ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 保険
  5. 妊娠したら保険に入りにくくなるってホント?
お金・常識
Share on>

妊娠したら保険に入りにくくなるってホント?

妊娠したら保険に入りにくくなるってホント

妊娠は幸せなライフイベントの1つです。ただし、妊娠・出産には体調不良や思いがけない入院などのリスクもゼロではありません。また、妊娠がわかったら、保険に加入できるタイミングが限られてきてしまうことを知っていますか? いざというときに困らないよう、今からできる保険選びについてチェックしておきましょう。

妊娠がわかった女性の保険加入には条件が付くことも

新生活をスタートするふたりにとって、新しい命を授かることは、とてもハッピーなことですよね。でも妊娠中の女性の体は非常にデリケート。重度のつわりや切迫流産、切迫早産といったリスクもゼロではありません。そんなとき医療保険に入っていれば、費用面を心配することなく、出産に臨むことができますよね。新生活を始めたとき時点ですでに医療保険に加入済みの人は良いのですが、妊娠がわかってから保険に入ろうとすると、事態はやや複雑。保険には、各保険会社が定めた引受基準(加入申し込みを受けるかどうかのルール)があり、妊娠中の人は一般の保険への加入を断られてしまうケースが少なくないのです。

医療保険は妊娠がわかる前に入っておこう

このように、妊娠がわかると妊娠前に比べて保険加入は難しくなりますし、加入できたとしても、加入者にとって不利な条件になってしまうこともあります。このため、結婚が決まったら、できるだけ早めに医療保険に加入しておくのがオススメです。「おめでた婚」でまだ医療保険に入っていないという人は、今後の保険プランについて早めに検討する必要があります。なぜなら、妊娠中や出産ときに不測の入院や手術が発生したりすると、その後、たとえ出産後であっても医療保険に入りにくくなることがあるからです。ほとんどの場合は、妊娠中の加入は一定期間は妊娠・出産を保障しないという条件つきの加入になりますが、早めに準備しておくことにこしたことはありません。保険を相談できる窓口などを活用し、メリット・デメリットを比較した上で対策を考えましょう。

from 編集部『出産後の保険加入はこんなところに注意して』

第一子の妊娠・出産ときに、もし重度のつわりや切迫流産などで入院してしまうと、出産後に加入できる保険がより少なくなってしまう可能性が出てきます。また、加入できても、妊娠・出産がらみの保障が付かないという条件が付くのが一般的。そうなってから慌てないためにも、新婚生活をスタートしたら早めに保険への加入を検討してくださいね。

取材・文/安田一美 取材協力/ゼクシィ保険ショップ<募集代理店/(株)リクルートゼクシィなび( LN-RT-12961-9150)>

  • 保険・家計
  • 結婚準備全体
  • さくさく読む
Share on>

pagetop