人が、挙式前後に貯蓄を始めているんですね。やはり挙式がらみの出費に備えて貯蓄を始めるという人も多いようです。

貯蓄を始めた目的は将来の備えが約8割

それでは次に、貯蓄を始めた目的について見ていきましょう。中でも最も多かったのが「将来の備えとして」で77%、次に「出産・育児への備えとして」が42%と続く結果に。やはり将来に子どもを持つためにも、しっかりお金を貯めておこうという人が多いようですね。目先のことよりも、ふたりの将来に向けてしっかりお金のことを考えている、堅実なカップルが多いですね。

毎月の貯蓄額は2万~4万円が約2割でトップに

毎月の貯蓄額を見ると、最も多かったのが2万~4万円未満で19%。また10万~12万円未満とかなり頑張っている人も18%いることがわかりました。新生活に向けて、しっかり貯蓄をしていることがうかがえます。このように、新生活を迎えるカップルは堅実派ぞろい。将来のライフプランを考えるきっかけにもなるので、皆さんも少しずつ貯蓄を始めてみてくださいね。

from 編集部『夫婦共働きの時期はお金の貯め時!』

新生活が始まったら、今後はマイホーム購入や子どもの教育費などでまとまったお金が必要になってきますよね。一般的には収入の10~20%を貯蓄に回すことができればベスト。また、今後のふたりのライフスタイルによっても必要なお金が変わってくるので、まずはふたりでしっかりと将来について話し合うことが大切です。特にふたりで働いている時期は貯め時。できるだけ片方の収入でやりくりできるようにしておくと尚良いでしょう。

取材・文/安田一美 データ出典/※1「ゼクシィ新生活準備調査2016年」 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 結婚準備全体
  • 節約・貯蓄
  • さくさく読む
Share on>

pagetop