ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 家計
  5. 新婚の家計簿 ふたりのお金にルールを作ろう
お金・常識
Share on>

新婚の家計簿 ふたりのお金にルールを作ろう

新婚の家計簿 ふたりのお金にルールを作ろ

これまで別々だったふたりのお財布を一緒にするには、ある程度ルールが必要です。昔は妻が財布を握り、夫にお小遣いを渡すパターンが一般的だったものの、働き方のバリエーションが増えた今は、夫婦によって家計管理の方法はいろいろ。代表的なパターンを見ながら、ふたりに合うものを見つけましょう。

収入のメインが夫(妻)というカップルなら、小遣い制が多数

収入のメインが夫婦どちらかの場合には、もう一方が家計を管理するパターンが多いようです。この場合、どちらかが一括で家計を管理できるため、収支を把握しやすいのがメリットですが、最近は現金でお小遣いを手渡していても、クレジットカードでそれ以上の額を使ってしまうというケースも。カードで支払った分は小遣いから戻すなど、事前に夫婦で話し合っておくといいですよ。

共働き夫婦なら、共通口座で生活費を管理しよう

共働きの場合、生活費の分担の仕方は人それぞれです。収入が同じくらいなら、夫婦共通の「家計用の銀行口座やお財布」を用意して、そこに月々10万円など、お互いがお金を入れてやりくりする方法がオススメ。この口座のお金で、家賃や駐車場代、公共料金などの固定費と、食費やふたりで外出した際の支払いなどを賄います。夫婦に収入差がある場合は、夫が10万円&妻が6万円など、収入額に応じた割合設定をしても良いでしょう。手元に残ったお金は、夫婦それぞれのお小遣いとなります。注意したいのは、この「家計用の共同財布」の管理をどちらがするかという点。事前に「家計用の共同財布」で賄う範囲を決めておき、ある程度はどちらかが主導権を握ると良いでしょう。

from 編集部『どんなルールも形骸化しないことが大切』

夫婦どちらかの収入で生活するカップルの場合、どちらがお金を管理するかが重要に。ここがあいまいだと、家計管理もあいまいになってきてしまうので気を付けたいですね。どんなルールでも、一度決めたら形骸化させないことが大切。ルールがしっかり守られているか、時々ふたりで確認するといいですよ。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 新婚生活始めたて
  • さくさく読む
Share on>

pagetop