ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 夫婦のお小遣い、いくらが適正?
お金・常識
Share on>

夫婦のお小遣い、いくらが適正?

夫婦のお小遣い、いくらが適正?

夫婦といえども個々の人間、自由に使えるお小遣いをある程度持っておくことは必要です。金額はあらかじめ決めておき、お互い使い道は深く詮索しないのが正解。ではそのお小遣いの金額、どのように決めれば良いのか、チェックしてみましょう。

ふたりのお小遣いは、収入の10%以内に抑えよう

新婚カップルの平均貯蓄額は、月9万円(※1)。みんな結構頑張って貯めていますね。お小遣いは少なめにして、ふたりの夢のための資金づくりをスタートするのが最近のカップルの傾向のようです。ちなみに結婚後のお小遣いは、収入の10%以内が大まかな目安。夫婦合わせて手取りが30万円の場合は、3万円が夫婦のお小遣いになります。また、妻(夫)が専業主婦(夫)の場合、双方のお小遣いをきちんと決めないと、トラブルのもと。生活費と妻(夫)が個人的に使うお金が一緒にならないようにしておきたいですね。

これはお小遣い? 生活費? お小遣いの範囲を明確に

ひと言にお小遣いといっても、外食代、趣味に掛かるお金、嗜好(しこう)品、雑誌・書籍費、美容に掛かるお金など、使い道はさまざまです。ここで大切なのが、お小遣いに含まれる範囲を決めておくこと。例えばランチ代はお小遣いに含めるのか、1食当たりの金額を決めて生活費から別に出すのか。細かいところがあいまいだと「そこはお小遣いから出してもらうはずだったのに!」など、けんかになってしまうことも。初めにどこまでがお小遣いの範囲か」を話し合った上で、どちらか迷ったときは、その都度ふたりで相談するようにしましょう。

お小遣いは、定期的に見直そう

家計の収入・支出状況は、ずっと一定ではありません。また、お小遣いとして必要な金額も、趣味の変化や仕事上の立場などによっても変わりますよね。一度決めたお小遣いをそのまま維持するのではなく、減らしたり、増やしたりしながら調整していくことも大切です。もし家計に余裕があれば、ふたり共通のお小遣いを持つこともオススメです。共通の趣味や、外食や旅行に行く場合の費用を賄う共通のお小遣いをつくっておくと、お金のことで気まずくなることも少なくなりますよ。

from 編集部『まずはお小遣いの現状を把握してみて』

お小遣いの額を決める前に、まずは現在どのくらいのお小遣いを出費しているのかを把握しましょう。あらためて見てみると、思っているよりも金額が大きくてびっくりするかも! 今のお小遣いが多過ぎるときは、どの部分が削れるのかをチェック。その上で「月3万円で一度頑張ってみよう!」など、適正な金額にチャレンジしながら調整してみてください。

取材・文/安田一美 データ出典/※1「ゼクシィ新生活準備調査2016年」 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 新婚生活始めたて
  • さくさく読む
Share on>

pagetop